2022年4月_山行の感想

       大山阿夫利神社「夏越の祓」茅の輪くぐり

            

簑山(587m花見)~聖神社:関東ふれあいの道 4月2日(土)晴れ

<参加者> 5名

<コースタイム>親鼻駅9:50 → 萬福寺10:10-20 →見晴園地11:20→簑山(美の山公園)11:40-12:20(昼食) → 和銅遺跡13:05 → 聖神社13:10→ 和銅黒谷駅13:20

D:\横浜ハイキングクラブ\YHC2022年 山行計画書\220102 「簑山写真」\美濃山写真、報告用\1. 萬福寺近くの桜 P1090222.JPGD:\横浜ハイキングクラブ\YHC2022年 山行計画書\220102 「簑山写真」\美濃山写真、報告用\2. 簑山(美の山公園頂上) P1090229.JPG

8000本の満開の桜を見る計画であったが、3月に気温があまり上がらず桜の開花が遅れ、花見予報では美の山公園の桜はまだ蕾との情報であった。簑山登山口の親鼻駅で降りると、予想に反し満開の桜に出迎えられた。空は晴れ渡り、絶好の登山日和であった。簑山での桜を楽しみに、弘法大師ゆかりの萬福寺に立ち寄り、関東ふれあいの道を新緑に包まれ登り続けた。登り始めは咲いている桜もあった。簑山(美の山公園)山頂南面では5分咲以上の桜も有ったが、大多数は咲き始め程度であった。頂上大展望台では360度の絶景を楽しめる。南西方面では武甲山・両神山等の秩父山地が広がっていた。和銅黒谷方面に下山し、和同改元・和同開珎(日本最初の流通貨幣)の銅鉱石発見の地、銭神様と呼ばれる金運上昇の聖神社に立ち寄り、簑山の満開の桜は次回の楽しみとした。

三浦アルプス  4月2日(土)  曇り時々晴れ

<参加者> 11名

<コースタイム> 京急逗子葉山(10:00)→阿部倉山(11:00)→二子山(下)(11:30)→二子山(上)→12:00 昼食12:20→乳頭山(13:30)→畠山(14:30)→按針塚駅(16:00)

逗子葉山駅に10時集合。日常の出勤時間とほぼ同じころに家を出るため、何となく山行モードにならない。緊張感がないというか、何となく変である。歩きながら話していると、どうやら皆さんも同じようなことを思っておられたようだ。明るすぎて家を出るのが気恥ずかしかったとか、通勤客で電車が混んでいたとか何やかや。今までに逆ルートで歩いたことはあったが、逗子葉山~按針塚へのコースは初体験だった。三浦アルプスは低山ながら細かな分岐が多くて、私にとっては一人で行くのは心配な山だ。また春らしく花々がとても綺麗だった。特に塚原公園の桜とつつじは素晴らしかった。

鎌倉・吉沢川  4月3日(日)  雨

<参加者> 11名

<コースタイム> 07:55鎌倉駅=08:08/08:35十二所神社バス停-10:34/10:48天園-12:52/13:00天台山-14:45鎌倉宮

3月に入会し初山行に参加させていただきました。前日までの天気とはうって変わって小雨となり肌寒い中での初級読図講習です。スタート時点で地図読みの基本を教授いただき早速出発。鎌倉でお花見という参加前の気分は直後に泡と消え早速《藪漕ぎ》を体験。足元が悪い事もありここは鎌倉?と思えるようなアドベンチャー感のあふれる道無き道&川を、分岐ポイントごとに地形や送電線からの整地~コンパスを使った進行方向の確認などを学びながら進んでいきます。一度で覚えられるわけも無く、地図・コンパスの持ち方や合わせ方など繰り返し教えていただきながら、先頭の番では道を間違えたり、空を気にしながら歩きぬかるみで尻もちをついたりと方向音痴な自分は『一人だと完全に迷子だなぁ…』なんて思いながら、《バリエーションルートでの読図講習》で地図読みの知識習得の一歩を踏み出す事ができました。雨の為にロープ張りで安全確保していただいたり、コース変更を余儀なくされたりと予定外の事もあったかと思いますが、各チームが経験できるようにと進行に配慮しながら講習いただき有難うございました!楽しく学び多き山行でした。次回の読図講習に繋げたいと思います。

御岳山~日の出山  4月3日(日)  曇りのち雨

<参加者> 7名

<コースタイム>古里駅(9:45)→御岳山登山口(9:55)→大塚山(11:52) →御岳(12:50)→御嶽神社(12:57)→御岳山ケーブル駅(13:41)→御岳山バス停(14:10)→御嶽駅

前日までの天気予報は晴れ、古里駅に集合時は小雨の空に、このまま夕方まで改善の兆はなく、暫らくすると本降りへ・・・レインウェアを着て歩き出す。これも経験と前向きにとらえても、さすがにこの雨は・・辛い。リーダーは我々の安全を考えて途中で中止の(最短ルートでエスケープ)判断をいただき感謝、御嶽神社で集合写真を撮り御岳ビジターセンターでトイレ借用とレインウェアの着替え、我々を温かく迎えてくれた職員さんの「神対応」に心は晴らすことが出来て帰路へ。初リーダーは最初から難しい判断を迫られて・・しかし、適切な状況判断でした。これからも沢山のリーダーをお願いします。

日向山 4月5日(火) 晴れ

<参加者> 5名

<コースタイム> 伊勢原8:50発 バス⇒日向薬師バス停9:15着,登山開始9:20→日向薬師

9:30→日向山10:05→七沢温泉入り口11:00→順礼峠11:35 昼食→白山13:25→飯山観音14:00→飯山観音バス停14:20 バス発14:46⇒ 本厚木駅15:15

桜満開の日向薬師から飯山観音への山行であった。前日までの今年最後の氷雨も朝までには上がり春らしい日和となった。日向薬師から日向山、巡礼峠、白山とアップダウンが続く里山を進み、最後飯山観音に向かう女坂を下った。山桜は花と一緒に葉も咲くが、ソメイヨシノに近い種は花だけを満開に咲かせ、青空の下、素晴らしいコントラストであった。この道は関東ふれあいの道、総延長1,799kmの自然歩道の一部であり東京都八王子市高尾山麓にある国道20号沿いの「梅の木平」を起終点に、関東地方の東京都、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、神奈川県の順に1周している。YHCクラブでも茨城、千葉の道を歩いており、標識もあり歴史多い道である。少し歴史を楽しむことが出来るのもこの道の良い所である。桜満開の下、歓談をする雰囲気はまだ無く、元に戻るにはもう暫くは必要であろう。代わりに本厚木に寄ったのも良かった。

両崖山・行道山(足利アルプス) 4月9日(土)  晴れ

<参加者> 9名

<コースタイム> 足利駅(8:50)→織姫神社(9:25)→両崖山(10:05)→大岩山(11:45)417m昼食→行道山(12:20)→浄因寺(12:50)→両崖山(14:30)→天狗山(15:00)→常念寺(15:50)登山口→鑁阿寺(16:30)→足利駅(16:40)

少し前には雪山便りが聞かれていたのに、まるで夏の低山のように暑い中をメンバーは足利駅で集合して出発。登山口の織姫神社は大変な歴史を持つ神社でこんな何気ないところにも日本の古い歴史を感じることができた。登山道は明確で迷うところはなく他にも沢山のハイカーが歩いている。眺望は部分的には良く、連なる名も知らぬ山々に日本が山国であることを再確認する。しかし低山と思って油断していたメンバーはエンドレスのようなアップダウンの連続と暑さで徐々に体力を削られ、思いのほか苦戦することになった。下山後は公園として復元された城跡や足利源氏の菩提寺(鑁阿寺・ばんなじ)にも立ち寄りこの地の歴史も学ぶことができた。丁寧に下調べしてくれたリーダー、暑い中でも楽しく盛り上げてくれた参加者の皆様ありがとうございました。

蕨 山 4月10日(日) 晴れ

<参加者> 5名

<コースタイム>名郷バス停9:05・・・林道終点9:20・・・蕨山展望台10:55~11:25(昼食)・・・大ヨケの頭12:15~12:20・・・さわらびの湯13:25

蕨山は奥武蔵にある標高1,044mの山。1,000mを少し超える程度だが、ガイドブックには急登が続くと書かれている。山里に散在する満開の桜、芽吹き始めた山々の新緑を楽しみながら登山口の名郷にバスは到着。林道を15分程進むと標高差500mの急登が始まる。黙々と登り続け展望が開けたところで小休止をとった。頂上までの行程の3分の2位は過ぎたのではないかと思って確認すると未だ半分にも達していない。ここ数か月軽い山歩きしかしておらず、体力が落ちていることを実感したが、同行のメンバーは皆さん余裕たっぷりの様子だった。休憩後も続く急登を何とか登り切り蕨山展望台に到着、奥武蔵の山々を眺めながら昼食休憩をとる。さわらびの湯に向かうルートはやや長いが歩きやすい道でアカヤシオ、ミツバツツジ、馬酔木などの花を愛でながら降り、下山後は飯能で楽しい反省会となった。


好天にも恵まれ、早春の奥武蔵の静かな山行を楽しい仲間と過ごせた素晴らしい一日だった。

梅の木尾根893m読図講習  4月10日(日)  晴れ

<参加者> 13名

<コースタイム> 広沢寺温泉バス停(8:15)→不動尻(10:04)→唐沢峠(11:23/12:28)→矢草ノ頭(12:44/13:03)→鍵掛(13:25/14:01)→二ノ沢ノ頭(14:31/14:43)→第二ベンチ(14:50)→日向山登山口(16:40)→日向薬師バス停(16:52)

朝から日差しが高く、半袖で丁度よい。4月とは思えない気温からの出発。広沢寺温泉バス停で地図が配られ、今日のコースを確認する。準備体操と宿題の確認、整地の方法を学習した。三角形に書かれた用紙をもとに整地する。ここからアスファルトの上り坂を1時間20分歩く。地図を見ながら、川の場所や堰の様子を見る。迫ってくる尾根も、自分の場所も地図上で確認する。これから急な山道だったがそこにトンネルが通っていた。トンネルは急な山道を一直線にくりぬいて平らな道が続く。ありがたい。そこは涼しい風が吹き抜け、心地よい一瞬だった。ようやく不動尻に付き、ここから山道に入る。CLが400Mを80分で登るという、ストックを出し山道を歩き始めた。不動尻からつづら折りの尾根道を上がっていく。ひたすら登ると80分で唐沢峠に出た。お昼を食べた後、ロープワークと三角巾の講習。ボウリング・ノットの結び方と足と腕の固定を三角巾で学ぶ。また、整地してスタート。今回の最高地点893Mの地点からバリエーションルートへと進んでいく。少し行くと、「ここはどこでしょう?」とリーダーから質問。地図には①~⑥まで地点が書かれていた。いろいろな方から③とか⑤とか地点が出されたが、私は④だと確信していた。当たっていた!そこでは、山座同定をした。そこからのリーダー交代。私たちの番で、道を見つけなければならない。道の続きに磁石を当てると変になる?ううん。磁石で整地するとそこの場所から一見崖のように見える場所に道が現れた。「こっちだと思う」と言うと当たっていた。400Mの地点で3回目の講習のカラビナとロープを使い、救助の仕方を教えていただく。日向薬師まで下りて、本日の講習は終わった。ロープも三角巾も教えていただくとできるけど一人ではできなくなる、何度も参加してできるようになっていきたい。

