2017年9月_山行の感想

曼荼羅IMG_1600.jpg

巾着田曼珠沙華公園

 

唐松岳~不帰嶮~白馬鑓温泉  9月10日(日)~11日(月)

<参加者> 3名

<コースタイム>

10日 ロープウェイ八方駅12:17-山頂駅12:57-唐松小屋15:15(泊)

11日 出発5:30-唐松岳山頂5:45/6:00-第三峰-不帰キレット8:05-天狗の頭8:55/9:10-天狗山荘-鑓温泉分岐-白馬鑓温泉小屋(11:35/12:00)-猿倉15:05(行動時間1日目2時間18分、2日目9時間35分)

三大キレットのひとつである不帰のキレットに挑戦した。

(ちなみに、三大キレットとは大キレット、八方キレット、不帰のキレットである)

10日早朝横浜を出て白馬へ向かい、ロープウェイに乗り八方尾根を登った。ガスがでていて眺望はあまり良くなかった。日曜の夜だったので小屋は空いていた。やはり山小屋に泊まるなら平日だ。11日早朝唐松岳山頂でハーネスを装着してスタート。不帰嶮二峰~一峰の間が核心部で慎重に足元を確認しながら進む。垂直な崖あり鎖場だらけだったが、我々はCLの指示でセルフビレーをとりながらいったので安心して進めた。スタート前は少々緊張していたがあっという間だった。後は下山するのみだが、ここから先が長かった。7時間余りひたすら歩き、猿倉につくとほっとした。この夏は天候不順で中止になった山行が多かったが、夏の終わりに不帰のキレットに挑戦できて良かった。

 

蝶ヶ岳・常念岳縦走(個人山行)

9月9日(土)~11日(月) 快晴

<参加者> 2名

<コースタイム>

9日(土) 4:30自宅(車)=8:10三股登山口駐車場・8:40出発→8:56ゲート→9:14三股登山口→9:40ゴジラの木→10:41まめうち平→12:12第2ベンチ(2350m)→12:56最終ベンチ→13:15大滝山分岐→13:25蝶ヶ岳ヒュッテ着(泊)→13:35瞑想ノ丘

10日(日) 6:20蝶ヶ岳ヒュッテ→6:30蝶ヶ岳最高地点→7:40蝶槍→8:54・2592mピーク→9:39・2512mピーク→10:17常念岳登り始め→11:16常念岳山頂・昼食 12:11常念岳下山→13:00常念小屋着(泊)

11日(月) 5:40常念小屋→6:40三股分岐→7:16廃道分岐→7:34前常念岳・石室→9:06・2207m→11:00三股登山口→11:20駐車場着→ほりでーゆ(入浴・昼食)→18:00自宅

8月は天候に恵まれず見送った蝶・常念の縦走を三股登山口からのラウンドで決行。駐車場が混んでいるのは想定内だったが、路上の空きスペースに何とか止めることができて一安心。どちら周りにするか迷ったが、常念への登りがきつそうだったので、初日に蝶が岳を目指した。いきなり急登だが、道は整備されていた。階段がやたらと多い。まめうち平の平坦なところはあっという間に過ぎてまた階段と急登。稜線に出ると、蝶ヶ岳ヒュッテが見えてくる。瞑想ノ丘で、槍・奥穂の大展望を楽しんでからヒュッテの受付へ。2段ベッドが3人ずつカーテンで仕切られているが、そこに2人ずつゆっくり泊まることができた。

2日目は朝から快晴。常念までの尾根歩き中、草紅葉の奥にずっと、前穂・奥穂・北穂・涸沢・大キレット・槍が見えていて感激。遠くには焼岳・乗鞍も。岩ゴロゴロの急登を行くと常念岳山頂。昼食を取りながらたっぷり1時間過ごして常念小屋へ。小屋への下りでは、大天井・燕が臨めた。日曜日の宿泊でこちらの小屋も1部屋7名でゆったりだった。3日目は、常念岳を登り返して、前常念岳経由で下山。前常念までの道は岩稜帯で気を付けながら下山した。

コースタイム的には、2日目に下山することも可能だったが、小屋泊りを楽しもうと2泊した。前常念までの下りを考えると、ゆとりをもった日程でよかったと思う。また、上高地を経由しないこのルートは、静かな山歩きが楽しめるのでお勧め。古い地図には、常念小屋から前常念を経由しない道がついているが、今は廃道になっているので使えない。

常念から小屋への下り

 

蝶から常念への稜線を歩く

 

飯盛山            9月20日(水) 薄曇り

<参加者> 5名

<コースタイム>東白楽駅8:00→平沢(駐車場)11:00~11:35(昼食)→飯盛山12:45~13:05→平沢峠(シシ岩)13:55→平沢(駐車場)15:00~15:30→菊名駅19:00    解散

楽しみにしていた飯盛山の山行。遅い夏休みが取れた私にとって、初めての平日山行。仕事柄、水曜日は休む事が難しい為、今回は特に期待も大きかった。当初バスハイクの募集であったが、人数が少ないため、Oさんの車で行く事に。東白楽駅 8時集合し山行は始まった。

飯盛山はお茶碗にご飯をよそった形に似ている事から名前がついたとか。なだらかな稜線を描く山からは、牧歌的な草原と壮大な八ケ岳が眺められる。南アルプス、富士山まで見渡せる大パノラマである。山頂を右手に見ながら歩を進める。晴れ渡り空気も澄んだ登山道を歩くのは気持ちが良い。時々吹く風がひんやりしている。あちこちに花が咲き、横浜ではまだ見ぬススキも多く、一足先に秋を先取りしたようである。野辺山高原、平沢峠は日本海と太平洋の分水嶺。

ロッジをスタートし飯盛山~平沢山~平沢峠~ロッジ。ロッジの主人は可愛らしく、親切な対応でまた来てみたいと思わせてくれる方であった。ここは星の観察では最高ですよと教えて頂く。ぜひ行ってみたい場所の一つとなる。今回の山行を企画してくれたリーダー初め皆さんありがとうございました。

DSCF6272

DSCF6280

DSCF6299