2020年7月_山行の感想

2020年7月_山行の感想

黒部五郎のカール

早池峰山 7月3日(火)晴れ

<参加者〉  8名

<コースタイム> 河原坊(7:15)→小田越(7:44)→五合目(9:00)→剣ヶ峰分岐(9:55)→早池峰山山頂(10:50)→剣ヶ峰分岐(11:15)→河原坊(13:00)

早池峰山は岩手県にある北上山地の最高峰で日本百名山、花の百名山及び一等三角点百名山に選定されている。盛岡駅周辺のビジネスホテルに前泊し、レンタカー2台で早池峰山に向かう。駐車場から舗装道を歩き小田越登山口に着くと広場とトイレがあり登山の準備を整えて出発。

森林限界を抜けて山頂を望むと、青く澄み切った大空と花の楽園が我々を迎えてくれた。

メンバーに花に詳しい方もいて貴重な高山植物をひとつひとつ説明していただき、名前の由来までも知ると、知らなかった花に興味を持つような不思議な世界に導かれた。今が見どころのミヤマオダマキは稜線まで咲き続き、白いハヤチネウスユキソウは派手やかな花びらで岩場に、また別の稜線ではチングルマの群生が所々に咲いて山頂までの道案内をしてくれた。

山頂には剣が沢山あり、海底噴火でできた大きな岩場がむき出しになっていたが、場所を選んで休憩を取った。白、黄色、紫、赤、そしてピンクの花の百名山。素晴らしい山の一言でした。

(八幡平につづく)

<チングルマの群生>

<早池峰山山頂>

八幡平 7月4日(水)雨

<参加者〉 8名

<コースタイム> 茶臼口(6:40)→茶臼山荘(7:20)→黒谷地湿原(8:20)→

源太森(9:00)→ガマ沼(9:30)→八幡平山(9:40)→八幡平頂上レストハウス(10:00)

<岩手山の馬返し登山口>4時45分ホテルのフロントに集合し外を見ると曇り。もうすぐ曇りから雨になり岩手山の登山は強風と雨のため中止し、代替案として日本百名山である八幡平に変更する事に決定した。

八幡平に直接向かうかと思いきや先頭車両は岩手山の馬返し登山口に向かうのではないか。せめて登山口までは行きたかったのであろうと同情しながら従った。これぞ山友の証ではないだろうか。

秋田県と岩手県の県境に位置する八幡平は国立公園に指定され奥羽北部の山々の総称。

2台の車を置いてピストン山行と思いきや、リーダーのアイデアで八幡平頂上レストハウスに1台の車を置き、もう一台は茶臼口に駐車し片道登山。さすが! (^=^)

雨が激しくなり雨具の装備をして八幡平頂上を目指す。

鏡沼には雪が残っていたが、7月初旬は山の雪が溶け温度も上がるので参道沿いには高山植物が一斉に咲き乱れ、お花の好きな人には是非登っていただきたい山である。

<ニッコウキスゲ><八幡平山頂>

大菩薩嶺 7月11日(土)天候→曇り時々雨

<参加者〉 10名

<コースタイム〉上日川峠09:15-福ちゃん荘9:45-雷岩11:00-大菩薩嶺11:15

-大菩薩峠(介山荘)12:15/12:45-上日川峠13:40-バス発14:00-甲斐大和駅着14:45

日本百名山「大菩薩嶺」に行って来ました。あいにく雨でしたが、霧にけむる山道は幻想的でマイナスイオンたっぷり、心と体が癒された感じです。

晴れていれば雷岩から大菩薩峠までの尾根道から見えるはずの富士山も霞んでまったく見えませんでしたが、金子みすゞの詩の一節「見えぬけれどもあるんだよ 見えぬものでもあるんだよ」という気持ちで歩きました。

今度はぜひ晴れた日に実際の目で富士山を見たいです。

< 大菩薩嶺山頂 >

霧ヶ峰 7月16日(木)天候→晴れ

<参加者〉11名

<コースタイム〉八島湿原駐車場10:40➝物見石11:30➝蝶々深山13:00➝車山乗越13:25➝車山山頂13:5)➝車山肩14:30

梅雨の真っただ中、雨を覚悟し曇り空の中、車は一路、霧ヶ峰に向かって走り出した。中央道や曲がりくねったビーナスラインも軽快に飛ばし、八島湿原に近づくにつれ、入道雲の隙間から青空が顔を出してきた。身づくろいをし、ビジターセンターから湿原に足を踏み入れた途端、ニッコウキスゲの群生が目を見張ります。木道の両側には他にもノアザミ、アヤメ、ハクサンフウロ、シシウド、イブキトラノオ、アカギキンポウゲなど稀少な高山植物が私たちを迎えてくれます。花に見入ったり、写真を撮ったりと、なかなか前に進みません。草原の丘を登り物見石に着き振り返ると、鷲ヶ峰か?緑深い山々が幾重にも連なり最高の景色、ここが日本百名山霧ヶ峰高原です。少し早い昼食をとり休憩した後、蝶々深山から木道を車山乗越に進むにつれ、毛虫の大群です。これほど多くの毛虫が「さなぎ」になり蝶になるのかと思うと一ヶ月後の蝶の舞に期待したくなります。車山山頂に登る途中、ニッコウキスゲやミヤマウスユキソウを眺めながら、大きな気象観測アンテナのある山頂に到着です。ここから車山肩に向かい有名なコロポックルのテラスで、美味しいコーヒーを頂きながら、雄大な景色を望み一息つきます。帰り際にスコールのような土砂降りの雨に見舞われましたが、何とか天気が持ってよかった。皆さん手土産の桃を片手に釈迦堂PAで解散式を行い帰路につきました。

<山頂にて記念撮影><ニッコウキスゲ>