鎌倉アルプス  4月17日(日)  くもり一時雨

<参加者> 8名

<コースタイム> 港南台駅(8:30)→いっしんどう広場(9:23)→円海山(9:26)→大丸山(11:00)→横浜自然観察の森(11:27)昼食(11:59)→天園(12:36)→大平山(12:46)→永福寺跡(13:59)→鶴岡八幡宮(14:42)

曇り空の下、港南台駅からSLを先頭に歩き始めました。なんとSLは、鎌倉アルプスを110回も歩かれているとのこと!鎌倉アルプスには、いろいろなルートがありますが、熟知しておられるSLは迷うことなく先へ進みます。予定より早く雨が降り出し、1時間ほど傘をさしながら歩きましたが、横浜市の最高峰・大丸山に着くころには晴れ間も。鳥のさえずりを聞きながら静かな新緑の山歩きを楽しみました。鎌倉市最高地点・大平山を過ぎてから、SLの案内でルートを外れ、やぐら群(中世の墳墓)を見学。首から上がないのにびっくり。永福寺跡、源頼朝の墓、鎌倉宮、鶴岡八幡宮と史跡をめぐり、最後はCLお気に入りのコーヒーショップへ。有田焼のコーヒーカップ(源右衛門窯)でおいしいコーヒーをいただきました。これまた10回はこのコースを歩いているというCLは、わざわざ遠回りしてたくさん歩けるコースを考えてくださったようです。山あり、史跡あり、コーヒーのおまけつきの、なかなか歩きごたえのある山行でした。また違うルートで歩いてみたいです。

マップ

自動的に生成された説明胃液に屋外, 草, 道, 火 が含まれている画像

自動的に生成された説明

赤城山  4月24日(日)  曇

<参加者> 4名

<コースタイム> 大洞バス停9:55・・・黒桧山登山口10:15・・・(休憩5分、2回)・・・黒桧山11:45~12:05(昼食)・・・駒ヶ岳12:45~12:55・・・赤城山ビジターセンター13:35   覚満淵散策 タクシー14:15発

久しぶりの遠距離山行であった。前橋駅からバスに乗り約1時間で赤城山のバス停に着いた。途中は桜や街路樹が満開であったが、高度が上がるにつれて周囲の景色は春から冬の終りへと変化して行った。湖畔周辺はまだ観光地の様相は無く、登山者の車が駐車場を占めていた。山はまだ道端に残雪が見られたが、石の多い山道を良い汗をかきながら登った。途中、眼下に湖を見ることが出来たが、1800mの黒桧山頂上は視界は望めなかった。その後、駒ケ岳を越えて木製の階段の多い道を下った。天気が良ければ空気が澄んだこの時期、良い景色を望めたが次の機会に期待したい。

明神・明星岳 観察山行  4月29日(金・祝)曇り→雨

<参加者> 2名

<コースタイム>宮城野バス停8:30→9:30車道横断(道標)→10:12稜線分岐→矢佐芝分岐・摂政宮登山記念碑10:47→11:00明神頂上・観察11:20→道了尊分岐→12:07稜線分岐→13:20宮城野バス停

本年1月に自然保護部企画の当山行が、コロナ規制期間の延長→雨天順延と続き、今回個人山行で偵察し確認。午後2時頃から小雨が降ると強気予想したが、12時過ぎから生憎微かに降り始め、明星岳への山行は即中止。別荘分譲地(車道横断部)まで下った時点で雨あしが強くなり、苦闘1時間何とか宮城野バス停に到着できた。今年の雨との遭遇・不運はこれで尽きて、これからは好天に恵まれる山行を期待したいものだ。登りの登山道は乾いていたが、雨水流れ込みに因る枯葉の堆積、階段土の抉れ、階段丸太の崩壊等を散見、最近の線状降水帯型の降雨現象の影響であろうか?「それでも公有地部分は手入れされている?」と二人で推測。

D:\明神岳観察山行 21MB\IMG_0871.jpgD:\明神岳観察山行 21MB\IMG_0910.jpgD:\明神岳観察山行 21MB\IMG_0901.jpg
町中のルート目印(石垣が特徴) 摂政宮(昭和天皇)登山記念碑  外輪縦走稜線上の分岐

最終目的の頂上手前の分岐で、数メートルの深さで地層全体が、大規模流出した様子を確認した。又、頂上標手前でも広範囲に深く流出し、浅い部分でも黒い表土(火山灰?)の大規模流出結果を目の当りにし、4年程前の記憶にある景観との変容に本当に唖然とする。降雨が引き起こす自然破壊の大きさ・要因を改めて考え直したい。

D:\明神岳観察山行 21MB\IMG_0920.jpgD:\明神岳観察山行 21MB\IMG_0917.jpg
頂上手前の分岐道標付近(表土下数メートル深さで地層全体が、大規模に南側斜面に流出した様子)

D:\明神岳観察山行 21MB\IMG_0956.jpgD:\明神岳観察山行 21MB\IMG_0955.jpgD:\明神岳観察山行 21MB\IMG_0954.jpg
頂上の全体遠望(手前半分も数メートル深さで流出。頂上標の周辺表土も流出、赤土が剝き出し)

この山域の荒れをこれ以上進行させない事、丹沢の三ノ塔、塔ノ岳山頂の様に、大石を敷いて舗装するような姿は避けて欲しいと思う。あと少し緩和できればこれ程までにならないとしたら、私達個人ハイカーや行政サイドは何をしておけば良かったのか?との思いが高ぶる。この痛ましい景観のそこかしこを観察・記憶し、教訓・知恵を引き出したいと感じた次第。

ヤビツ峠~塔ノ岳   4月30日(土)  晴れ

<参加者> 4名

<コースタイム> ヤビツ峠(8:40)→三ノ塔(10:05)→新大日(11:40)→塔ノ岳(12:20)昼食休憩(12:50)→堀山の家(14:00)→大倉バス停(15:30)

3年ぶりのコロナ自粛規制のない5月連休、行列の表尾根を歩き始めました。富士山を眺めながら表尾根を歩けると期待しましたが残念。高度を上げるに従い、芽吹きが小さくなり新緑がキレイでした。塔ノ岳近くになるとマメザクラが満開でした。山頂で昼食を取っていると、上着を着ていても寒い。SLの足取り軽く下山。私は途中で足が攣りましたが、芍薬甘草湯を飲んで回復し無事下山することができてほっとしました。リーダーの駄洒落を沢山聞いて楽しい1日でした。

2022年2月_山行の感想

            <信州飯山にて 残雪の山と千曲川>

陣馬山~景信山~高尾山        2月5日(土) 晴れのち曇り 

<参加者> 9名

<コースタイム> 陣馬高原下バス停8:21→8:42登山口→10:01陣馬山→10:44明王峠→12:00景信山(昼食)12:34→13:27小仏城山→14:37高尾山→15:54高尾山口駅

名前はよく聞くけれど何故かこれまで縁がなかった陣馬、景信、高尾の三座を一気に縦走するコース、とわくわく気分で参加したこの日。まずは結構な急登。ここを1時間ほど頑張ればあとは割に緩やかな下りが多い、と聞いていたので頑張って登ります。斜面に林立する杉の根っこが地面にむき出しで、いい感じの段々ができていました。杉ちゃんごめんね、と思いながら踏みつけて行きます。登りでは健脚、いや、飛脚組が本領発揮。後でバテないように呼吸とリズムを一定にすることに集中し、それなりについていきました。そして陣馬山到着。

C:\Users\Yumiko\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Outlook\3MFPD2YG\DSC_0790.JPG 山頂は開けて富士山も望め、青空をバックに見上げたお馬はシュッとしていました。そこから景信山へ。稜線は穏やかな散歩コースで話も弾みます。トレランの練習場らしく何組ものランナーに追い越されました。「水源かん養 保安林」の立札がいくつも立ち、都民を水で支える山でもあることを知りました。それにしても土埃がすごい。地面はぱさぱさ。

景信山に着いてお昼。日が陰って寒さが沁みてきました。この日は厳しい週末寒波の予報が出ていたのです。手がかじかんでザックのホックがなかなか外れません。みんなも「寒い」を連発。都内のビル群もよく見えるほど空気は澄んでいましたが、曇り空の冷気は堪えました。

さらに進み、交通情報でよく聞く小仏峠を越えます。ベテランMさんに山々の名前を教えていただき、家からいつも見る大山の裏側の眺めに感激。丹沢山は雪をかぶって何だか北アルプスみたいな雰囲気でした。城山、稲荷山と越え、高尾山に到着。ここでご褒美が。

実は、前週行った南高尾山稜でその時のSLの方から「天狗焼き」のことを聞き、ぜひ食べたいと出発前にリクエストしておいたのです。優しいCLとSLは、数ある高尾のコースの中からお店に寄る道を選んでくださいました。高尾山ケーブルカー駅前のお店はいつも長蛇の列だそうですが、この日はガラガラ。みんなで頬張った天狗焼きは黒豆のあんこで極上の美味。談笑を楽しみ達成感も得られた縦走をしめくくる最高のご褒美でした。CL、SL始めご同行の皆さま、ありがとうございました。 

高尾山名物の天狗焼き

                                  

C:\Users\Yumiko\Pictures\DSC_0811 (2).JPG C:\Users\Yumiko\Downloads\高尾山1 (2).jpg      

鍋割山                 2月12日(土)  晴れ 

<参加者> 6名

<コースタイム> 寄(8:30)→櫟山(10:00)→栗ノ木洞(10:30)→後沢乗越(11:00)→鍋割山(12:15)昼食(13:00)→二俣分岐(13:25)→二俣(15:00)→大倉(16:45)

山行二日前には関東地方に大雪注意報が発令されていました。当日は晴天で風もなく、とても穏やかで春を感じさせるような天候でした。鍋割山登山道入口までの道は、蠟梅祭りで有名な松田町ロウバイ園がありました。最盛期は過ぎていましたが、まだまだたくさんきれいな蠟梅が咲いており、とても甘くいい香りがしていました。登山道はセピア色で空の青とは対照的。右側に鍋割山を見ながら九十九折の道を歩き、どんどん標高を上げていきました。そして後沢乗越からは、第一段~第四段と急登~平坦、急登~平坦を繰り返しながら山頂を目指しました。途中から雪の量も多くなりアイゼンを着けて登りました。山頂に到着すると一面雪の世界でした。私はこの日の為に用意していた鍋焼きうどんをバーナーで温め、フーフーしながら食べたおかげで身体が温まりました。山頂からは真っ白な富士山が見えました。雪の量としては二股分岐までの間が30~40cm位ありもふもふの雪山を楽しむことができたと思います。その後は二俣まで下りが続き、二俣から大倉までの林道もかなり長く感じました。久しぶりに長い距離を歩き、雪山を楽しむこともできました。

