2014年11月_山行の感想

三国山  11月3日(月・祝)

感想文

[参加者] 6名

[タイム] 小田原駅8:05→箱根町バス停9:10→石畳口9:35(準備運動)→道の駅箱根峠9:55→

外輪山尾根・海の平10:50→レストハウス山伏茶屋11:45(昼食)→山伏峠12:25→

三国山13:40→湖尻峠14:50→深良水門15:10→湖尻水門15:30→桃源台バス停15:50/15:55~(渋滞)~小田原駅17:45(解散)

箱根町から登山道に入るがいきなり滑りやすい旧街道の石畳の道を歩いて箱根峠の道の駅へ。ここからは階段のアップダウンの連続。外輪山の尾根に出ると展望と日当たりに恵まれた尾根歩きになる。芦ノ湖スカイライン沿いに富士山を眺めながら進むはずが朝のうち見えていたのに見えない。その後、ヒノキ林を抜けると再び尾根に出た。そこは山伏茶屋がある場所で芦ノ湖、駒ケ岳、神山が見える絶景ポイント。ここで昼食。ここからはしばらく樹林帯を行くと三国山の頂上に着いた。

休日というのに単独行の数人に会ったきりだった。頂上では後から来たご夫婦にシャッターを押してもらった。その後会った二人連れは湯本から入って明星、明神、金時と箱根連山を縦走してきて箱根町に下るという超人にびっくり。富士山は見えないということで展望公園はパスして湖尻峠へ下った。桃源台発15:55のバスだったが、渋滞にはまり運転手さんは大平台か湯本で乗り換えるよう勧めてくれたが、結局全員が小田原まで乗り続け約2時間かかった。しかし好天に恵まれ楽しい山行だった。

石畳         海の平       駒ヶ岳をバックに      三国山

タイ・チェンダオ山  11月14日(金)~20日(木)

[参加者] 15名

[行 程]

14日[出発日] 成田空港→TG641→バンコク→TG116→チェンマイ

15日[チェンマイ市内観光]

ランの植物園→メーサエレファントキャンプ→ワット・プラタート・ドイ・ステープ寺院→

ナイトバザール見学

16日[チェンダオ山登山]

起床5:00朝食6:30→森林事務所8:25/9:00→4WDの荷台に悪路を登る→登山口(標高1450m)11:00昼食12:00⇒分岐点13:50⇒アーンサルーンBC(標高2050m)15:50

お茶を飲んで休憩17:00⇒チェンダオ山山頂(標高2225m)17:30サンセットはガスで見えず、眺望は比較的良好18:00⇒18:30BC着 夕食19:00 フルーツサラダ/ソーセージ/

タイカレー/スープ 就寝

17日[チェンダオ山からの下山]

起床4:00お茶5:00⇒ドロ道:途中で雨⇒ギウロム山山頂(標高2150m)6:00サンライズ6:30⇒ドロ道:雨は途中で止む⇒BC7:50朝食パン/スープ/サラダ/たまご/ソーセージ9:00⇒分岐点11:00⇒登山口12:30昼食13:50→4WD悪路→森林事務所15:40/16:10→ホテル18:10/19:00→イタリアンレストラン19:20/21:00→ホテル21:20

18日[ドイインタノン国立公園]

国王と王妃の記念仏塔→インタノン山頂(標高2565m)→ミニトレッキング→山岳部族の村→メーヤ滝→ワットトンクェン寺院

19日[市内買い物]

ワットチェディルアン寺院→ワーロット市場→タイシルク工場・販売店→銀の加工所・販売店→皮の加工所・販売店→スーパーマーケット

20日[帰国日] ワットプラッシン寺院→チェンマイ空港→TG107→バンコク→TG660→羽田

チェンダオ山(1日目:16日) ☀のち☁一時☂

H:\●写真\写真⑮(2014 チェンダオ山)\141114-20 チェンダオ山 ミニアルバム(山①)\DSC_3473.JPG H:\●写真\写真⑮(2014 チェンダオ山)\141114-20 チェンダオ山 ミニアルバム(山①)\DSC_3355.JPG

早朝6:30に乗合タクシ-二台に、熊みたいな山岳ガイドのブンさんを含め分乗しホテルを出発しました。途中の市場で買い出しとトイレ、檻のようなゲ-トをそれぞれ工夫しながら突破? 無事、森林事務所に到着しました。でもここからが本番でした。4駆の荷台に茣蓙を敷き荷物と一緒に登山口まで悪路を1時間半。トラックは、荷台の荷物がヒエ-とギャッとか雄叫び上げながら未舗装の林道を駆け上がってゆきます。森林は木々も大きく緑が深い景色です。当たり前ですが、日本とはかなり違う風景でした。登山口までひたすら我慢、もう笑うしかありませんでした。やっと登山口に着き昼食です。でも、まさかこんなところで、卵焼き、梅干しのおにぎり、唐揚げが食べられるとは思いませんでした。(おいしかったです!!)

