2018年2月_山行の感想

 

     スノーシューハイキング     @吾妻耶山 02/18

渋沢丘陵~頭高山   

<実施日>2月4日(日)

<参加者>8名

<コースタイム>渋沢駅9:00- 9:40泉蔵寺9:50-頭高山入口10:00-山頂10:50-下山11:05-渋沢丘陵で昼食11:30~11:50-渋沢駅12:50

C:\Users\miyahara\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.Outlook\FC0S39L4\IMG_20180204_124121.jpg 入会して2回目の山行に参加しました。4時間程度のゆったりハイキングです。和気あいあいとお話しながら、駅から住宅街を歩きだし、ゆっくりと頭高山へ。300メートル位の山ですが、桜の木がたくさん植樹されていて、春になると綺麗なお花見ができそうな感じです。小田急沿線自然ふれあい歩道に紹介されています。あいにく雲があり、富士山は見えませんでしたが、丘陵から丹沢山系が一望できる良いコースです。丁度同じ日に鍋割山に登っているなあと思い、雪があってアイゼン付けて6時間は大変だろうなぁと眺めながら、市街地へ戻ってきました。行きの時に妙に気になるラーメンとおでんの缶詰をみんなで1缶ずつお土産に購入。スープで麺がぐにょぐにょにならないのか?よく見ると、こんにゃく麺との事。興味が湧きましたら、来た時に買ってあげてください。

鍋割山 

<実施日>2月4日(日)

<参加者>14名

<コースタイム>

8:30寄バス停(出発)~櫟山10:00/10:05~栗ノ木洞10:25~(途中アイゼン装着)~後沢乗越10:55~鍋割山(昼食)12:20/50~小丸分岐13:30~二俣15:15 ~(アイゼン泥落し)~大倉16:30~渋沢駅 (解散)

天気予報は晴れ時々曇りでしたが、新松田駅で行きのバスを待っている時から雨(みぞれ)が降りだしました。そして出発地点に到着すると、その量が多くなったり、かと思いきや晴れ間が見えたりと安定しない天候のまま山行スタート。先頭はNさんリーダー、次にUさんと続き2班に分かれ山行をすることに。いつものように皆さんと会話をしながら登れるのかと思いましたが、出発してから櫟山までの一時間半は急な勾配+みぞれが降ったり止んだりの状況だったため、会話少なく皆さん黙々と歩いていました。途中から急な下り坂&雪のためアイゼンを装着し、アップダウンを繰り返しながら頂上を目指すことに。そして頂上につくと、そこは雪景色一色。座る場所は登山者でいっぱいでしたが、強風ではなかったため昼食も立ってすることができました。鍋割山から小丸分岐までの景色もまた絶景。所々、足を止めて景色を堪能することができました。途中、動物の足跡を何カ所か発見しましたが、実物に遭遇することはなく最終目的地まで。足元は雪の場所が多く、雪の下には石畳や木々の根が絡み合っていた為、諸先輩方のアドバイスに従いアイゼンを引っかけないよう慎重に歩いていきました。登山中は、みぞれが降ってきたり晴れたり曇ってきたり冷え込んだりと忙しい天気でしたが、全員、怪我もなく下山することができました。

お試し山行のSさんとは、あまりお話しすることができませんでしたが、山登りのご経験が長いようで装備品など勉強させていただくことが多かったです。日帰り山行としてはロングコースな為、雪山の景色を存分に楽しみたい方・トレーニング山行をされたい方などにもお勧めのルートかと個人的に思います。

C:\Users\PC103\Desktop\1.jpg C:\Users\PC103\Desktop\IMG_0138.JPG

城山湖フットパス  

<実施日>2月10日(土)

<参加者>16名

<コースタイム>8:30 円林寺前バス停―8:40 下馬梅―9:00 小松城址―9:25 評議原 小休憩―9:25 発―9:40 金毘羅宮―10:00 城山湖展望台―10:10 コミュニティ広場 トイレ・小休憩―10:22 発―11:03 峯の薬師 薬師堂  お昼休憩―11:23 発―11:54 江戸時代の石灯篭―12:10 ウラジロガシの巨木―12:22 飯縄大権現―13:11 川尻八幡宮―13:25 バス停着

相原駅からバスで移動し、そこから市街地と山並の中間に位置する里山を歩いた。この時期フットパスとしてのこの山行は、危険も少なく良い企画と思えた。途中、お寺有り、湖有り、灯篭有り、古い樹木も有り地域の歴史を若干理解も出来、楽しい山行であった。

山道には先週降った雪が残っていたが、天気が良かったこともあり、少し汗をかいた。また見晴らし台からは、新宿の高層ビルも眺められ、休憩も兼ねて暫し展望を楽しむことも出来た。またこのコースは周辺に接続するコースが有り、今後、継ぎ足して行けば色々楽しい発見が有るのではないかと思えた。

宝登山(ほどさん)497m

<実施日>2月10日(土)

<参加者>5名

<コースタイム>長瀞駅11:00—ロープウェイ宝登山麓駅11:05—–宝登山ロウバイ園・山頂12:00(昼食)12:50—–野上峠13:50—–南向山萬福密寺14:40—–野上駅14:55