CLはじめご一緒したメンバーの皆さんありがとうございました。

曽我丘陵山         2月16日(水)  晴れ 

<参加者> 7名

<コースタイム> 国府津(9:00)→西山農道(9:45)→六本松跡(10:45)→不動山(11:20)→いこいの村(12:00)→上大井駅(14:20)

国府津駅より農道の坂道を登り40分ほど歩くと富士山の眺めの良いみかん園の丘に着いた。“みかん10個100円”と道端に看板あり「わあー、安い」とガヤガヤやっていたら畑の奥から農園主らしき老人が出てきて「こんなに朝早くよく来てくれた、どこから来たのか」云々、話をするうちに「5割増しで15個100円でいいよ」さらに話が進むうちに「袋に詰め放題でいいよ、丘の上に眺めのいいベンチが(畑の中に)あるから休んでいったら」。みかんを味わいながら休んでいると遂に「食べ放題でいいよ」と大サービス。地域の観光振興に熱心な大曾根一郎さん(74歳)であった。同日の神奈川新聞に声が載っているから是非読んでくださいとおっしゃる。帰宅し新聞に目を通すと読者のページに声が載っていました。大曾根さん、みかんありがとう。

木の枝の上にいる子供たち

低い精度で自動的に生成された説明 公園のベンチに座る人々

中程度の精度で自動的に生成された説明 テーブルの上にあるいろんな果物

中程度の精度で自動的に生成された説明

 このような思わぬ出会いがあり、みかんが沢山入った重たいリュックを1日背負って歩いた山行でした。蝋梅、梅、早咲きの桜、水仙の香りも心地良く。みかんは甘くて、とてもおいしかった!  

                 

荒崎潮騒の道と三浦河津桜           2月18日(金)快晴 

<参加者> 10名

<コースタイム> 荒崎バス停9:40→荒崎公園(夕日の丘・城山展望台)9:45→潮騒の道(どんどんびき・十文字洞窟・弁天島・お仙が鼻・栗谷浜漁港・佃嵐崎)10:40→ソレイユの丘(昼食・買物)12:00→和田長浜海岸13:15→黒崎の鼻14:00→小松ヶ池(河津桜&菜の花)15:10→三浦海岸駅15:30

2月とは思えないぽかぽか陽気の中、荒崎バス停を降りるとすぐ碧い海の向こうに真っ白い富士山!右手に富士山を見ながら心地良い海風を感じながらゴツゴツした岩場を歩き、浸食による奇岩や洞窟、断層に圧倒され、潮だまりではイソギンチャクに触れ説明してくれるCLを尊敬!(イソギンチャク触れません)

ソレイユの丘に上がり鳶に襲われそうになりながら昼食。満開の菜の花と富士山をバックに記念撮影。海岸線に戻りキラキラ光る相模湾と富士山を眺めながら和田長浜海岸から黒崎の鼻に到着。(絶景!)富士山を背に広い大根・キャベツ畑の中を三浦海岸駅へ。河津桜は可愛いピンクの蕾が膨らんで3分咲き!コロナを忘れる本当に楽しい清々しい海岸歩きでした。

トンネルになっている海蝕洞をくぐる

幕山(626m)~南郷山、幕山公園梅見  2月19日(土) 曇一時晴れ

<参加者> 6名 

<コースタイム>幕山公園梅見9:00-35 → 幕山10:50-11:15(昼食) → 自鑑水(頼朝伝承)11:40 → 南郷山12:20 → 幕山 → 幕山公園14:30

1.幕山公園梅まつり  2.幕山山頂にて   3.幕山公園の紅梅・白梅

D:\横浜ハイキングクラブ\YHC2021年山行計画書\220219 「幕山」写真\P1090063-1.jpg D:\横浜ハイキングクラブ\YHC2021年山行計画書\220219 「幕山」写真\P1090077.JPG D:\横浜ハイキングクラブ\YHC2021年山行計画書\220219 「幕山」写真\P1090085.JPG

午前中は曇り、午後は雨の予報であったが、メンバーに恵まれたせいか、薄曇りで昼前後は晴れ間に恵まれる梅見登山日和であった。最近の気温低下と雪の影響で梅の開花が遅れ、五分咲きから七分咲きだったが、春の間近さを感じる美しさであった。幕山頂上で早めの昼食タイムとした。晴れ間に恵まれ、真鶴半島・天城連山・箱根・丹沢の遠望を楽しめた。自鑑水ではNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で石橋山での頼朝の敗残場面が報じられた直後でもあり、頼朝を含む敗残兵の気持ちで歴史に浸る事ができた。南郷山方面から下山し、「ゆとろ嵯峨沢の湯」で汗を流す予定だったが、コロナ感染を避けて幕山公園に戻り、梅の香りを楽しんでから帰路に就いた。

2022年1月_山行の感想

                    

 

葉山里山 峯山&三ヶ岡山   1月12日(水) 

〈参加者〉 6名

〈コースタイム〉 JR逗子駅8:45=9:04水源地バス亭9:10→梅の古木9:24~峯山尾根9:46→10:08牧場跡→11:00葉山公園(軽食30分)~臨郷橋~11:48御用邸裏~旧役場前バス亭11:55~12:21三ヶ岡山12:35~13:00熊野神社(行動時間 4時間)

葉山の里山を歩いて来ました。前日雨が降っていたので道は泥濘んでいるかと思いましたが、影響がなく快適に歩けました。尾根に出たら、前日の雨により空気が澄んでいて相模湾や富士山、伊豆半島、箱根の山々、丹沢、その向こうには雪を頂いた山々が見えました。景色の良い素敵なコースでした。最後においしい魚料理を食べました。 

 

広町緑地と江の島イルミネーション  1月18日(火) 

<参加者> 6名

<コースタイム> 腰越駅(11:00)→しらすや(昼食)→広町緑地(12:30)→七里ガ浜(14:45)→小動神社(15:10)→腰越漁港(15:35)→サミュエルコッキング苑(16:35)→解散(18:00)

広町緑地は住民に愛され大切に守られている里山で、富士山の展望が見事!桜の大木にも圧倒された。樹木オリエンテーリングなるものがあり、あれこれ楽しく周遊した。桜の頃、蛍舞う頃にもまた訪れてみたい近場の超穴場スポットだった。

江の島シーキャンドルから見る夕暮れは感動的!茜色の空に富士山のシルエットが美しく浮かび上がり、見る見るうちに太陽は姿を消した。一気に冷えるので、誰だか判別がつかない程ありったけを着こみカウントダウンを待った。「3・.2・.1」イルミネーションが一斉に点灯し、江の島は夢の国のような別世界になった。そして夜空には綺麗な満月が(今年初めての満月「ウルフムーン」)。人工的な美しさと自然の美しさのコラボはとても幻想的で、しばしの間酔いしれた。 

 

南高尾山稜   1月22(土) 

<参加者> 18名

<コースタイム> 大垂水(11:00)→中沢峠(11:40)→西山峠(12:30)→三沢峠(13:10)→草戸峠(14:00)→京王高尾駅分岐(15:00)→JR高尾駅(15:50)

当日は素晴らしい晴天。10時45分八王子駅という集合にも納得。バス便や参加人数、リーダーのいろいろなご配慮で無事に「発見!陽だまりハイク」を楽しみました。18名、3グループに分かれての行動でした。感想文は実にジャンケンですごい確率を当てました。信じられます?二人で負けたのです。今年は運がついている?いない?感想文なので自由に書いていますけれど。勝った人が感想文だと気持ち、いい、かも。

私はAグループ(私称ウサギさんチーム)で自由気ままに歩いた感じ。ハート形の落ち葉、柏の落ち葉、地面がないかのような見事な冬枯れでした。途中、相模湖と富士山の図は、絵になるかな。お休み処よろしく、ザックかけ、カフェ風ベンチ、竜のベンチ、にも興味が惹かれました。スマホ台もみつけたのに!(集合写真なし)次回はセルフタイマー使えるといいなあ。皆々様、大変お世話になりました。

森の中にいる人たち

自動的に生成された説明

屋外, 動物, 爬虫類, 男 が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

大山三峰   1月29日(土) 

<参加者> 10名

<コースタイム> 煤ケ谷(7:30)→物見峠(9:20)→三峰山(11:00)→七沢山(11:15)昼食(11:30)→唐沢峠(12:30)→大山(13:45)休憩(:10)→ヤビツ峠(15:10)

本厚木駅バス停6時40分に集合、6時55分のバスにて出発。7時半頃、登山開始。まずは、物見峠を目指すが、そこまでが結構長い。天気は決していいとは言えないが、無心になって歩いていると気持ちがいい。次に、大山三峰を目指す。途中目の前を斜めにはっきり線を描いて、流れていくものが見えた。始めは錯覚かと思ったが、やけに冷たい!!霙だ。流れる霙を突っ切るようにしてしばし歩くと、次は小さな小さな雪が舞い降りてきた。枯れ木の中を雪が舞い、これもいいもんだなと思いつつ、三峰に到着。小休憩の後少し歩き七沢山にて昼食。その後大山に向かうが、山頂の鉄塔がずいぶん遠くに見えた。あんなに遠くまで!と思いつつ歩を進めていくとだんだん角度が変わり大山が近づいてきた。最後の登りはきつく道もぬかるんでいて歩きづらいがやっと登頂した。あとは、ヤビツへ降りるのみ。

リーダーをはじめ、先頭を歩いてくださったSLさんのいいペースでなんとか脱落せずに登りきることができました。感謝です。

           

2021年11月_山行の感想

                

雁ケ腹摺山             10月31日(日)  雨のち曇り 

<参加者> 11名

<コースタイム> 大月駅(7:50)タクシー利用→大峠(8:40)→雁ケ腹摺山(9:35)姥子山(11:00)→百閒干場(12:35)→金山峠(12:45)→セーメーバン(14:15)→さくら沢峠(14:55)→森屋荘(15:21)遅能戸バス停(15:45)

 天気予報は曇りのち雨、大月駅に集合時は予報通りの曇り空に、このまま夕方まで持ってくれればと願いもむなしく、大峠から歩き出して暫らくすると雨・・・雁ケ腹摺山の頂上でレインウェアを着て歩き出す。姥子山~大垈山~セーメーバンとアップタウンの道の長いこと、長いこと・・長いこと・・何で三回も言ったのか?(どうしても伝えたかったので・・(笑))ロングコースでした。