H:\●写真\写真⑮(2014 チェンダオ山)\141114-20 チェンダオ山 ミニアルバム(山①)\DSC_3630.JPG

さあ、アタック開始です。緩やかな登山道の景色と花々を楽しみながら登ってゆきます。あちらこちらの木々には落雷の跡が沢山あり、自生の蘭、フラワ-トンネル、バナナ林など日本で見ることのできない道を登ってゆきます。粘土質のトラバ-スが多い為、スリップに十分注意しながら分岐点を過ぎ少し傾斜がきつくなる場所で休憩です。みなさん本当にお元気です!!

ここから約一時間半、草原地帯を登りBCへ到着、先行してくれたポ-タ―達が整えてくれたテントに荷物を入れ一休み、これからチェンダオ山頂へ夕日を見にゆきます。残念ながら天候は今一つですが、景色はよさそうなので楽しみです。

やはりタイであっても標高2,000mでは肌寒くなってきました。約30分で山頂に到着、夕日は少し無理ですが、360度に広がる景色を眺めていると、ここはタイだよね? 何となく物思いにふけってしまいました。

天候も下り坂のため早々に下山となりました。テントに戻り明日の準備と寝袋の用意、飯島さんお願いだから静にしてねとお互いに呟きつつ、さあお楽しみの夕食、ビ-ル、焼酎、メコンウイスキ-でカンパイ。メニュ-はポ-タ-が用意をしてくれたフル-ツサラダ、ス-プ、タイカレ-と盛りだくさん。雨もちらほらする中、テントで車座になり皆さん大いに食べ大いに飲んで楽しい夕食を頂くことができました。それからテントに戻り、軽い二次会。チェンダオ山の夜が更けてゆきます。

チェンダオ山(2日目:17日)

H:\●写真\写真⑮(2014 チェンダオ山)\141114-20 チェンダオ山 ミニアルバム(山①)\DSC_3729.JPG

4時頃に目が覚めると、他のテントでも話し声。早寝と興奮で目が覚めたようです。ヘッドライトを点灯してテントを出ると外はまだ真っ暗です。コーヒーを飲んで5時半頃ギウロム山へ出発 。前夜の雨の為足元が滑る。なだらかな草原を過ぎると緩い登りと下りを繰り返してやがて急登へ。濡れた土と尖った岩の繰り返しで足元の不安定な登りが続く。

H:\●写真\写真⑮(2014 チェンダオ山)\141114-20 チェンダオ山 ミニアルバム(山①)\DSC_3760.JPG

やっと尾根に出ると霧雨が雨に変わる。雨具を着て出発。日の出前にギューロム山頂に着き、雨も止んだが厚い雲に覆われて日の出は見られず、周囲の山の景色を見てガスの中の記念撮影。下りは濡れた土で更に滑り易く、ヒヤヒヤの下山でした。テント場に戻ってポーターの作ってくれた朝食。パンケーキ、スープ、サラダ、ソーセージ、目玉焼き、紅茶を食べて朝から満腹。

食事の後は荷物の整理をして9時頃出発。緩い下り道ではあるが、雨で濡れた泥道と草が滑って歩きにくい。野生のバナナ林と草原を抜けて登山口到着。ポーターの作ってくれた紅茶、スープ、竹筒入りおこわで昼食。おこわの美味しい事!!

D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2014\2015年01月号\写真\20141117_チェンダオ山下山時.JPG 昼食の後はトラックで悪路を走り、ホテルのあるチェンマイへ—-。ホテルでシャワーを浴びた後は、イタリアンレストランでの夕食です。無事に登山を終えた乾杯をしました。

初めてのタイ旅行で、変化に満ちた素晴らしい登山を体験しました。

<参加者のタイ山行旅行の印象記>

●私は今回初めてのタイ旅行です。バンコクの巨大な空港での国内線乗り換え、登山口までの、四輪駆動トラックの荷台に座る悪路走行、初めての海外登山と久しぶりのテント泊、ナイトバザールでの不安な買い物、等々 ワクワクとドキドキの連続でした。こんな楽しさを体験できて幸せです。何度か迷子になりましたが、探して頂き、リーダーとメンバーに感謝します。有り難うございました。

