2020年10月_山行の感想

 

南大菩薩・大蔵高丸付近からの富士山

アヤメ平 至仏山 10月3日(土)~4日(日)  晴れ

<コースタイム>

10/3(土) 鳩待山荘(13:10)→横田代(14:10)→中原山(14:40)→アヤメ平(15:00~

15:25 読図 山座同定)→鳩待山荘(16:30)

10/4(日) 鳩待山荘(6:00~6:10 読図)→山の鼻ビジターセンター(7:00~7:35

読図勉強)→高天原(9:55)→至仏山山頂(10:25~11:00 中間食 読図)→小至仏山(11:40)→悪沢分岐(12:10)→鳩待峠登山口(13:20)

横浜駅に6時に集合し、車で尾瀬に向かう。

4日の方が天気が悪いとのことから、早く着いたら至仏山に登ろうとの案も、渋滞の為早くは着けず、計画通り草紅葉が美しいアヤメ平に。尾瀬の清々しい空気を味わいながら、翌日登る至仏山を眺める。

翌朝、寒いくらいの空気の中、読図学習をしてから出発。至仏山に着くと岩ゴロゴロで歩きづらく体力と神経を使う。でも森林限界を抜けると視界が開け、景色が素晴らしく、疲れも癒される。天気も持ち、装備の方もアドバイスを受けていた物も使わずに、山初心者の私は滑る石を滑り台にしながら、無事に下山することができました。これもベテランの先輩方のおかげ!行きも帰りも事故渋滞には巻き込まれましたが、錦秋の尾瀬を存分に味わえた楽しい山行でした。

会津磐梯山 10月4日(日) 曇りのち晴れ

<コースタイム> 猪苗代登山口(9:30)→天ノ庭(11:00)→沼の平(11:50)→3合目(12:20)→弘法の清水(12:45)→山頂(13:30/45)→下山(15:30)

新幹線の早得半額切符で郡山に向う。磐越西線に乗り換え猪苗代駅に降りるとジャンボタクシーの出迎えを受ける。登山口に到着し個人山行で参加のお一人と合流し、すすきに囲まれたゲレンデを登る。久しぶりに会ったメンバーとトークが盛り上がり話題は絶えない。最後の急坂を息を切らせて登ると天ノ庭だ。振り返ると視界いっぱいに広がる綺麗な猪苗代湖と街並みが見えた。黄葉のトンネルは趣があり、辺りは箱庭のようで気持ちよく歩けた。沼の平から見える磐梯山は朝の風格とは違い双耳峰のようだった。3合目まで来ると桧原湖や五色沼が目に飛び込み声が上がる。その先からはガレ場になり弘法清水で冷たい水を補給し、あと一頑張り山頂へ向かう。山頂は360度の展望台で西吾妻山や安達太良山など山々が連なり圧巻! 眼下には黄金に光る田んぼがモザイクのように広がり感動! 昼食を終え、雲が切れ日が差し始めた中を歩き始める。分岐で一人寂しそうに手を振る方と別れ、すべらないように慎重に下った。

C:\Users\Owner\Pictures\磐梯山紅葉.jpg

塔ノ岳(表尾根) 10月4日(日)  曇り

<コースタイム> ヤビツ峠(8:30)→二ノ塔(9:50)→三ノ塔(10:05)→鳥尾山    (10:40)→新大日(11:50)昼食→塔ノ岳(12:45)→花立山荘(13:25)→駒止茶屋   (14:10)→見晴茶屋(15:00)→大倉(15;45)

秦野駅北口7時半に集合、バス停にはすでにかなりの列。臨時便が出ていたが乗り切れずに、定刻のバスに乗車。8時半頃、登山開始。当クラブに入った頃に一度登ったことはあるものの、当時よりは年齢も重ねてしまい登り切れるかどうか不安。やはり鳥尾山~新大日あたりで疲れてきた。

新大日到着がお昼に近い時刻になっていた。このままでは山頂までがキツイと思い「おなかが空いた!ここでお昼にして下さい」と懇願し、やっとお昼休憩。昼食後、頂上を目指すが足が重いことこの上ない。頑張るというよりも、半ばやけになって足を一歩一歩動かした。それでも何とか頂上までたどり着くことができた。下山は慣れ親しんでいるバカ尾根より大倉へ。

このコースは、大倉からのピストンよりも眺望がとてもいい。歩いてきた道や山々のつながりがよく見えて歩いていて楽しい。

大野山  10月7日(水) 曇りのち雨

地蔵岩ルート登り口(11:10)→大野山山頂(13:15)→昼食(30分)→山頂出発(13:45)

→谷峨駅(16:10)

数日前に台風が発生し、翌日から雨、予報ではギリギリ雨にならないラッキーな7日、私たちは大野山を山行しました。地蔵岩ルート入り口まで、赤い彼岸花やオレンンジ色の美味しそうな柿、所々に現れるウサギやフクロウなどいろいろな愛嬌のある木彫りのオブジェを楽しみながら歩くことができました。

登山途中、野生のシカに出会えたり、大きなキノコを見つけたりと思わずみんなで童心に帰るひとコマもありました。大野山山頂に向けるラストの心臓やぶりの階段を登りながら、遠くに見える牧場の牛を見て、みんなで「もう少し。もう少し」と励まし合いながら頂上を目指しました。

山頂からは、四方に見える丹沢の山々の眺望を楽しむことができました。杉本さんや大隅さん、藤田さんから山の名前を教えていただき、丹沢湖を眺め、疲れを癒すことができました。記念写真を撮り、景色を楽しんでいると、ポツポツと雨が降り出したので、私たちは、東屋の中に入って昼食。