休日は大月駅へのバス本数が少なく、タクシーを手配していただき無事に駅で解散。リーダーは我々の安全を考えて2度も下見に行っていただき、感謝・感謝。気が付けは金山峠あたりから雨は止んでいて心地よい山行でした。              

C:\Users\002586\Pictures\3_large.jpg C:\Users\002586\Pictures\53_large.jpg

伊豆ヶ岳                11月6日(土)  晴れ

<参加者> 6名

<コースタイム>

 正丸駅(8:51)→正丸峠分岐(9:15)→五輪山(10:28)→伊豆ヶ岳(10:46/11:24)→古御岳(11:35/12:09)→高畑山(12:35)→中ノ沢ノ頭(13:08)天目指峠(13:34)→子ノ権現天龍寺(14:54)→西吾野駅(16:24)

 秋晴れの気持の良い空気の中、奥武蔵と秩父の境に位置する伊豆ヶ岳へ行ってきました。この山行は、累積標高差が1000m以上あり、距離も長かったので、参加を迷っていましたが、三頭山山行でもご一緒したCLが、三頭山に登れたんだから大丈夫だよと、優しい笑顔で言って下さり参加させて頂くことにしました。8:30に正丸駅に集合し、準備を整え出発。駅から舗装路を20分程行くと、そこから山道が始まりました。正丸峠分岐まで登り続きでしたが、ずっと沢のせせらぎの音と共に、良い気分で歩けました。今回、正丸峠には向かいませんでしたが、正丸峠の名前の由来は、その昔、足腰の弱った母を背負って、足腰の病に霊験があるといわれている子ノ権現まで峠を越えて行ったという孝行息子「正丸」にちなんで名付けられたそうです。

分岐から、五輪山から伊豆ヶ岳へ。伊豆ヶ岳山頂手前には、男坂ルートと女坂ルートがあり、男坂は、鎖もある結構な岩場だと聞き、50肩の私は怯んでしまいましたが、2名の方は、果敢に登って行かれました。次回こそは、私もチャレンジしようと思います。そして、本日の最高標高地点851mの伊豆ヶ岳山頂で休息し、下って登って古御岳でも休息しつつ、子ノ権現天龍寺を目指します。そこまでは、後は下るだけ…と思っていたら、あと一か所くらい登りがあるよと、またまたCLの優しい笑顔。この時点で、だいぶへとへとになっていましたが、後ひと踏ん張りだ!と、高畑山へ。ところが、また下っていると、登りが出現。あれ~?まだ登りがあったねぇと、またまたCLの優しい笑顔。これを繰り返すこと数回。CLの掌で転がしていただき、背中には母ではなく、お菓子と水しか背負っていないにも関わらず、やっとの思いで、子ノ権現天龍寺に到着。「正丸」の話が本当なら、おそるべし正丸の親孝行パワー。もっと足腰が強くなり、山に登れるようになりますようにとお参りし、背負っては来れませんでしたが、両親の足腰の健康も祈らせて頂きました。ここからは、本当にひたすら西吾野駅まで下り、無事、歩き通すことが出来ました。CLはじめ、ご同行の皆様、本当にありがとうございました。                                   

 

大山三峰山                     11月7日(日)曇り 

<参加者> 10名

<コースタイム>本厚木駅5バス停7:40~煤ケ谷バス停8:24~三峰山11:30~煤ケ谷バス停14:50

天気は前々日まで雨予報でしたが、前日に曇りになり決行しました。バスを降りて登山道に向います。入口に蛭除けスプレーが沢山置いてあり、蛭が多いようです。つまり鹿が沢山いるということですかね?登山道は植林された杉並木ですね。一山越えたでしょうか? 雑木林の広がる森に出ました。道端の葉っぱはツツジでしょうか? 楠・モミの木があります。ブナ・モミジが紅葉しています。丹沢いいですね!ツツジの咲く春にも来てみたいと思いました。どんどん進むと「無理をしないで引き返す勇気が必要です」という看板が出てきました。引き返したい気持ちになりましたが、山行が終わってしまうので進むことにしました。瘦せ尾根を通ります。展望が良かったので写真を撮りたかったのですが、ビビリのため足元しか見れず写真は撮れませんでした。

三峰山頂上につきましたが誰もいません。今日はメンバー以外誰にも会っていません。とっても静かでGoodです。鎖場を下って行きます。逆ルートなら鎖場の登りはちょっと辛いかもしれませんね。どんどん下っていくと川沿いに出ました。川を何回か渡るのですが、橋が一つ流されかけていて渡れず、石をぴょんぴょん飛んでクリアするオプションが付きました。全体的にいいコースだと思います。TDLより全然楽しいです。待ち時間もないし、今回は半日で体力的にも楽ですし、デートコースにも最適かなと思います。(これは個人的な感想で、感覚が人によって違うのか、過去に これはバツゲームですか?とか、凄いとこ連れて来られた!とか、お褒めの言葉を沢山頂いたことがあります)

屋外, 人, グループ, 民衆 が含まれている画像

自動的に生成された説明

笠丸山と帳付山           11/6・7日 (土、日)  晴れ

<参加者> 7名

<コースタイム>

1日目 笠丸山登山口(12:55)~笠丸山(13:50)~笠丸山登山口(15:20)2日目 天丸橋駐車場(6:50)~社壇乗越え(7:45)~馬道のコル(8:55)~帳付山(10:25)~馬道のコル(12:15)~社壇乗越え(13:20)~天丸橋駐車場(14:00)

詩 「紅葉」

あしもとの紅葉

みどり きいろ えんじ ちゃ しろ

えーとー もみじ かえで 朴葉

ん~なんの木だ?

いろんな人がいるように いろんな木もあるんだな

シャッシャッ ザッザッ(落ち葉を踏む音)ザー ズルッ(滑る音)

下山の歩く道のり

落ち葉の色や形 

虹のようにはっきりとした色の変化がとてもきれい

樹木の休眠前の大仕事 落葉

土壌の栄養

あと10日もすれば

落ち葉も積もって

晴れた日のフカフカの落ち葉の上で

昼寝をしたり ゴロゴロ転がってみたいと思った

真鶴潮騒トレイル              11月12日(金)  晴れ

<参加者> 6名

<コースタイム> 真鶴駅(08:40)→お林展望公園(09:52/10:12)→番場ヶ浦海岸(10:42)→琴ヶ浜(11:44)→貴船神社(12:04)→魚伝→福寿司→仁藤商店→真鶴駅(14:23)

 135号線を渡り、真鶴半島に足を踏み入れる。人もまばらな晩秋の荒井城址公園を抜けると住宅地が広がっている。枝道の多いその中を実際の景色と地形図を丁寧に付き合わせながら進む。CLが選んだ往路は半島の西側であり、家々の合間に初島や大島が見え隠れする。

 スタートから約一時間でお林展望公園に到着。きらきら光る海面の彼方に、太平洋からなだらかに立ち上がる伊豆半島が見える。先端は川奈の辺りか。大室山、天城山。視線を転じれば、初島と大島の間、利島、新島、式根島、神津島等が淡くかすんでいる。見上げれば、紺碧の空には飛行機雲。心躍る小春日和の山行はまだ始まったばかりだ。 魚つき保安林遊歩道に分け入ると、校外学習の高校生がいくつかのグループに分かれて歩いている。先生方が前もって木々に下げた、課題に取り組んでいるようだ。江戸時代に植えられたという松や原生林に覆われたこの半島は自然学習に最適なのだろう。学習は高校生に任せ、我々は番場ヶ浦海岸への道を下ってゆく。波の音が次第に大きくなる。半島南端の三ツ石は二見浦を思わせるが、こちらの岩はその名の通り三つ。初日の出を拝む名所だという。岩の間に張られたしめ縄越しに見る御来光はどんなにか美しいことだろう。半島の最高地点は、僅か96mの灯明山である。しかし、急峻な地形は急坂や階段が多く決して侮れない。

多くの文化人に愛された風光明媚な土地柄は好天の輝きを増し、波音を聞きながらの森林浴が心を満たす。しっかり歩いた後の空腹を満たす新鮮な地魚と土産に求めた絶品!うるめの一夜干し。五感を大満足させる一日であった。

*真鶴半島:15万年ほど前の箱根外輪山爆発の溶岩流でできた。長さ3kmほど。*魚付き保安林:(海に映る森の陰に魚が集まる習性を活かした漁業資源保護のための森林)に指定される原生林

加入道山・大室山              11月13日(土)  晴れ 

<参加者> 6名

<コースタイム> 西丹沢ビジターセンター(8:55)→ツツジ新道入口(9:03)→白石峠(11:36)→加入道山(12:04)→避難小屋(12:29)→大室山(13:47)→大杉丸(14:55)→犬越路(15:04)→ツツジ新道入口(16:45)→西丹沢ビジターセンター(16:50)

 新松田駅からバスで西丹沢ビジターセンターへ行きます。いつもなら1H位で行かれるところですが、事故渋滞の影響で予定より15分程遅れて到着しました。身支度を整えて出発です。今回の加入道山は渡渉を繰り返します。数年前の台風でほとんどの木橋が流されて機能していませんでした。白石峠に出るまでの登山道は山が崩れて荒れており、階段も流されているので道がわかりにくく、危険な箇所がいくつもありました。白石滝(大理石の滝)このあたりで大理石が取れていたことが名前の由来とか。メンバーのどなたかは、大きな大理石を見つけて持ち帰れたらいいねえと話していました。長い長い急こう配の道を進み高度を上げ、ようやく白石峠に到着です。水分補給し30分弱で加入道山に到着しました(1418m)昼食を済ませ、大室山への道は稜線歩きで木道が整備されており歩きやすかったです。雲も風もなく穏やかな青空の中、今まで歩いてきた道を振り返ると雄大な富士山がドカ~ンと見えて疲れも忘れてしまいます。そして大室山山頂(1587m)に到着です。大室山は山梨百名山になっているそうです。証拠写真を撮影し下山開始。犬越路を経て用木沢出合へ向かいます。登山道が崩落しているところがいくつもありロープはありましたが、慎重に歩かないと落ち葉やザレ場で滑り落ちそうでした。この季節は日暮れも早い為、自然と歩きも早くなります。約8時間のコースタイムで戻ってこられました。

山行の四日前、神奈川県で大雨がありました。沢が増水し渡渉できないのではと心配して、CLの長井さんは翌日ひとりでこのコースを歩き沢の状態を確認してくださったそうです。こんなに長いコースをたった一人で歩いてくださったと聞き、私はとても感動しました。CLのおかげ様で全員無事に山行を終えることができました。この場をお借りして感謝いたします。ありがとうございました。

倉岳山(読図+安全登山講習会)     11月14日(日)晴れ 

<参加者> 14名

<コースタイム>鳥沢駅(8:16)ルール説明、宿題回答、整地、ジオグラフィカ→貯水池ふもと コンパスを使用して進行方向を確認する勉強20分(10:05)→地形図の尾根の迫り方、尾根の傾斜を見て現在地を把握(10:20)→穴路峠(12:07)→倉岳山 昼食、ロープワーク、山座同定(12:45)→E地点 ツエルト設営(14:44)→ピーク644(15:54)→登山道合流(17:23)→鳥沢駅(18:06)