●初めてのタイでしたが街並み、トイレなど比較的良好な印象を受けました。ナイトバザールやマッサージ屋さんにも行きました。みなさん良心的で治安も良好な感じです。一人でも十分に旅ができそうです。機会があれば再訪してみたく思いました。

D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2014\2015年01月号\写真\20141117_タイ式トイレ.JPG

●タイ山行は15名の参加者で旅行社のツアーのようでしたが、気心の知れた仲間との登山や観光は気楽でとても楽しい旅でした。日本では経験出来ない沢山の事を経験しました。そのひとつがタイ式トイレです。トイレに入った時は戸惑いました。和式トイレのような形で日本のよりも高さがあります。使用後に桶で水を汲んで便器に2~3回流します。手動の水洗トイレですね。もちろんホテルや空港は普通の洋式トイレでした。海外のトイレ事情…面白いです。

D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2014\2015年01月号\写真\20141115_タイのお寺1.JPG D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2014\2015年01月号\写真\20141118_タイのお寺2.JPG ●YHCに入会して5年、まさか自分が海外の山に行くとは全く思っておらず現地に詳しい会員のおかげで楽しい山行と旅行が出来ました。チェンダオ山はホテルから乗合タクシーと4WD(荷台)に乗継ぎ登山口まで約4時間、切り立った山を見ながらバナナが茂った山道はやはりタイだと感じた。頂上は少しガスった為夕陽は見えなかったが眺望は良く遠方の山々まで見ることが出来た。チェンマイには700の寺院があるようで坊さんの姿も多々見る、煌びやかな寺、遺跡となっている寺、清楚な寺と色々見学したがやはり清楚で素朴な寺の方が落ち着く。皆、信心深いせいかゆったり生活しているようで子供の頃の田舎に戻ったような気がする。犬も沢山いるがのうのうと生きている。チェンダオ山の登山口までは車で4時間(尻と脚の筋肉が痛かったが)、荷物は8名のポーターが運搬とテント設営、食事の支度までしてくれ旅行会社のまねのできないらくちんの山行で、観光は寺院、市場での買い物を楽しみ何と言っても食事、タイ、中華、イタリアンどこも美味しく一週間があっという間に過ぎました。美味しく楽しい大名登山旅行でした。

D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2014\2015年01月号\写真\20141115_タイ料理.JPG

●和食の美味しさを再認識 タイ料理といえば辛さが浮かびます。初タイの今回、本場の辛さはいか程かと期待と不安が入り混じった状態で色々な食べ物に挑戦しましたが、思った以上に口に合いました。案外現地で暮らせるかもと自信を付けて帰国し、自宅の普段の食事を食べた途端、あまりの美味しさに日本人に産まれてよかったと実感しました。

●仏教の国、タイ。数多くの寺院があるチェンマイで、趣の異なる4つの寺院を見学することができました。すべて素晴らしい寺院でしたが、二番目に訪れたワットトンクェン寺院は、民衆が建てたお寺ということで、質素ながらも地元の人々により大切に維持されてきた歴史を感じました。左側の回廊にあった仏像の柔らかな表情が心に残りました。

●まずもって今回、タイへの登山旅行に加えて頂き、この旅行の企画・立案・手続き・実行その全てを岡坂さんにお世話になり、大変感謝し、お礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。そこで、タイでの印象として、主目的の登山の話を外れ、感じたところを書きたいと思います。元々、私はどうも「ノゾキ趣味」がありまして、その国の人々の日常生活がどの様なものであるかに大変興味を覚えています。そこで、今回の旅行でもたまたまホテルの近くにあったマーケットを朝早く(まだ夜明け前)に2度ほど訪れてみました。最後の日、他の方々は4番目のお寺訪問に行かれましたが。私は再度、そのマーケットを訪れました。日も昇り、車やオートバイが頻雑に行き交うようになると、すべての店が開き、一店一店その商品を見て回りました。その中で、八百屋の前でバナナが一房単位で売られており、値段は20~30BHT(80~120円)でした。ホテルでのバナナの味を覚えていた私は、日本でのバナナと違い、多少見てくれは劣るものの、その酸味があっておいしいバナナを買い、同行の人に食べてもらおうと思い買うことに決めました。しかし、一房単位の為、量も本数も多すぎるので、半分買えないかと思いその旨を、おばさんに身振り手振りで伝え、代金は一房分を払うつもりがなかなか理解されず、一旦はあきらめ他の店をノゾイて一回りして来ました。改めて、その店の前を通ると、さっきのおばさんが笑顔で迎えてくれたので再度半分売って欲しいことを伝えました。すると、房を半分にカットし、売ってくれました。さて、支払いの際100BHT(400円位)を払い、黙ってお釣りをいくらもらえるか見ていました。すると、正直に半房分のお金を取り、お釣りを返してくれました。そこで、最初に一房分の値段で買うと伝えていたので、半房分の15BHTをおばさんに再度渡しました。そこで、おばさんはやっと気が付いたらしく、笑顔で手を合わせ、「コックンカーン」(ありがとう)と言ってくれました。当たり前と言えば当たり前なのでしょうが、私としては、自分の思いが伝わったことと、タイの国の人の正直さ、そして、街中の他の国に見られる様な喧噪感の無い、おおらかさを見た思いがしました。どなたかが言っていたように、真面目にタイへの移住を真剣に(?)考えるようになりました。

