2019年8月_山行の感想

中央アルプス 宝剣岳の朝焼け

霧降高原・丸山   8月2日(金) 曇り時々晴れ

<参加者> 8名

<コースタイム>

霧降高原レストハウス10:15→天空回廊階段(30分)→小丸山展望台10:58→丸山山頂11:23(昼食約20分)→八平ヶ原周回コース→霧降高原レストハウス13:00 →東武バス13:10→霧降の滝(往復約25分)→東武バスでJR日光駅14:05

電車バスを乗りついで霧降高原レストハウスの駐車場に降り立ちました。標高1340mの高原は、猛暑の下界よりは幾分不快指数は低く感じました。駐車場のすぐ側から、小丸山展望台に向かって整備された1445段の天空回廊階段が、一直線にまるで空に向かっているように見えます。その階段に歩を進めると斜面には草原が広がり、霧で少し霞んでいましたが遠くに日光の山々や関東平野を見下ろすことが出来ました。すでにニッコウキスゲは終わっていましたが、名前の分らない草花や蝶、トンボに癒されながら、多量の汗を流し約30分で全員が階段を制覇しました。丸山山頂で昼食をとり、八平ヶ原周回コース歩いて霧降高原レストハウスに戻ってきました。その後バスで、日光三名瀑の一つ、霧降の滝が見える展望台に立ち寄り、遠くに落差51mの優美な滝の全景を眺めました。

天空に続く階段

雨の心配もありましたが、全行程お天気に恵まれ、お試し参加のKさんもすっかり打ち解けられて楽しい山行でした。青春18切符を利用し格安の電車代で日光往復、帰りの電車では貸切り状態のグリーン車内で宇都宮餃子を食べながら反省会をしました。CLの細やかなプランに、一同感謝でした。

会津駒ケ岳 2133m    8月4日(日)  晴

<参加者> 8名

<コースタイム>滝沢登山口5:35→駒の小屋8:30→会津駒ケ岳9:00→大津岐峠(昼食20分)11:40→キリンテキャンプ場13:40

今回はキャンプ場に二泊し、二日目と三日目にコースを選び登山をする山行でした。

二日目に会津駒ケ岳を選んだ計8名で山頂を目指し登山口をスタート。できるだけ涼しいうちにと思っていましたが甘かった。とにかく暑くて汗は滝のように流れる。ひたすら登り駒の小屋に着くと、そこには写真通りの池があり感動。更に木道を登り山頂へ到着しました。

途中平ヶ岳が見えると、そちらを登っているであろう仲間たちにむかい手を振りエールを送った。

下りは少し遠回りをしてキャンプ場に無事下山。楽しかったが標高2000メートルでも暑いことを実感した。

IMG_4143.jpg

平が岳        8月4日(日)  晴

<参加者> 10名

<コースタイム>キャンプ場3:00-(車)-平が岳登山口4:00-下台倉山6:10-池の岳(姫の池)10:40-平が岳11:20(昼食)11:50-たまご石12:40-平が岳登山口18:00

今回は百名山である標高2,141mの平が岳にチャレンジしました。真夏の日帰り山行で、暑さを危ぶむ声もありましたが、私を除き皆、健脚ぞろいの山男、山ガールです。まだ、真っ暗な桧枝岐キリンテキャンプ場を3時に2台の車に分乗し出発。平が岳登山口からヘッドライトを点け、みな元気良く出発です。林道をしばらく進むと、急登が始まりやせ尾根が現れ、朝焼けと共に背に朝陽を受け、じりじりする暑さの中を延々と登ります。南に燧ヶ岳がきれいに見えはするものの、余裕はありません。下台倉山を過ぎ、樹林帯に入りほっとするものの、湿った木道に尻餅をつく者も。何度かの急登を繰りかえし、やっと池の岳です。姫の池が2,070mの高地にあることが不思議?ここからは緩やかな木道を登り山頂です。ゆっくり昼食をとり、コバイケイソウの群生する湿原をかの有名な「タマゴ石」に向います。池塘をバックにタマゴ石と記念写真。さあ下山です。なんだか途中で雲行きが悪くなったと思ったら、土砂降りの雨と落雷。避難する所もなく、みな必死で逃げるように下山しました。軽い熱中症ぎみの方も、元気を取り戻し先頭を歩いていました。14時間の会山行は初めてだそうですが、山ガールは皆さん元気。ご一緒した皆様。心配をおかけした皆様、本当にありがとうございました。

C:\Users\kenji_endou\Desktop\line_141514570280233.jpg 朝焼け

C:\Users\kenji_endou\Desktop\line_141514507791327.jpg タマゴ石と池塘

C:\Users\kenji_endou\Desktop\line_141514651917941.jpg平が岳山頂

大天井岳、常念岳      8月18日~8月20日 曇り雨

<参加者> 8名

<コースタイム>

8月19日(月) 中房登山口6:16→第二ベンチ7:24→合戦小屋9:15→燕山荘10:37→大下りノ頭12:00→喜作リレーフ13:38→大天井岳山頂14:20→大天荘14:30(宿泊)

8月20日(火) 大天荘5:38→常念小屋8:00(休憩30分)→常念岳山頂9:37→常念小屋10:45→一ノ沢登山口14:31(下山)

青春18切符で穂高駅に。その後夕食をしながら槍ヶ岳に登る話題で盛り上がり、タクシーでペンションに前泊。翌朝バスで中房登山口に到着し待望の北アルプスに向かう。合戦小屋で名物のスイカを食べ暑さを和らげ北アルプス三大急登を登ると槍ヶ岳の展望が期待できるが、今日はあいにくの曇りで見えないのが非常に残念。燕山荘で早めの昼食を済ませ燕岳を背に表参道を進むと大下りノ頭から雨が降りだし、上下雨具装備でクサリ場や切願岩を歩く。初めての北アルプスは簡単に美しさを見せてくれず厳しい環境の下、大天井岳の山頂を登り宿泊する山小屋にびしょ濡れで到着した。

C:\Users\sekine\Pictures\表銀座クサリ場.png<表銀座のクサリ場>

C:\Users\sekine\Pictures\大天井岳の朝焼け.png<大天井岳の朝焼け>

C:\Users\sekine\Pictures\雷鳥.png<雷鳥>

翌朝、雨は上がり朝日が大天井岳をオレンジ色に写したが、梅雨前線が停滞するとの事で槍ヶ岳に登ることを諦め、雨具を装備して常念岳を登り下山することになった。東天井岳に向かう岩場に雷鳥が小鳥を呼ぶ鳴き声?で姿を現し、みんなの心を和ませてくれた。

常念岳に向かう稜線歩きは奇麗な景色で、これが北アルプスの魅力なのだと痛感したが、晴れていたらリーダーがアルプスの山々を教えてくれたと思うと残念であった。常念小屋に荷物を預け、空身で常念岳に登ったが、雨で景色は見られず記念写真を撮って下山した。

北アルプスの山行を計画して頂いたリーダー、最後まで先頭を歩いて道案内して頂いたサブリーダー、そして陽気な仲間に深く感謝します。