1月に入会したばかりだが、山のことをもっと知りたい(半分は妻の口車に乗って)という思いから、思い切って読図山行に参加した。コンパスの使い方、地図の読み方、ロープワーク、ツェルト設営と何もかもが初めてで不安であったが、CLの親切かつわかりやすい説明で何とか乗り切ることができた。

今までは「この道はいつまで続くのか」と思いながら歩いていたが、地図読みすることで自分の立ち位置や進むべき方向がわかり、安心して登山ができるということを学んだ。また、今回の山行では順番に先頭を歩くSL体験をしたが、14人という大所帯の歩行ペースを考えながら正しい道を探して歩くというSL体験はとても勉強になり、今後の自信につながった。山頂では富士山を見ながらロープワークや山座固定といったコンパスの使い方を学び、充実した時間を過ごすことができた。ツェルト設営後、下山はバリエーションルートを下ったが、途中で進むべき道を間違え、下った道を大分登り返すという体験をした。(これが大変きつかった。登り返しをせずとも下れば何とかなるのではないかと道迷いしてしまう人の気持ちが分かるような気がした。)

最後は日が暮れてきてしまい、ヘッドライトをつけ、ナイトウォーク(月や星が大きく輝き、とても綺麗だった!)まで体験することができた。山の危険を知り、数々の貴重な体験ができた山行であった。いろいろと親切に教えていただいたCL、SL、同行した皆様、ありがとうございました。 

滝子山               11月23日(火・祝)  晴れ 

<参加者> 5名

<コースタイム> 笹子駅(8:46)→道証地蔵(9:45)→三丈の滝→モチガ滝→途中で昼食(12:00~12:20)→滝子山(1620m)山頂(12:47)→檜平(13:20)→登山口(14:50)→藤沢集落(15:30)→初狩駅(15:52)

笹子駅で下車すると、少し肌寒いながら快晴の天気。登山口の道証地蔵までは1時間以上林道を歩き、道証地蔵から山道に入りました。前日までの雨にかかわらず水はけが良いと感じました。途中、衣類調整をしながら、三丈の滝などたくさんの滝がある変化に富んだコースを歩きました。紅葉も終わりに近いなりに美しく、木漏れ日や沢のせせらぎも晩秋を感じさせ、好い山行日和だなとしみじみ思いました。昼食は滝子山山頂なのかなと思っていたら、12時を過ぎていて空腹を訴える声もあり、山頂手前の手頃な平地でいただきました。少し歩くといよいよ山頂、滝子山は秀麗富嶽十二景にも選定されており、素晴らしい展望を楽しめます。残念ながら富士山は見えませんでしたが、最後の紅葉を誇る近傍の山々がそれなりに綺麗で、来ていた某旅行会社の添乗員さんに集合写真を撮ってもらい、すぐに下山を開始しました。下り道では寒さも和らぎ、スピードアップしながら紅葉を楽しみつつ下山しました。

過去の計画書を確認したところ、滝子山は9回目ですが、すべて通常コースでした。寂ショウ尾根コースを計画されたこともありましたが、当日が小雨だったり、前日が雨で湿っていたりすると危険なので、回避されたことが数回ありました。次回は是非、寂ショウ尾根に挑戦したいものです。CL、SL、参加者の皆さん、どうもありがとうございました。 

岩殿山                11月28日(日) 晴れ 

<参加者> 13名

<コースタイム>

畑倉登山口8:45→烽火台9:25→岩殿山山頂9:40→稚児落とし11:30→大月駅13:20

コロナの新規感染者も下火になってきて、中央線も登山者が多くなって来ているようであった。大月からのバスは他の登山の団体も乗り込み満員であった。バス停からの登りは秋晴れの中1時間程度で頂上に到着した。

森の中を歩いている人

自動的に生成された説明その後、上り下りを数回繰り返し、二度ほど鎖の岩場を登って昼食の場所に到着した。岩殿山は中央線から見える様に岩壁が鋭く立っており、昼食を取った尾根の頂上も同様で、景色は良いが少しスリルもあった。その後下りは枯葉と小さな砂利で敷き詰められた道を注意して下り、直接大月駅に向かった。秋晴れの中、気持ち良く一日を過ごすことが出来た。

 

秋季県連救助隊講習(丹沢戸沢作治小屋周辺)

11月27日(土)~28日(日) 晴れ

<参加者> 4名

<講習計画>27日 午前 救助の考え方・体位の変換・ファーストエイド

午後 包帯・テーピング・人工呼吸・心臓マッサージ

ポールを使った松葉 杖・ツエルト訓練・耐寒訓練

28日 午前 ロープワーク・カラビナを使った救助システム練習

         午後 斜面を使った実習

C:\Users\SHIGEO\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Word\IMG_8013.jpg C:\Users\SHIGEO\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Outlook\ACSY21CZ\IMG_7758 (002).JPG

土曜日朝8時20分に渋沢駅北口ロータリーに集合した4人は救助隊の皆様のご厚意で車に分乗し、講習会場の作治小屋に行きました。27日は県内の各山岳会から12名の参加者でした。講師は早川隊長で楽しく実践的な内容でした。「要救助者の前から声をかけて安心させる」「二次災害を起こさない」「体位の変換が大事で必ず頭を支える」「手持ちの衣類を首に巻き顎を載せる」等多くのことをわかりやすく教えてくれました。包帯は三種類ありそれぞれの用途が違うということも新鮮でした。盛りだくさんの内容で消化しきれていませんが、一度でも聞いておくと万一の時の対応力が違うと思いました。

夕方からは河原へ移動しツエルト訓練になりました。この後、今日だけ参加の二人は帰る方の車に乗せてもらって帰路につきました。この時、Kさんがテント泊の二人にくれた、「極熱ホッカイロ」はシュラフに霜が降りる極寒の夜を過ごした二人の命を救ってくれました。(YHC救助隊、Kさんありがとう!)

翌日は今日からの参加者が合流し16人の受講生・7人の救助隊メンバーで、ロープ・カラビナ・スリングを使って救助する仕組みを学びました。何度やってもロープの結び方や安全確保の仕組みが覚えきれず、自分の記憶メモリーは飽和状態になりました。それでも午後には斜面を使って滑落した要救助者を助ける実習までたどり着くことが出来ました。

今回の講習内容はまだまだ覚えきれていませんが、万一の時に被害を少なくできる可能性が高まったと思います。県連を抜けたYHCですが気持ちよく参加させてくれた早川隊長、丁寧に教え続けてくれた救助隊の皆様ありがとうございました。 

自然保護部活動報告(丹沢の植樹)          自然保護部 

10月23日(土)に丹沢自然保護協会(国民宿舎・丹沢ホームの中村道也氏が理事長)主催の植樹活動に参加して来ました。

この植樹イベントは例年4月と10月に行われ、今年は44回目です。荒廃地や人為的影響により生じた裸地に、広葉樹を植える活動です。参加者はトヨタなどの協力企業の人達、山の店関係の人達、そして私達一般人のグループ(労山神奈川県連自然保護委員メンバーも一緒)や家族連れを含め、総勢200名以上でした。

植樹の場所は、ヤビツ峠に近い菩提峠駐車場に面した小山の斜面、2つ分。今年4月にも同場所で植樹が行われ、細い木に付けた赤いリボンが点々と見えます。半年経ち順調に生育するのは半分か?それ以下?との説明。

快晴の空のもと、丹沢ホーム主人 中村氏の挨拶で始まりました。一人3本ずつ小さな苗木が配布され、小鎌、鍬が貸し出され作業開始!グループ毎に散らばり斜面を登り、場所を決めます。自生している萱などを草刈り、鍬で穴を掘り、その中に小苗を置き土を入れ、苗の周りを足で踏み固めます。

用意された苗はブナ、ミズナラ、ヤマボウシ、ヤシャブシ。これらは鳥や獣の糞から採取したり、丹沢の樹木の種から育てたりした、丈50~80センチの小さな自然由来の苗。斜面で思う通りに体が動かせない中、①草を刈る人、②土を掘る人、③苗を届ける人、夫々に役割分担し進めていきます。結果、全部の苗を植え斜面を降り、正午に終了しました。

前回と今回付けられた赤いリボンを山肌一面に望むと、野山に緑を植えたいとの皆さんの思いの表れに気付き、胸が熱くなりました。今回も、何百本の苗を植えましたが、育つのはその一部。中村氏の「100年、200年先を見越し、丹沢の自然を観てください」とのお言葉が耳に残りました。         

2021年10月_山行の感想

 

天子山塊 毛無山からの富士と駿河湾(12月)    

武 尊 山  10月2日(土)~3日(日)

<参加者> 6名

<コースタイム> キャンプ場(7:00)→避難小屋(8:30)→中ノ岳(10:30)→武尊山頂(11:00)→中ノ岳(12:00)→避難小屋(13:30)→キャンプ場(14:30)

緊急事態宣言が10/1解除され、台風一過(16号)の土曜日、快晴となれば待ちに待った行楽客で高速は朝から渋滞となるのはやむを得ない。途中の道の駅(川場田園プラザ)で腹ごしらえと酒の肴を調達しキャンプ場に向かった。キャンプ場は牧場だけあって広々とし眺めも良く設備も整っており快適。早速テントを張り、トレッキングコースで軽く足慣らしをしてから地酒とジンギスカンでの夕食となり大いに盛り上がった。

翌朝も快晴‼日本百名山上州武尊山(2,158m)に向けて出発。麓はあまり紅葉しておらず心配したが、山頂に近づくにつれ徐々にナナカマドやモミジ、ブナなどが緑葉樹とのコントラストを醸し出し美しい紅葉が見られた。途中の中ノ岳には日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の銅像や三ツ池にはオタマジャクシと間違えたサンショウウオも生息しておりビックリ。頂上は今まで見たことがないくらいの絶景で赤城山~皇海山~白根山~燧ケ岳~至仏山~平ヶ岳~谷川岳と360°の息をのむようなパノラマ‼ 僕にとっては3年越しの武尊山は素晴らしかった!

