2014年2月_山行の感想

―――感想文―――

大倉尾根(雪道歩き) 

[期日] 2014年2月9日(日)  晴れ ☀

[参加者] 7名

[コースタイム] 大倉9:30→丹沢ベース9:55(アイゼン装着)一本松11:00→大倉→天神尾根分岐12:30(昼食休憩)13:00→見晴茶屋14:00→丹沢ベース(アイゼン外し)→大倉15:00

D:\E-DRV\画像\20140209誠二丹沢大倉尾根\DSC_0051.JPG 前日の土曜日は神奈川県地方も南岸低気圧の通過にともない大雪になり、私の住む横浜市栄区も実感として20cm以上の積雪でした。あくる日曜日は晴れで一面の雪景色でめったに見られない光景が広がっています。今日行く丹沢はさぞ深い雪にうもれているのだろうと思って、大倉バス停に降り立ちました。事前の計画では西山林道を歩いて鍋割山・鍋割山稜・金冷シから大倉尾根を下る予定でしたが、雪で全てのルートを辿ることができないと予想されること、最初の西山林道は眺望が得られないなどの理由からCL、SL相談の結果、まだ眺望の良い大倉尾根をできたら花立山荘を目指すことに急遽変更をしました。参加者のみなさん異存なし。雪で交通機関が乱れてたこともあって大倉出発は9時30分とやや遅れ気味。

D:\E-DRV\画像\20140209誠二丹沢大倉尾根\DSC_0053.JPG 気温も高くなって雪はザラメ状です。ですが、思いのほか雪は少ない感じです。特に見晴小屋を通過した中腹付近は完全に土が出ていて雪道で無い登山道が続く個所がありました。それでも、堀山を過ぎた標高1000m付近では雪が付いて、雪の感触を楽しみながら歩くことができました。前日の雪にもめげずに沢山の登山者です、中にはスキー・スノーシューを持っての人たちも見かけます。天神尾根分岐(1128m)地点で昼食となり記念撮影も。花立山荘まではあと僅かですが、帰りの雪道もありきょうはここまで、来た道を引き返します。

D:\E-DRV\画像\20140209誠二丹沢大倉尾根\DSC_0062.JPG 帰りは雪道の下りと言うこともあって全員アイゼンを装着、軽快に下り登山道を下りきった丹沢ベースでアイゼン外し、15時には大倉バス停に到着し登山終了。前日の大雪でどうなるかとも思っていましたが、雪道の感触を確かめることができる登山となりました。

 

ハートのお尻を持った鹿の親子

越後湯沢・岩原スキー場 

日程:2014年2月6日(木)~8日(土) 晴れ  

[参加者] 7名

昨年に続き2回目の参加でした。

いつもながらの宿(アルファースター)の食事は特に美味しく、格安な料金なのには、ありがたいやら、うれしいやらで感心する。

上越の雪はベタ雪で重いイメージがあるが、コンディションも大雪が降った直後で新雪フワッと軽く思い切りいけ、とても爽快である。2日目は晴れ間ものぞき、リフトの頂上からはまわりの山々がくっきり見渡せ、眺望も十分に楽しめた。飯士山がせまり、雪が消えたらぜひ登ってみたい気持ちになった。

最終日は関東地方も大雪とのことで、午前中に宿を撤収し、新幹線にて足早に帰路に着いたおかげで、電車が止まる前に自宅に到着。滑って、飲んで、温泉につかってと三拍子そろった充実した3日間でした。リーダの木村さん色々と手配ありがとうございました。

小田原観梅ハイキング 

日程:2014年2月16日(日) 晴れ  

[参加者]10名

[コースタイム]小田原駅集合9:30=箱根登山鉄道・風祭駅10:15~辻村植物園梅園(東屋)11:13/11:25~いこいの森~太陽の丘~わんぱくらんどエントランス広場12:10/13:00~風祭駅14:10/14:50~小田原駅15:50            歩程時間 約4時間

D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2013\2014年04月号\いこいの森より.JPG D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2013\2014年04月号\いこいの森.JPG 雲ひとつない青空のもと、昨日までに降り積もった10センチほどの新雪をふみしめながら観梅に行ってきました。辻村植物公園は明治40年代に地元の素封家辻村家によって創立された辻村農園の梅園が前身とのことです。約4.7haの大半は約560本の梅園で事前の情報では梅は4分咲きとのことでしたが、私たちを迎えてくれたのは白い花がこぼれんばかりに咲き誇っていてまるで満開のように見える梅の古木たちでした。高台からは相模湾がキラキラ輝いて見え、三浦半島が左手から青く長くのび、右手の沖合には山頂に雪をかぶった大島が姿をあらわしていました。私たちは梅の香りを楽しみながらこどもたちの遊び場わんぱくらんどへ足を伸ばしました。積雪のためこども列車やポニー乗馬場などはお休みでこどもの姿は皆無でしたが、私たち昔のこどもたちはひなたぼっこをしながらお弁当を食べすっかり癒されて帰途につきました。ところが風祭駅に来てみると午前中は湯本まで開通していた登山鉄道が帰りには倒木のため不通となっており、途中買ったおみやげのみかん、レモン、キウィなどをザックにつめかえ、小田原駅まで歩いて帰りました。

D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2013\2014年04月号\太陽の丘.JPG

太陽の丘

コメントを残す