2020年11月_山行の感想

 

20201012根子岳と四阿山.jpg

     根子岳と四阿山          

大磯鷹取山         10月31日(土) 快晴 

<参加者> 6名

<コースタイム> 平塚駅9:10~松岩寺バス停9:40~松岩寺9:48~霧吹きの滝

10:10~こゆるぎの丘10:29~日の宮神社10:44~高取山11:10~竹林11:46~ため池11:54~昼食13:51~湘南平14:12~八俵山14:41~高麗山14:48~高来神社14:16~湘南ビーチ16:22~平塚駅16:52

 近場なので9時頃平塚駅にのんびり集合し、松岩寺(しょうがんじ)がスタート地点。このお寺には素敵な鐘があったところ、中尾さんがこの鐘はNISSANの社長が寄附したんだよとおっしゃるので、へーっ物知りだなーと感心したところ、カルロス・ゴーン♪というオチだったので、みんな一気に力が抜け、そこからとても和やかにハイキングに突入しました。

 鷹取山まではなだらかな丘が続き、それほど大変でない、まさにグレード1のゆるハイキングでした。途中で大小の神社に立ち寄ったり、大磯の町を歩くときも、のどかなゆるハイキング。しかしながら、昼食後、湘南平を目指して歩くところから、難易度が上がりました。Nリーダーの先導の下、道なき道を藪こぎしながら湘南平を目指すことになり、服にへばりつくくっつき虫(なにかの種)に悩まされながら、まむし注意の看板にもめげず、なんとか湘南平へ。

 一気に開ける展望! 日は雲一つない快晴でしたので、富士山や大山、湘南の海が一望に開け、先ほどまでの藪こぎのつらさも忘れ、素晴らしい景色を堪能しました。まさに眼福です!すっかり元気になりましたが、そのあとも意外に長い間ハイキングが続き、やっと平地に降りてきたら、今度は湘南海岸の砂浜歩き。足も疲れた最後に砂地はちょっときつかったですが、夕暮れの平塚海岸は美しかったです。

 17時近くになってやっと平塚駅に到着し、これはグレード1では絶対ない!と参加者全員で確信しながら、解散いたしました。山を越え、歴史ある大磯の町を通り抜け、海を横目にみながらの7時間のハイキングは、大変バラエティに富んでいて、湘南という地域の魅力を十分に味わえたと思います。素晴らしい企画に感謝いたします。

守門岳   10月31日(土)     前泊、後泊  晴れ 

<参加者> 7名

<コースタイム> 保久礼駐車場8:53→9:39キビタキ避難小屋→10:49大岳→12:04青雲岳(昼食)12:40→12:59袴岳 →14:13大岳→16:01保久礼駐車場

IMG_0541小 越後湯沢に前泊して、車2台で守門岳に向かう。途中何回も道を間違えて予定より1時間以上遅れて保久礼駐車場に到着。守門岳は大岳、青雲岳、袴岳の三峰の総称で袴岳(1537m)が主峰、日本二百名山にも選ばれている越後の名峰の一つである。

登山口から紅葉の中、粘土質の道を注意しながら最初の峰の大岳を目指す。大岳山頂に近づくに連れ所々に残雪が見え始めた。大岳山頂で集合写真を撮った後、尾根伝いに次の青雲岳に進む。大岳山頂までは霧に覆われ視界は悪かったが、歩くうちに霧が晴れ、紅葉の山々や雪のおおわれた袴岳山頂も見えてきた。ここで少し休憩して景色を楽しむ。大岳から青雲岳に続く道は雪解けの水が溜まりどろどろだったが、青雲岳に着くころは一面の雪景色となり、木道の上にも雪が積もってスリップする危険があった。

青雲岳で昼食後、作戦会議を開き、袴岳まではアイゼンを付けた有志3人だけで行くことにした。3人が無事に到着した袴岳山頂からは長岡市街や日本海も見渡せ、雄大なパノラマが広がっていた。だいぶ遅くなったので展望を十分に満喫する暇もなく記念撮影をしてすぐに引き返し、他のメンバーと合流して行きの道をそのまま下山、無事に保久礼駐車場に到着した。