何度も懲りずに企画してくださったCLありがとうございました。

高川山 10月3日(日)

<参加者> 3名

<コースタイム> 初狩駅(10:00)→高川山登山口(10:30)→男坂・女坂分岐(11:00)→高川山(11:40)→天神峠→むすび山(14:30)→大月駅15:00

JR中央本線の無人駅の初狩駅に到着。今日は「秀麗富岳十二景」の一つ高川山を登ります。街中を抜けて、登山口への道標を目で追いながら歩いていきます。林道を緩く登れば登山口に到着です。ここからは急登となり、わずかな距離で男坂と女坂の分岐に到着します。CLよりどちらを選ぶか聞かれたため迷わず男坂を選びました。男坂は岩混じりの登りです。急登ですが女坂と合流して尾根に上がれば緩やかな気持ちの良い道へと変わります。ここをわずかにのぼると高川山の山頂に到着です。山頂はあまり広くないため30人位で一杯になります。この日は沢山の人が既に山頂で休んでいたため、お昼を食べる場所を確保するのに苦労しました。晴れてはいましたが、残念ながら雲がかかり絶景の富士山は望めませんでした。

山頂からむすび山方面へは急な下りから始まり、所々にロープが設置されています。分岐を分け、気持ちの良い尾根道を進めば天神峠に到着します。むすび山までは細かなアップダウンを繰り返してさらに尾根道が続きます。むすび展望台は第2次世界大戦中、アメリカ軍の敵機を監視した場所で今も直径5m、深さ1.5mの石垣が残っています。ここから大月の市街地までまもなくです。下山時はコンパスを確認しながら読図にも挑戦させていただきました。ご一緒させていただき有難うございました!!

三頭山<新人会員歓迎山行> 10月9日(土)

<参加者> 10名

<コースタイム> 都民の森9:25→三頭山中央峰11:15(昼食)→三頭山西峰12:10→槙寄山14:20→数馬15:30

何と三度目の正直? 雨やコロナ禍にたたられ日の目を見なかった山行教育部主催の新入会員歓迎山行が難産の末にようやく実施できました。

8時に武蔵五日市の駅前のバス停に集合し、1時間ほどバスに揺られ都民の森に到着。“都民の森”と名付けるだけのことはあって、トイレや売店もある快適な登山口でした。登山道も整備されて歩きやすく、道標などもきめ細かに設置されています。サブリーダーの先導でゆっくり山の空気を吸いながら三頭山の山頂を目指しました。コロナ禍で山行を控えていた方も多く、久しぶりの会山行で最初は大丈夫かな?から何の問題もないという感じで、皆で登れることの楽しさを再確認し盛り上がりました。天候は曇りで、時おり日がさして青空が顔をのぞかせる絶好の登山日和でした。山頂への道は“ブナの路”と名付けられていてブナの木が多く、紅葉には少し早かったですが、新緑や紅葉の時期の三頭山も魅力的だろうと思いました。

三頭山から数馬への下りは、バスで登った分だけ長く下山するので疲れましたが、都民の森登山口のように登山者でにぎわうこともなく閑散としており、それはそれで秋山山行としては有意義だったと思います。バス通りに出たところで路線バスが通りかかったので、皆で手を上げたらバス停でないところで止まってくれて乗せてもらいました。我々以外は誰も乗っておらず誰も乗ってこない貸し切り状態の西東京バスに感謝、感謝。おおらかなF隊長の下、楽しく和やかな一日を過ごすことができました。

日出山~御岳山 10月10日(日)

〈参加者〉 6名

<コースタイム> 武蔵五日市駅8:05~金比羅山9:20~タルクボ峰10:40~日の出山12:00昼食12:45~御岳山駅13:55~大塚山14:20~古里駅16:00

曇り空です。雨にならず良かったです。駅から登山道まで分かりにくかったのですが、皆様の凄い情報収集能力で、迷わないで無事登山道まで辿り着く事が出来ました。登山道入口で大きなヨウシュヤマゴボウが出迎えてくれました。杉並木の中に入って行きます、植林されている様ですね。秋で良かったと思ったのは私だけでしょうか?

急勾配もなく緩々と杉並木の中を進んで行きます。道端にマムシグサ、ススキが生えています。稜線を歩いているとちょっと良い感じです。武蔵御嶽神社が近くなると、どんどん道が整備されてレンガ敷き詰め→コンクリート舗装→アスファルト舗装となり、凄いぞ東京と感じました。全体的に緩々でこんなに楽な登山あるの?と思えました。

九鬼山 10月10日(日)

<参加者> 5名

<コースタイム> 禾生駅8:30発→落合水路橋9:00発→登山開始9:10発→(杉山新道)→弥生峠10:20発→九鬼山山頂11:00着(昼食)11:30発→札金分岐13:00発→池の山ルート分岐13:35発→田野倉駅13:50着

自然保護部の定例企画で九鬼山の自然観察をテーマの山行に参加した。YHCの先輩が整備された杉山新道を経由し九鬼山山頂を目指した。山道が狭く傾斜がある場所の谷側には何カ所もトラロープが張ってあり、降雪や雨天で足元が滑りやすい時の危険回避に役立つことが確認できた。倒木も数カ所あったが自然が残されていて歩きやすい山道だった。山頂に近づくにつれ霧と雨に見舞われ、何も見えず傘をさして昼食をとった。

下山時はCLがコンパスを使い山道を観察し、山での道迷い防止の確認作業を実施して貰った。事前に地図には、尾根筋は赤線で繋ぎ谷筋は青線で繋ぎ込んでおくと見やすい事、通過した場所に時刻を記す事で現在地に自信が持てる事等々、ていねいに教えて頂いた。札金峠からの分岐、池の山ルートからの分岐を経由、田野倉駅には予定時間で下山した。

本来であれば山頂から富士山、大菩薩領など山梨の名峰が眺望できるようだが、今回は残念だった。また山道には栗のイガとアケビの皮が落ちていて、もう1~2週間早かったら収穫物があったかもしれないと少し残念に思った。先輩は後輩に山歩きの実践指導を行うYHCのかつての伝統等も伺い、楽しく有意義な山行でした。CL、SL、同行の皆様有難うございました。

寺家ふるさと村  10月23日(土)

<参加者> 4名

<コースタイム> 市ヶ尾10:00 →寺家ふるさと村(11:55)→青葉台バス停(13:15)

ピカピカの秋晴れの中、町田の歴史ある寺家(jike)ふるさと村の自然を散策しました。真っ赤に熟した美味しそうな柿を横目で眺めつつ、鶴見川沿いのススキ小道を小一時間程歩くと辺りはすっかり里山に。畑では里芋、ナス、葉物などが豊かに実り隙間にはコスモスや菊、あざみと秋の草花が満開でした。(新鮮な野菜と見事な花々、贅沢ですね。街では高価です。)お昼は田んぼの稲の収穫を見ながらのお弁当タイム。お昼寝したくなる様なほっこり、まったりのんびりな時間でした。

〈初級講習〉鎌倉アルプスハイキング  10月24日(日)

<参加者 > 5名

<コースタイム> 港南台7:20→大丸山9:30~9:40→天園10:25→大平山11:40~10:50→明月院登山口12:15→浄智寺12:30→源氏山公園12:50~13:30→大仏切通入口14:00→鎌倉駅板口15:00解散

当日は真っ青な秋晴れのもと、港南台駅で集合。港南台駅でCLから早速鎌倉アルプスの磁北線がついている地図を受け取りました。コースや地図の見方の説明を受けて出発。栄高校の入口近くの道路で、現在の場所とこれからどちらの方角に進んでいけばよいかを地図とコンパスで確認の講習。私は、コンパスの扱いが全くわからなかったのですが、CLやSLが懇切丁寧にわかりやすく教えてくださいました。

ハイキングコースを歩きながら、CLからの声掛けで、時々地図とコンパスを使っての実践講習。戸惑う私にその都度、お二人のリーダーが、優しく教えてくださいました。そして、時には、送電線とコースの交わる所から、現在地がピンポイントでわかることも教えていただき、地図には地図記号や等高線だけでなく、いろいろな情報が盛り込んであることを実践を通して学びました。

充実した学びの山行の途中、横浜市最高峰156.8mの大丸山から、全景がはっきりと見える雄々しい富士山を眺望することができました。時折聞こえるきれいな鳥のさえずりの合唱を聞きながら、気持ちよく歩くことができました。

最初の休憩場所で、靴紐の結び方やザックの背負い方の確認やコンパスの使い方の正置について詳しく丁寧に教えて頂きました。教えて頂いたザックの背負い方で歩くと、今までと全く違う歩きやすいザックになりました。

その後、大平山や明月院、浄智寺を経て、源氏山へ。源氏山で昼食。昼食後、CLから、講習内容が書かれてある参考資料をもとに、偏りがない上手なパッキングの方法、登山時における安全な水分補給と行動食について学習しました。さらに、ファーストエイドとしての常備薬や救急薬は、CLが自分の持ち物一式を見せてくださり、大変参考になりました。冷却シートやポイズンリムーバーなど安全のために欠かせないグッズを知ることができました。「山は仲間と過ごす楽しい場所であり、素晴らしい景色と巡り会う所。そして、何よりも命がけで行動することを強いられる畏怖すべき存在」と話していたCLの言葉は、とても胸を打つ言葉でした。

約13㎞、6時間半のハイキングでしたが、なだらかで気持ちの良いハイキングコースを通して、山を登る基本的な大切なことを、実践を通して一つ一つわかりやすく教えていただき、とても学びの多い充実した山行となりました。参考資料は、私の大切な宝物となりました。CL様、SL様、皆様、大変お世話になりました。

鋸山 10月24(日)

<参加者> 5名

<コースタイム> 久里浜港→金谷港10:16→(車力道コース)→11:23地球が丸く見える新展望台(休憩)11:35→11:51鋸山山頂(昼食)12:22→13:00石切場跡→13:30日本寺(百尺観音・地獄窺視・石大佛)14:35→観月台→15:20金谷港→久里浜港 歩行時間4時間21分

とても爽やかな秋晴れ、久里浜港から金谷港まで約40分の船旅を楽しんでいるうちに千葉県。海越えだとあっという間。整備されている観光地、お手軽ハイキングと思っていたら、台風の爪痕も残る長い山道。急な階段も続く中、小学生ぐらいの子供たちが元気に山道を駆け上がって行く姿がとても眩しい。鋸山山頂でしっかり記念写真を撮影した後、昼食。

日本寺エリアへ移動。アップダウンが多くせっかく急な斜面を登ったのにまた下るの繰り返し。足腰のトレーニングになりました。有料エリアに入ると大きな百尺観音、地獄のぞき、石大仏、ラピュタの壁と観光も楽しめました。

ロープウェーで登れる手軽な山というイメージでしたが、がっつり登山。復路では、野生の鹿、蛇にも遭遇しました。季節を変えてまた行ってみたい場所です。企画いただいたCL、美味しいお店を確保いただいたNさん、ご一緒いただいた皆さま、ありがとうございます。

筑波山 10月31日(日)

<参加者> 3名

<コースタイム> ケーブルカー登山口バス停(8:47)展望ポイント(10:30)男体山頂上(10:43)昼食(11:30)つつじヶ丘(12:45)

つくば駅からシャトルバスで筑波山神社入口へ。御幸ヶ原から男体山、女体山、つつじヶ丘へ下山するコースで登る。前にSL後ろにCLがついてくれていたせいか、急登も最後の階段もそれ程辛くなく御幸ヶ原に到着。コマ展望台の屋上からうっすらと霞ケ浦が見える。