D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2014\2015年01月号\写真\20141115_タイ_ナイトバザール.JPG

●タイ・チェンマイの市場の印象 チェンマイ市内にある市場ナイトバザールとワーロット市場に案内された。ナイトバザールは夕方6:00から開かれるそうだ。手工芸品、雑貨、ジューススタンド、ドライフルーツが路地にびっしり並ぶ。外人が多い。ワーロット市場はメーピン川沿いにあり乾物、魚、肉、野菜、果物、たくさんの店が入っていて外にも数多く露天が並び実に種類が多く値段が安い。地元の人が多い。果物は特に目を引き日本に持ち帰りたい衝動に駆られた。タイの北部の料理は美味しく毎日どんなものが出るか楽しみだった。チェンダオ山、タイの文化、食生活に触れることが出来て大満足でした。

丹沢・畦ヶ丸  11月22日(土)

[参加者] 4名

[タイム] 新松田駅7:20-バス-西丹沢自然教室8:30/8:50→善六ノタワ10:40→

畦ヶ丸山頂11:40/昼食→畦ヶ丸避難小屋12:20→大滝峠上13:00→一軒家避難小屋13:55→大滝橋バス停15:05→解散15:10

D:\D-DRV\横浜ハイキングクラブ\機関誌部マスタデータ\「四季原稿」\2014\2015年01月号\写真\20141123_畦ヶ丸山.JPG 久しぶりにお天気の心配をせず山行が出来ました。紅葉の季節なので混雑を心配していましたが、バスが増発され、全員座る事が出来ました。西丹沢自然教室まで約一時間バスに揺られる。富士山が大きくハッキリ見えます。不思議と富士山は何度見ても飽きる事がありません。畦ヶ丸山のコースは沢沿いなので、沢を渡る丸太橋がとても多くかけられています。「橋を渡る時は1人ずつ」と指導されながら慎重に渡った。川の水の透明度が素晴らしい! 登山道に入ると広い川原となる。落ち葉でコースが分かりにくいが、SL石塚さんの上手なコース案内について行く。紅葉が終わっ ているようで、木々の葉が既に落ちていた。その為、強い日射しを直接受けとても暑い。見晴らしが悪いコースと聞いていたが、葉が落ちているお陰で遠くの山々、澄み切った青空が楽しめた。道標に従いクサリ場や急な角度のハシゴを昇り降りし、善六のタワに着いた。11:40山頂にて昼食、記念撮影。大滝峠上から一軒家避難小屋へ。行き交う登山者は少ない。落ち葉をサクサク踏みながらの下山は心地良いものでした。15:05大滝橋バス停へ。ここで解散。バスを40分待っている間に、日が落ち始め体が冷えてきた。臨時便バスに乗り新松田へ。バスから丹沢湖辺りの奇麗な紅葉を楽しみながら帰途へ着きました。 楽しい一日となりました。

鋸山  11月24日(月・祝)☁時々

[参加者] 6名

[タイム] 久里浜港9:30―フェリー―金谷港10:15→鋸山登山口10:45→休憩11:12→

地獄のぞき11:40→日本寺12:08/昼食→百尺観音13:05→石切り場13:19→

鋸山山頂展望台13:45→金谷港15:00解散

久しぶりに久里浜港から金谷間のフェリーに乗った。金谷に着くと都会から離れたという気分を抱かせ、帰りは逆に久里浜に着くと都会に戻ったという何かせわしなさを感じた。金谷港からは内房線を横切り、館山高速道路を近くに見て登山口まで歩いた。登山道は鋸山が石切り場であったこともあり、階段が石で出来ている部分が多かった。1時間強の登りで日本寺に到着し昼食を取り、その後360°見回せる頂上に向かった。曇り空であったが薄日も射す天気で眺望は満足出来るものであった。連休最後の日であり家族連れも多くはしゃいだ声も聞こえる中での楽しい山行であった。