楽しい山行でした。リーダー、運転手をはじめとする参加者の皆さんありがとうございました。      

 

丹沢大山三峰山               11月1日(日)晴れ

<参加者> 8名

<コースタイム> 本厚木駅⑤バス乗り場7:40~煤ケ谷発8:38~三峰山11:32~煤ケ谷15:20 

 風もなく穏やかな天気に恵まれた1日を紅葉の三峰山に楽しく登ってきました。SLのSさんは「実質的に今回が初めてのリーダーなので昨夜は緊張で寝られなかったわ」(緊張が解けた帰りのバスは爆睡・・お疲れさまでした。)念のために蛭スプレーも準備していただきました。(蛭恐怖症のFさんはこのやさしさに感動!ありがとうございました。)

全員が蛭スプレーで足元を固めていざ出発。SLNさんを先頭にして、今回がYHC3回目の山行というIさんも快調なペースです。ベテランのN、M、S、Hの各氏も余裕の会話を楽しみながら順調に進みます。コースには迷うようなところはなく紅葉の中、大山や丹沢主脈の山々等の眺望を楽しみました。途中3か所ほど「三峰山は岩場や鎖場が多く危険なので引き返す勇気が大切です。」という警告看板がありました。実際鎖場ややせ尾根が連続し、三峰山山頂も狭かったですが、よく整備されているので危険度は少なそうです。他の登山者は少なく、隣の大山は多分昔の歩行者天国状態かな?予想しつつバス停に向かいました。ただ、浮動尻に降りた後何度か川を渡りましたが、橋が流されているところが有ったので降雨後の下山ルートを検討した方が良いかもしれません。(広沢寺温泉へ行く)

皆さまありがとうございました。                   

筑波山(百名山) 11月3日(火・祝日) 曇り 

<参加者> 5名

<コースタイム> バス:つくば駅8:30→筑波神社入口9:20、登山:遊歩道入口9:40→筑波山頂駅11:40→男体山頂11:55→筑波山頂駅12:15(昼食)~12:40→女体山13:00→つつじヶ丘高原14:15、バス:つつじヶ丘駅14:40→つくば駅15:35

 筑波山神社の横から山行開始。山そのものが霊峰で信仰の対象だったというだけあり、うっそうと繁る杉の木々に少し圧倒される。丸太の階段が続くが前日の雨で滑りやすい。しばし調子よく登っていたが、前夜緊張してほとんど眠れなかったせいか苦しくなってきた。休憩をお願いする。ペースダウンしてくださった皆さんに励まされ、その後もひたすら登る。百人一首の短歌に出てくる男女川(みなのがわ)の源流が現れ、この山の歴史の古さにびっくり。杉の大木はいつしか広葉樹に変わり、登山道の視界は限られているものの、ブナの黄色い葉が頭上で揺れる。そしてようやく筑波山山頂駅に到着。四人は男体山へ。  

PB033354 (3) ケーブルカーで登ってきた観光客で賑わう山頂で、戻ってきた皆とお昼。曇りのせいか眺めは今一つで風が冷たい。汗冷えのしないうちに女体山、そしてつつじヶ丘を目指す。登山道も一変、今度は岩の上を降りていく。

表面は濡れてつるつる、くぼみには水たまり、しかも登山と下山の人で混み合い、狭い岩の道の順番待ちもしばしば。転ばないように緊張する中、ところどころに変わった名前のついた巨岩、奇岩が登場し、楽しませてくれる。 

 

そのうち杉の木がなくなり、まだ緑のカエデ、ブナに熊笹が登場。やがて赤く色づいたツツジに変わると視界が開け、巨大なガマの像が鎮座するつつじヶ丘へ。廃墟と化した遊園地を抜けて無事に登山終了。筑波山と一口に言うけれど、山全体が御神体で男体山と女体山の双耳峰、そこを繋ぐ(?)男女川、神話や想像力に富んだ巨岩の数々、と、知らなかったことばかり。秋山のレイヤリングの重要性も実体験しました。CL、SLがいろいろと気遣ってくださり、皆さまの優しさで楽しく登ることができました。ありがとうございました。 