小休止の後男体山に到着。御幸ヶ原に戻り昼食。天気予報通り雨が降ってきたので、女体山に向かう。つつじが丘への登山道は狭く、大きい岩が濡れているので滑りやすい。慎重に歩き、譲り合ってすれ違う。途中、弁慶七戻りをはじめ多くの奇岩と出会う。あっという間につつじヶ丘へ。筑波山、また晴れた違う季節に訪れてみたいと思った。筋肉痛もなく楽しい山行でした。

2021年8月_山行の感想

                        <栗駒山の紅葉>

大鹿川・平ツ沢 (滝子山) 沢登り講習会

 8月9日(日)  晴れ時々曇り

<参加者> 8名

<コースタイム> (7:30)海老名=🚙=大月IC(9:00)→登山口道証地蔵(9:30) 遡行開始(10:00) → 昼食 →遡行終了(13:00)→道証地蔵駐車場戻り(14:30)、=🚙=海老名(17時)

海老名に集合し、車2台で滝子山へ向かいます。駐車スペースから10分ほど歩くと道証地蔵が見えてきます。ここで沢登りの装備(沢靴、ヘルメット、ハーネス等)を取り付け、講師のKさんの説明を受けた後、右の登山道から平行する大鹿川に入り沢登り開始です。

初めの一歩目は靴の中に水が入ってきて、ヒヤッとするのと足が濡れるのに戸惑いましたが徐々に慣れてきました。前半は2メートルぐらい小さめの滝を超えて歩きます。小さな滝でも、水量が多い場所は、水に足が持っていかれ重心を保つのも大変でした。

 

二又到着後は本格的な遡行となります。メインの大滝は8メートル程、かなりの急斜面のため、講師のKさんとOリーダーが安全確保のロープを張りました。ハーネスを使用し注意深く一人ずつゆっくり登ります。登ぼることに必死で余裕がなく大滝を堪能するまではできませんでしたが、後から見上げた時は、高さと水量に驚き、迫力満点でした。そのあとは美しいなだらかな、なめ沢を登りました。時間はあっという間に過ぎ、沢登りは終了し、山道を下り道証地蔵まで戻ってきました。

初めての沢登りの感想は、自然の中のアドベチャーを体験した気分です。冷めたい水の中は、普段は味わえない心地良さを感じました。とても爽快です。

沢靴は靴底がフエルトのため不安なく歩けましたが、水の中が見えないため転んでしまうこともありました。ロープを使用しなければならず危険を伴う場所もあり、十分注意が必要ですが、講師のKさんとOリーダーのおかげで無事最後まで登りきることができました。

真夏の沢登りとても楽しかったです。貴重な体験をさせて頂きまして有難うございました。

2021年7月_山行の感想

 

            

八ヶ岳、朝焼けの根石岳(9 月下旬)

尾瀬ヶ原~三条の滝     7月20日(火)~21日(水)

<参加者> 9名

<コースタイム>

1日目 鳩待峠(10:45)→山の鼻/昼食(12:00/12:25)→牛首(13:05)→ヨッピ吊橋(13:40)→温泉小屋(14:30)

2日目 温泉小屋(5:30)→平滑ノ滝展望台(5:55)→三条ノ滝(朝食)(7:00/7:20)→温泉小屋(8:40/8:55)→見晴(9:30)→竜宮小屋(10:10)→山の鼻(11:30/11:50)→鳩待峠/昼食(13:15/13:45)

6:36東京発の「たにがわ」に乗車し夏の尾瀬に行ってきた。人も少なく、緑の広大な湿原は静寂そのもの。鏡のような池塘には燧ケ岳が映り込み、可憐な羊草(羊の刻に咲き数時間でしぼんでしまう)が涼しげに浮かんでいた。期待していたニッコウキスゲが咲いていないなぁ・・・と皆が心の中で思っていたところ、牛首を過ぎた辺りで突然一面オレンジの光景が開け歓声があがった。その後は、ゴロゴロと音を立てながら迫りくる黒雲に追いつかれないようスピードアップ!ヨッピ吊橋で雷に怯えながらも記念撮影をして、間一髪で宿に到着した。(早く歩けるじゃないか!とCLもビックリ)

翌日は朝靄の中5:30に宿を出発し三条ノ滝に向かった。道はかなり険しく昨夜の雨のせいでぬかるみの酷い悪路だったが、その分滝は水量が多く、轟音を響かせながら100mの落差を叩き落ちる様は大迫力で、朝日に照らされた豪瀑を眺めながら食べる朝食(おにぎり弁当)は最高に幸せだった。

帰路は見晴から竜宮小屋を通ってのルートで、青空に映える至仏山を眺めながら気分良く歩いた。途中でそびえ立つような荷物を担ぐ歩荷さんと何度もすれ違う。小屋で美味しい食事を頂き、気持ちよく睡眠を取れるのも彼らのおかげだ。感謝!感謝!

ペースは上々、予定よりかなり早く山の鼻に到着し、最後のひと踏ん張りで鳩待峠まであと1.5キロという時、昨日のごとく辺りが突然掻き曇りあっという間に大粒の雨に見舞われた。登りの階段からは茶色の濁流が流れ、まるで川を遡るような有様だ。とにかく滑らないように気を付けながら一歩一歩ゆっくり進み、小雨になってきた頃に鳩待峠に全員無事に到着した。山の天気はこんなにも急変するものだと、今更ながら実感した。

尾瀬はとても広くて四季折々、次は残雪時期かな?テントかな?尾瀬沼かな?と、もう思いを巡らしている。

八ヶ岳 権現岳・赤岳 7月24(土)~25日(日)

<参加者> 6名

<コースタイム>

1日目 観音平(10:30)→雲海(11:15)→押手川(12:00昼食~12:20)→2280m(12:55)→青年小屋着(13:30)希望者、編笠山頂上往復

2日目 青年小屋(6:10)→権現岳(7:15~7:30)→小天狗(9:20)→赤岳(10:30昼食~11:00)→行者小屋(12:15~12:30)→美濃戸口(15:45)

夕日に映る森と山

自動的に生成された説明

な、なんと、CL会長、SL副会長だったのですね。なんて畏れ多い!加えて読図の得意なデータさん(知識豊富な外交係兼務)に自称美人3姉妹と、気がつけばなんと頼もしく、にぎやかで楽しいパーティーでした。この巡り合わせに感謝。出発もそれほど早朝でもなく、小淵沢からのジャンボタクシーはリーズナブルで入山でき快適でした。1日目は曇り、もやの中、涼しくて、私にとっては登山日和でございました。馴れてきたころに成年小屋じゃなくて青年小屋に到着。憧れの「遠い飲み屋」ちょうちんに感激!青年小屋は楽しく素敵な山小屋でした。たまたまテレビの取材が入っていたのもラッキーだったかも。手作りの栄養満点おいしい食事、本物のチェンバロに触れさせてもらい、久々のカードゲームに興じ(他の宿泊客とまじわり)、小屋主のギター弾き語り、星空と月の観察と、すてきな山小屋の一夜でした。

テーブルの上の食事

自動的に生成された説明

2日目は晴れ。雲海とオレンジ赤に染まった富士山を拝み、朝食は奥様手作りエビシュウマイで元気チャージ、キレット越えに挑みました。権現岳頂上では霊験あらたかに違いない刀剣にも触れることができました。

岩の上にいろいろな花

中程度の精度で自動的に生成された説明 岩山を登っている人

自動的に生成された説明

色とりどりに咲いている高山植物や小鳥のさえずりに励まされ、何より「苦しい時こそスマイル」と仲間に元気をもらい、無我夢中のうちにキレットを越え赤岳登頂。頂上では雲海が切れて、野辺山側も眺めることができました。赤岳を背に行者小屋へ下山、水がおいしかった!美濃戸山荘の2切れ500円のすいかが食べたかったよー。山行を通して、富士山、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳全山を望むこともできました。すばらしいコースを組んでくださったCL、本当にありがとうございました。

山の景色

自動的に生成された説明

岩の上にいる人たち

中程度の精度で自動的に生成された説明石置き板ぶき屋根(データさん説明)

山の中の家

自動的に生成された説明

2021年5月_山行の感想

 

                    

戸倉三山                  4月24日(土) 晴    

<参加者> 4名

<コースタイム> 武蔵五日市駅(8:30)→元郷バス停(8:40)→臼杵山(10:45)→市道山(13:00)→刈寄山(16:15)→登山口(17:40)→武蔵五日市駅(18;30)

武蔵五日市駅8時に集合、コロナ禍なのに結構な人出で臨時バスに乗車。乗ったバスは急行で、目的の元郷には停車しないため元郷のバス停まで少し戻る。登山口は元郷バス停のすぐ近く。

 歩き出してすぐに地元のおじさんとすれ違う。すれ違いざまに「がんばってな!ずっと急登だから」と声をかけられて、マスクの下に笑顔を作りつつ、内心不安になる。臼杵山から市道山に至る途中、石津窪山を過ぎたあたりで12時近くになったので昼食をとった。エネルギー補給後、1時に市道山着。その後も登ったり下ったりを何度も何度も、これでもかこれでもかというように繰り返した。やっと刈寄山に着いたらもう4時を回っていた。

そこで、短時間で下山できるようにルートを変更。しばらく下りて行ったところで小さな沢を渡り進んでいくと、いきなりリーダーが「ここから先の道がない!」と叫んでいた。えっ!と皆で言いつつしばしの間、行きつ戻りつ。地図では合っているから道がないはずがないと、リーダーが探索してくれている間、私とFさんは、申し訳ないけれど体力温存のため休んでいた。リーダーを信頼しているし、万が一どうしようもなければ刈寄山まで引き返せばいいと私はのんびりした気持ちで待っていた。するとその時、「道がありました~、こっちで大丈夫で~す」とNさんの声。よかったあ、とリーダーの進んだ方へ行き、「ここを下りるんです」との声に促され見てみると、ほぼ90度に下る大きな岩々(水も飛び出るように流れている)が待ち構えていた。私には初めての経験だったが、面白そうでもあり、足の置き場を指示されながら全員無事に下りることができた。その後は残りの力をふりしぼって、駅までたどり着いた。

ここからは余談。時間も遅いし、ビールを飲む場所すらないこのご時世・・。仕方がないので、駅での待ち時間の間、缶ビールをおいしく飲み干してきた。         

加入道山・大室山 5月1日(土)          晴れ時々曇り   

<参加者>9名

<コースタイム>西丹沢VC(8:38)→白石の滝(10:10)→白石峠(10:48)→加入道山(11:10)→(12:14)大室山[昼食](12:36)→犬越路(13:39)→用木沢出合(14:45)→西丹沢VC(15:09)  歩行時間:6時間9分