下山途中、雲の合間から雄大な富士山が現れて、大野山に来た甲斐がありました。登山道両脇のきれいなススキ、栗の木、ドングリや松ぼっくりを楽しみながら下山し、谷峨駅に向かいました。ウィークデイで、登山客にほとんど出会わず、たっぷりと秋の自然を満喫した山行でした。

四阿山   10/11(日)~12(月)晴れ

<コースタイム>

1日目:山本小屋10:30出発→美ヶ原高原(王が頭)11:20→王の鼻11:47(昼食)→山本小屋13:15→ホテル15:15

2日目:ホテル7:00出発→7:10菅平牧場・登山口7:30出発→根子岳8:45→四阿山10:25(昼食)→菅平牧場・登山口12:30→土産物店14:15解散

私にとって2度目の美ヶ原は、残念ながら白い世界でした。展望は望めませんでしたが、草原の広がりは美しく、のどかな牧場でのんびり草を食む牛たちの姿にヨーレイヒーと歌いたくなる感じ。ほとんど登りもなく、のんびり歩いて頂上に到着してしまいました。そんな感じで王が頭百名山到着。王が鼻にも寄って昼食。下山はパノラマコースです。烏帽子岩でコワゴワ男子の微笑ましい写真を撮影してホテルへGO。1日目終了。ホテルでは同じ向きで前後に着席し、男女2列で大人しく(?)楽しく夕飯をいただきました。

2日目7時、菅平牧場登山口へ。天気も上々。途中の紅葉に今日の山行の良さを期待が膨らみます。牛が円陣を組んで餌を食む光景を眺めつつ、黙々と根子岳山頂を目指しました。根子岳山頂は生憎ガスと風が出てきてしまい、そそくさと四阿山を目指しました。

根子岳を下りきっての登り返しが、この山行中最もキツイ箇所でした。後は輝く黄葉の世界を満喫したのでした。写真では伝えにくいのが悔しいので、あえて載せませんが、ただただうっとりの世界でした。光り輝く黄葉、青空と白樺のコントラスト、のどかに草を食む牧場の牛たち。シンドいとかキツとかそういうのとは、ちょっとちがう素敵な山行でした。

越上山 10月18日(日)  晴れ

<コースタイム>

東吾野駅(9:24)→橋本山(10:09)→越上山(12:28 昼食~12:55)→諏訪神社13:13)→顔振峠(13:34)→黒山三滝(14:49)→黒山バス停(15:20)→越生駅(16:10)

越上山は、奥武蔵、秩父山地の一角をなす、標高566mの山です。「拝み山」「お神山」から転じて付いた山名とされ、かつては雨乞い信仰の山と言われたそうです。

西側にある顔振峠は、源義経伝説のある場所で、奥州への逃亡の際にここからの絶景に何度も振り返ったために付いたとされる説や、武蔵坊弁慶があまりの急坂に顔を振りながら登ったという説があるそうです。

前日まで雨天で、開催が危ぶまれましたが、CLの好判断により開催する事が出来ました。当日は晴天に恵まれ、整備された山道で初心者でも歩き易い山でした。

諏訪神社、役の行者の石像等があり、室町時代からの修験道の山という歴史を感じました。木立に囲まれた静かな山頂での昼食もより美味しく思いました。下山途中の、黒山三滝は、水量も多く見応えがありました。人出も多く、黒山バス停付近までは車でも来る事が出来るので観光地化しています。

また、エピソードとして、途中で足を攣って往生している登山者の方がおられました。持参していた湿布薬を分けてあげ、回復され、とても感謝しておられました。

黒山三滝

鷹ノ巣山  10月24日(土) 晴れ時々曇り

<コースタイム> 三沢橋登山口9:00→鷹ノ巣山避難小屋11:30→鷹ノ巣山頂上12:00(昼食)12:30出発→水根沢分岐13:30→木橋14:30→水根バス停15:56

快晴とまではいかないが、いい天気の中、奥多摩駅に集合。人が溢れるバス停を横目に「奥多摩駅唯一のタクシー(6人乗り)」で三沢橋登山口まで進入しコケ混じりの林道坂道を登って行く。鷹ノ巣山は二度目だが、以前登ったコースとは違うコースだったので、新鮮味があって良かった。

途中沢があり、コケが生えて少し湿っている丸太の橋をいくつも渡って行く。滑るので用心しながら進む。今年は全般的に紅葉がいいが、奥多摩も例に漏れず、素晴らしかった。サブリーダーは帰りのバスの時間を念頭に計算し、コースタイムの9掛けでメンバーを誘導する。早過ぎず、遅過ぎず、絶妙のペースだった。

シラケ山  10月25日(日) 晴天

〈コースタイム〉登山口09:39-天狗岩10:38-シラケ山11:16-烏帽子岳12:58/13:14-登山口15:03

「木の葉ひかる雲が秋になりきった」 種田山頭火

暫く天候にも眺望にも恵まれない山行が続いていた。久し振りの晴天に紅葉が映える。「うわぁ、きれい!」何度声に出しただろうか。山のあなたの空遠く、秋の雲がかすかに浮かぶ。

西上州シラケ山は、CLの案内文通りいくつもの岩稜ピークを越えてゆく。天狗岩展望台、シラケ山、烏帽子岳、そのいずれもが眺望抜群。今回のコース最奥の烏帽子岳は、まさに烏帽子の形。さて、登れるのだろうか。トラロープが設置されているが、手がかり足がかりがよく難しさは感じない。遠目に錦織りなす山々は、当然のこと登山道をも紅葉が埋め尽くす。体にも心にも、その色が染み込んでくるような錯覚。贅沢な秋の一日。

耀けるしらけの山に分け入りて心に纏ふもみぢばの秋

天狗岩展望台より

烏帽子岳(中央)