「弁慶七戻り」

滝子山(寂ショウ尾根)        11月7日(土) 天気 曇り 

<参加者> 6名

<コースタイム> 笹子駅(8:10)→吉久保(8:30)→寂ショウ尾根入り口(8:50)→滝小山山頂(12:00~12:30)昼食→檜平(13:10)→滝子山登山口・初狩側(15:15)→初狩駅(15:50)

滝子山は2か月ほど前に、違うコースで来たばかり。寂ショウ尾根コースは、ここ2年ばかり申し込みはしたものの、毎回雨にたたられて2度の中止の憂き目にあった。このコースに魅力を感じていたのでやっと念願を果たせる日がきた。

 期待感の中、歩き始める。最初の方は道がわかりにくく木や枝が横たわり、かなり荒れている感じを受けた。1時間くらい過ぎた辺りから、徐々にお楽しみのアスレチックが始まった。始めのうちは岩場とはいえ、足の置き場もしっかりしていて、困難なく歩ける。次に大きな岩が見えてくると前を行く団体さんでやや渋滞ぎみ。それを待ちながらしばし休息をとる。「三点確保よりもっといい方法は四点確保!!」と、Nさん。ずっと四点確保していたら一歩も進めないなあ・・・。大きな岩々を過ぎたあたりで下から写真をKさんが撮ってくれた。皆、さも大変そうなポーズをとり、木や岩にしがみついた。難所を乗り越えて頂上近くでいったん下りとなる。そこで私に油断が生じたせいか、落ち葉で下が見えなかったせいなのか、根っこに足を引っかけてしまい前のめりに転んでしまった。根っこが足から外れてくれなくて、少し足首の外側をねじった感じ。湿布を頂いて貼ったり痛み止めの薬を頂いたりと、皆さんに助けてもらった。少し痛みはあったが、何とか歩けたので、頂上に到達できた。お天気が芳しくなくて眺望はいまいちだが、そこでお昼を食べる。その時は内心、下山の心配をしていた。ちゃんと下りることができるかなあ。途中でねじった足が痛くなったらどうしよう・・・。

 幸い痛みはだんだんと和らいできた。下山は、先頭を歩くNさんが私を気遣い落ち葉のラッセルをしながら道を整えてくれた。なんて優しいんだろう、と感謝・感激。無事に初狩の駅にたどりついた。リーダーはじめ、皆さま本当にありがとうございました。          

   

岩を登る                       

鬼ケ岳・王岳     11月3日(火・祝日) 曇り時々晴 

<参加者> 12名

<コースタイム> 根場駐車場(9:00)→東入川堰堤広場(9:30)→雪頭ケ岳

(11:30)昼食→鬼ケ岳(12:10)→鍵掛峠(13:10)→王岳(14:30)→根場入り口駐車場(16:15)

 県民センター6時半集合にて、3台の車は出発。渋滞もなくスムーズに予定の時刻に到着した。駐車場よりしばらく歩いたところの広場で準備体操をして、いざ出発。1時間半くらいダラダラと、とはいえ結構急なところもありひたすら登る。途中、やっと展望が開け西湖と富士の頂上が雲の間に見え隠れしてきた。そんな景色を楽しみつつ、雪頭ケ岳に到着。お昼を食べて鬼が岳を目指す。

       

                      

鬼が岳頂上         西湖と富士

鬼が岳へは10分くらいで到着。そこには鬼の角のような形をした奇岩が天を向いて威張っていた。鬼が岳の名前の由来であるらしい。1時間ばかりで鍵掛峠山頂。一休みして王岳へ向かう。Aグループ(ウサギさんチーム)とBグループ(カメさんチーム)は時間差攻撃をしていたので、カメさんは鍵掛峠から王岳を経ずに降りるという案もあったが、多少遅れても予定通り行こうということで話がまとまり、王岳までカメたちも到達した。(ちなみに私もカメです)王岳からの展望はガスが出てきてあまり良くなく、あとは下山。かなり下まできて逆に富士がすっきり見えてきた。先に下山していたウサギさん達が少し近くの駐車場まで車を回してくれたので、下道を歩く距離が少し短くなり助かった。(下山後の県道とかを長々と歩くのが苦手なので)