天気予報では曇りのち夜に雨でしたが、当日は晴れてよい登山日和となりました。長瀞駅に、一人の方が電車の事故で30分遅れて到着となり、11時出発となりました。宝登山はこの時期蠟梅(ろうばい)が満開の時ですが、残念ながら、今年の寒さのせいでしょうか、西側斜面に数本咲いているだけ、それでも「まんさく」の花と福寿草が咲いていて、目を楽しませてくれました。そして何よりもDSCF7169素晴らしかった のは、頂上付近から見える景色です。手前に美の山、その後ろに武甲山と秩父の山脈、甲武信岳、右側に両神山と続き、やはり冬は晴れれば山がよく見えるのですね。これだけでも来たかいがありました。DSCF7176

DSCF7192 頂上でお昼を済ませ長瀞アルプスへ。ですがこれが大変! 宝登山から北に向かっているため、ほとんど下りの斜面が凍り付いているとのことでした。軽アイゼンを持って行かなかった私は、予備を持っていたサブリーダーからストックと共に借りることができ、気を配っていただきながらの下山となりました。ありがとうございました。冬は低い山でも軽アイゼンが必要と痛感しました。所々登山道の両側に一面の雪で高い山にきたよう、凍っていたり、ぬかるんでいたりの山道で、万福寺に降りた時にはほっとしました。横浜からはちょっと遠かったけれど、車窓から見る景色もまた楽しみでした。

 

 

 

吾妻耶山スノーシューハイク    

<実施日>2月18日(日)

<参加者>23名

<コースタイム>ノルン水上スキー場10:22~リフト~第3クワッド/上部10:43~第1クワッド/上部12:10~吾妻耶山山頂12:55~第1クワッド/上部13:35~第3クワッド/上部14:10~スキ-場駐車場14:52   歩程:3時間45分

はじめてのスノーシュー。雪山登山の経験は25年くらい前の冬の伯耆大山、北八ヶ岳、10年くらい前の冬の久住、英彦山以来です。スノーシューは、何がいいかと悩んだ末、ヒールリフトは必須とのアドバイスをもらい、アトラスエンデバーを購入。

当日は朝4:00起床、家を5時に出て鶴見から海老名へ。満員のマイクロバスに揺られること3時間、ノルンみなかみスキー場へ到着。身支度整え、まずはリフトで一気に中腹へ。

リフトを降りて、しばらくは前を行く方々が作ってくれたトレースを楽に歩かせていましたが、ラッセル交代の御指名がかかり、人生初の先頭ラッセルです。スノーシューでも膝まで潜る新雪に息が上がります。雪山では体力勝負なのが実感できました。その後、立ったままで昼食を済ませ、急傾斜の樹林帯をジグザグに進みながら、13時に吾妻耶山山頂に到着。天気が良ければ谷川岳の雄姿を見ることが出来るそうですが、あいにくの曇天で視界不良です。記念写真を撮って、下山開始。

スノーシューを履いての下り坂は、バランスに気を配らないといけないので疲れます。途中で何回も転びました。また、空洞を踏み抜いて落ち込みに埋まってしまうSさんの救出劇もあり、雪山の怖さの一面を垣間見ることが出来ました。今回、スノーシュー初体験でしたが、その面白さに、はまってしまいそうです。もちろん翌々週の湯ノ丸山はエントリー済。出来れば、雪の北八ヶ岳に行って見たいなあ。どなたか個人山行で企画してくれませんかねえ・・・

蓼科山スノーシュー山行(個人山行)   

<実施日>2月7日(水)

<参加者>4名

<コースタイム> 蓼科山登山口8:45~蓼科山山頂11:15-30~蓼科山登山口13:45

今回の蓼科山スノーシュー山行は前日に入山し、まず当会スノーシュー山行候補地「八子ガ峰」のルート調査を実施し、蓼科山登山口から八子ガ峰山頂へ往復約2時間のスノーシュー山行を行いました。八子ガ峰山頂から見る蓼科山は頂稜部に真っ白な雪をまとい、すそ野を広げた容姿は諏訪富士と呼ばれるにふさわしい名峰です。第1日目は白樺湖畔のホテルに1泊。

 翌日、若干雲はかかっているものの、好天を期待し8時過ぎホテルスタート。8時半には蓼科山登山口到着。登山口の駐車場には平日にもかかわらず10台ほどの車が駐車、この山の人気を物語っています。そそくさと身支度を整え8時45分出発。入山者がトレースを付けてくれているため、ラッセルの必要もなくトレース上を黙々と進みました。ただスノーシュー体験は前回の赤城山が初めてという素人の私には、高度差800m以上の雪山に登れるのか、途中でバテたら皆さんに迷惑をかけるよなとの思いで登りました。何とかマイペースでゆっくりといけるとこまでは頑張ってみようと、ひたすら前へ一歩と進みました。徐々に高度も稼ぎ、2100mを超えた地点で小休止。振り返ると昨日登った八子ガ峰が足下に見えてきました。このペースで行けば何とかなるかもとの思いで、樹林帯の急坂を一歩一歩と前に進んでいきます。1時間余りすると、忽然と前が開け、雪の中に大きな岩が散在する山頂部の一角に立ったのです。山頂からの展望は360度、南は南・北八ヶ岳連峰、東は荒船から妙義の山々、奥には尾瀬から上州武尊、北は浅間からそれに連なる山々、西は北・南の日本アルプスが望めるまさに天空の見晴らしいえる景色です。ただし、強風と厳しい寒さで長い時間景色を楽しむゆとりなどはありませでした。このような素晴らしい体験は初めてで、チャンスと感動を与えてくれた皆さんに感謝いたします。

DSCF7176