 帰路も多少の渋滞はあったが、無事に県民センターまで帰ってくることができた。リーダー、二人のサブリーダー、運転してくださった方、そして参加者の皆さん、お世話になりありがとうございました。    

                                                              

陣馬山~高尾山縦走             11月8日(日)曇り 

<参加者> 9名

<コースタイム> 陣馬高原下バス停8:10→陣馬新道登山口8:40→陣馬山10:00→南郷山10:45→明王峠11:00→景信山12:20→高尾山15:00→高尾山口駅16:10

高尾駅7:35発のバスに乗り陣馬高原下バス停へ向かった。バスはほぼ満席であった。陣馬高原下バス停で軽く体操しCLから読図の説明を受け、いよいよ出発です。のっけから急登が続きます。この日は気温も高かったので、陣馬山に到着するまで汗がとまりません。陣馬山でシンボルの白いお馬ちゃんに会いたいと思っていましたが、想像していたより大きくなかったです。CLから進む方向の見極め方、山座同定の仕方など講義を受けました。その後、景信山で昼食です。田中監督のなめこ汁がおいしそうでした。城山のもみじがきれいでした。集合写真を撮って高尾山へ向かいます。想像通り長いコースで階段が何カ所かあり、私の心を試すかのようにそびえて見えました。この季節は日が短い為、高尾山から稲荷山コースで下山する頃には、曇っていたせいもありましたが、薄暗いように感じました。読図山行ということで、CL、SLの皆さんには、地図の見方やコンパスの使い方など、丁寧に教えていただきありがとうございました。  

              

 

 

 

 

 さかせ古道         11月7日(土) くもり 

<参加者> 4名

<コースタイム> 道の駅どうし(8:40)→落合橋(9:05)→城ヶ尾峠登山口(9:40)→城ヶ尾峠(10:15)→信玄平(11:05)→渡渉(11:55)→地蔵平(12:15)昼食(12:40)→千鳥橋(13:20)→二本杉峠(14:05)→細川橋バス停(14:40)

橋本駅発6時20分のバスに乗り、バス3本を乗り継いで2時間で道の駅どうしに到着。キャンプ場を通り抜けて城ヶ尾峠登山口へ。ここから本格的な登りが始まる。ふかふかの落ち葉を踏みながら樹林帯の中を歩く。だいぶ葉は落ちてしまっているが、残っている赤・黄・オレンジの葉が青空に映えてきれいだ。杉林を登りきると城ヶ尾峠。東へ行けば加入道、西へ行けば菰釣。ここから南下する道は破線ルートになる。いくつか崩落個所もあり、回避するために高捲きし、登ったり降りたり。ルートが分からなくなると4人で赤やピンクのテープを探して道を確認。肩幅くらいの幅しかない道や渡渉もあり、なかなかスリリングだった。地蔵平で昼食を取った後、しばらく平たんな道を進み、千鳥橋からまた破線ルート。ロープのついている崩落地もあり、なかなか手強かったが、それらをクリアしながら無事にバス停に到着した。

 さかせ古道は林業が盛んだったころ道志と中川を結んでいた道で、木材運搬用に敷設された森林軌道が今は林道になっている。森林軌道の終着点にできた集落が地蔵平で、大正から昭和初期まで200戸を超える世帯があったとか。山行中誰にも会わず山は4人で貸し切り状態! ピークは踏まなかったが、廃道歩きでいつもとは違った面白さがあり、歴史も感じることができてとても達成感のある山行だった。

            地蔵平にて

 

奈良倉山・鶴寝山・大マテイ山     11月14日(土) 晴れ 

<参加者> 6名

<コースタイム> 鶴峠(9:30)→ 奈良倉山(10:35)→ 鶴寝山(11:40)昼食 →大マテイ山(12:45)→ モロクボ平 → 小菅の湯(14:25)

 当日は朝からピーカンなお天気で、待合わせ時間に集合場所の上野原駅バス停に到着すると、すでに沢山の登山者で長蛇の列でした。私だけ座ることが出来なかったのですが、本日のメンバーの最年少(笑)なので平気なフリして1時間20分の道のりを立って頑張りました。鶴峠に到着するとバス停の周りは紅葉が盛りでした。ほとんどの登山客は反対側の三頭山へ向ったようで奈良倉山方面へは数組のみで山頂以外ほとんど人はいませんでした。

序盤から緩やかな登りで登山道は落葉で埋め尽くされており、落葉の下に隠れている木の根や石に気を付けながらも終始快適なハイキングでした。奈良倉山の展望スポットからは綺麗な富士山と三つ峠を拝むことが出来ました。鶴寝山で昼食を取り、巨樹の道では太い巨木を見上げ、標高を上げると更に広葉樹の葉は落ち木々の間から降り注ぐ太陽の光と空の青さで眩しいばかり。周りの山々が良く見え晩秋から初冬への移り変わりを感じました。本日の最高峰の大マテイ山(1,409m)の名前の由来は広い尾根道で迷う事があるのでマヨイからという事をCLが説明してくれました。CLの念入りな下見や下調べのおかげで気持良いハイキングが出来ました。ありがとうございました。この時期の山歩きが一番好きかもしれません。      

 

金時山~明神ヶ岳            11月14日(土) 快晴 

<参加者> 8名

<コースタイム> 金時神社登山口8:53→公時宿り石9:17→金時山頂上10:17/10:30→矢倉峠11:11/11:35(昼食)→火打石岳12:47→明神が岳頂上13:48/14:06→宮城野分岐14:45/14:48→宮城野営業所前バス停16:08→強羅駅16:24

雲一つない青空。一年のうちでこれほどの快晴があろうかというお天気の中、箱根湯本からバスで仙石にて下車し金時神社登山口へ向かいました。今回はお試しの方2名を迎え、金時山を目指します。人気の山だけに登山客が多く、若い団体には道を譲り、やや急な登りを歩いて行きます。衣類調整を繰り返し、しまいには半袖シャツ1枚になりました。また紅葉がいいだけでなく、富士や金時山の眺めも素晴らしい。いつも賑やかなサブリーダーは眠いのか、この日は静かでした。

金時山から分岐まで引き返し、途中昼食を挟んで今度は明神ヶ岳を目指します。解説が遅れましたが、お試しにしては長いコースにもかかわらず、若い二人は余裕の足並みでリーダーに付いて行きます。そして下山。バスを待つも満員で乗車を断られたので、急遽、強羅駅に向かう。これが本日最大の難所。急な階段を昇って到着、小田原へ喉を潤しに向かいました。年内において、数少ない良い(天気)山行でした。                    

横尾山        11月15日(日) 晴れ 

<参加者> 8名

<コースタイム> 信州峠登山口(9:20)→カヤトの原(10:10)→横尾山山頂(10:40)→カヤトの原(11:10)(昼食20分)→信州峠登山口(12:20)

登山口となる信州峠のカラマツは既に葉を落とし冬の訪れを感じた。樹林帯の間から、青空と遠くの山々を望みながら、ゆるやかな傾斜を中々のスピードで登る。しばらく歩くと、先頭を歩くN氏に「はやーい」の声が上がり少しはペースが落ちたもののやっぱり早い。少しの急登を頑張ると広大なカヤトの原が飛び出した。素晴らしい展望で進行方向に八ヶ岳、左手に南アルプス、遠く富士山、振向くと金峰山や瑞牆山、そして右手には昨年登った男山・天狗山が近くに見え360度の大パノラマ。帰りはここで昼食を予定しているので、少しだけ展望を楽しみ山頂へ向かう。山頂はあまり広くなく、展望も先ほどのカヤトの原の方が優れていた。昼食をカヤトの原で、余裕のコースタイムなので、リーダーが休憩時間30分にしてくれたのに、食べ終わると行動が始まってしまい早々12時半には下山。来年はカヤトの原で鍋でもいかがでしょうか?ガイド本によると、「西日に金峰山や瑞牆山が照らされる時間にでもなれば、またみごとなフィナーレで、さらに山好きが高じてしまう」そうです。