C:\Users\Tetsuya\Desktop\送った写真\20210501加入道山・大室山\IMG_2128小.jpg バスを降りた時は晴れていて、みんなウキウキした気分で歩き始めた。西丹沢の道は一昨年の台風の影響がまだ残り、道路の橋には大きな穴が開き、登山道には土砂や石がごろごろ、丸太を組んだ橋は傾いたり流されたりしたところがあり、木の階段も周りの土砂が流されハードルのようだった。そんな荒れた道も元気いっぱいの9人は楽しく歩いた。

しかし、白石峠に到着すると急に風が強くなり、向こうに見える蛭ヶ岳の山頂は不気味な黒い雲が取り巻いていた。すぐに雨になるので大室山に急ごうと、加入道山山頂では集合写真を1枚撮っただけですぐに出発した。

C:\Users\Tetsuya\Desktop\送った写真\20210501加入道山・大室山\IMG_2179小.jpg 加入道山から大室山までの尾根道は初めて歩いたが、気持ちの良い道だった。桜(マメザクラ?)が咲き、オオバイケイソウも青々としていて、風は強かったが、のどかでのんびりした気分になった。しかし、大室山山頂で昼食をとっていると雨がぽつぽつ降り始めたので、あわてて下山を始めた。 先頭を歩いたSLのペース配分のおかげで、それほどきつい思いもせず予定よりかなり早く下山できた。天気も最後まで持ってくれ、久しぶりの会山行だったがとても楽しい時間を過ごせた。心地よい歩き、愉快な会話、参加の皆さんありがとうございました。

<おまけ> 帰りのバスが丹沢湖にさしかかるとバスの運転手が突然「前方にお猿さんがいます。」と言ってわざわざ徐行までしてくれた。見ると何匹ものお猿さんが湖沿いのガードレールの上に器用に座ってこちらを眺めていた。最後まで楽しい山行だった。

丹沢主脈             5月8日(土) 晴れ時々曇り

<参加者> 6名

<コースタイム> 焼山登山口バス停7:30→焼山9:15→黍殻山10:00→姫次11:00→蛭が岳(昼食)12:30→丹沢山14:20→大倉バス停17:50

歩行時間 約10時間(行程時間約10.5時間)、歩行距離約24KM

 コースタイム約11時間半。早朝出発時には、これから始まる長い行程に不安しかなく、「なんでこんな苦行企画に申し込んじゃったのかな」などと思っておりましたが、登り始めて早々にヒルがいることがわかり、足元を凝視しているだけで気づいたら焼山頂上でした。ヒルのおかげであっという間に登れた気がします。蛭ヶ岳や丹沢山、塔ノ岳へ上るアプローチで急なところや階段がエンドレスなところがあってきつかったですが、なだらかなところもままあり、しかも登りつつ富士山が見えるところが結構あって目の保養でした。

 最初の5時間で蛭ヶ岳山頂についたら、精神的に気が楽になって最後まで行ける気がしました。でも最後の大倉への下りは、長時間歩いたあとだけに、いつもよりきつく感じました。

 最終的に休憩込みで約10時間半とコースタイムもかなり上回り、ヘッドライトも使わずにすんでよかったです。夏へ向けて大きな自信となる一日でした。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小金沢連嶺 5月8日(土)              晴れのち曇り 

<参加者> 3名

<コースタイム> 小屋平バス停8:35~石丸峠9:30~小金沢山10:30~牛奥ノ雁ヶ腹摺山 11:10~黒岳 12:05/昼食/12:25~湯ノ沢峠(湯ノ沢避難小屋)13:00~大蔵高丸 13:35~破魔射場丸(ハマイバマル)14:00~米背負峠14:35~大谷ヶ丸14:55~大鹿山16:00~景徳院17:20~甲斐大和駅17:55

 皐月初旬の登山日和に、甲斐大和駅から土日運行の登山バス始発に乗車。大菩薩嶺(上日川峠行き)に向かう人気路線のためか、臨時便増発という盛況ぶり。

 最初のポイント石丸峠は見晴らしの良い笹原、早速の富嶽秀麗を眺めながらの尾根道トレイルが続く。小金沢山→※牛奥ノ雁ヶ腹摺山→黒岳→大蔵高丸→ハマイバ丸と、どのピークからも素晴らしい富士山が臨めた。

 

 

コース後半は満開の豆桜、そしてブナ林の新緑が美しい。。。感性豊かな女史曰く…秋の紅葉もさもありなん。。。(※牛奥ノ雁ヶ腹摺山:ウシオクノガンガハラスリヤマ→日本で最も長い山名として知られている)

そんなこんなで「楽しみ多くして苦もあり」の9時間を超えるロングトレイルも、甲斐大和駅

ゴールで終焉を迎えたのであった。

 

 

金時山                    5月11日(火) 曇り   

<参加者> 7名

<コースタイム> 乙女峠バス停9:41→乙女峠10:27→長尾山10:54→金時山山頂11:51→12:37(昼休憩)金時登山口13:37→仙石バス停13:52

 箱根湯本で集合して乙女峠バス停まではバス。車窓から新緑の中に所々桐や藤などの花が見える。とても良い季節。乙女峠バス停で降りると、以前茶店だったところが、おしゃれなカフェになっていた。車道の反対側の登山道入口からゆっくりと登り始める。わりと緩やかな登りで歩きやすい。長尾山を過ぎたあたりから頂上にかけて、白いゴヨウツツジが清楚に咲いていた。遠くに大涌谷のけむりと芦ノ湖が見える。残念ながら、曇り空で富士山は見えない。それでも、雨には降られず、ラッキーだった。頂上の売店が開いていたので、キノコ汁を頼んで昼休憩。やっぱり温かいものと一緒だとただのおにぎりもおい しいなと思う。売店に柚子胡椒と花胡椒が置いてあって、それが人気だとか。何人かお土産を買ったら、かわいい金太郎飴をサービスしてくれた。(笑)

 仙石バス停までは、ただひたすら下り続ける。下りは苦手なので、ストックを使って慎重に足を運ぶ。とりあえず、ケガもなく無事全員下山できた。久しぶりの山としては手頃で、楽しい山でした。山崎さん、初めての山行CLお疲れ様でした。ありがとうございました。

天城山                 5月15日(土) 晴れ 

<参加者> 5名

<コースタイム> 天城縦走路入口9:10→11:07涸沢分岐点→11:57万三郎岳        50分~昼食~12:26 →13:02石楠立 → 13:41万二郎岳 →14:44天城縦走路入口 

 伊東駅から登山道入口のあるゴルフ場をつなぐ小さなバスは、ちょうど見ごろのアマギシャクナゲ目当ての登山客で満員でした。現金のみの料金支払いを順繰りに済ませ、やっと天城縦走路入口へ。

いきなり、目にも鮮やかな新緑の森が広がりました。地面は苔に覆われ、周囲は一面の若葉。このあたりは杉の木が多く、土の表面が薄いのか杉はそもそも深く根を張らないのか、木の根っこが浮き上がっているものも多く不思議な眺めでした。薄い表層の下は、粘土質の滑りやすい土で、トレッキングポールを1本しか持ってこなかったことを後悔しました。

そこから万三郎岳の北側斜面を巻き気味に進みます。江戸時代には幕府直轄地として森林が保護されたとのことで、登山道の上は原生林が残り、下は植林された杉の木が伸びていました。ゴロゴロとした大岩も多く、なかなか見ごたえがあります。私たちが歩いていたのはシャクナゲコースと呼ばれる歩道で、はるか彼方にシャクナゲの花が見えたり隠れたりしてきました。遠くから憧れの眼差しを向けるだけの、まさに高嶺の花です。

涸沢分岐点から急登を経て、万三郎岳の頂上へ。バスの登山客は逆コースを歩いているらしく、多くの人たちに出会いました。ここでお昼 午後は、なだらかな山道を石楠立(はなだて)へ。文字通りシャクナゲの木々が何本も歩道脇に生えていて、満開の笑みで私たちを歓迎してくれました。そこから馬酔木が続く「馬の背」を通り、万二郎岳を通って下り道へ。数日前の大雨の名残に加え、粘土質の登山道は深くえぐれて普段から滑りやすいのか、わき道がいくつも筋のように広がっていて、登山道の整備も大変そうだと思いました。

そうこうしているうちに、あっという間に一周終わって出発地点に戻りました。シャクナゲも新緑もとても見ごたえのある一日でした。花の見ごろに合わせて山行を計画してくださったCLに感謝です。

滝子山                 5月15日(土) 晴れ

<参加者> 1O名

<コースタイム>笹子駅 8:10→南稜尾根→滝子山 11:46→桧平 12:50→タタラ沢の分岐 13:22 →最後の水朝 13:40 →林道終点 14:17 →初狩駅 15:05

今日は曇りでハイキング日和。富士山は見えなかったけれど、イワカガミの群生(赤ピンクが可愛い)、ミツバツツジの群生(薄い赤紫で鮮やか)、つつじの群生(だいだい)、広葉樹の森林浴、木漏れ日、鳥の声。楽しかった。 

生田緑地~ばら苑          5月18日(火)雨のち曇り 

<参加者> 11名

<コースタイム> 登戸駅(9:40)~生田緑地~桝形山(10:05)~ばら苑(11:35)~川崎市緑地センター(12:55)

 生田緑地は川崎市内の広大な公園。敷地内に日本民家園、プラネタリウム、美術館、D51、藤子・F・不二雄ミュージアムなどがあります。小雨の中を和やかな雰囲気で出発。まずは本日の最高峰桝形山(84m!)で集合写真をパチリ。しっとりと濡れた森の中、木の橋を渡りホタル池、菜の花畑とゆっくり進む。丘陵地のため上り下りが多く、結構歩きでがあります。

メインのバラ苑に到着。約800種、3,300株の春ばらがあるとのこと。いつの間にか雨が上がり、女子たちのテンションが上がります。清楚な白、愛らしいピンク、いきいきとしたオレンジ・・・好みのばらをさがして写真を撮りまくりました。思いっきりリフレッシュできた1日でした。大隅CL様、皆様ありがとうございました。                              

 

 

丹沢主稜縦走

<参加者> 4名

<コースタイム> つつじ新道登山口8:05→檜洞丸10:43→臼ケ岳12:15→蛭ケ岳13:45→丹沢山15:20→塔ノ岳16:15→大倉18:28

 山って楽しい♪ いつかはリーダーのようになりたい!

 まずは、痩せないと、おなかと背中→アイスとあんこを食べなければいい。脚も強くないと→毎週の山行申し込みで脚を鍛える。現場経験を積む。お酒も飲めなくては→でもかなり弱い、これもダメかな。話題豊富→これもダメ、話がつまらないから。ヤマレコを使いこなさないと→デジタル音痴の上、地図読みがいいな。これじゃあリーダーのようになれないじゃん⤵ まあいいか(*^-^*)

檜洞丸から視界が悪く雲の中を歩いているようだった。霧の中を歩いていてシロヤシオとアカヤシオが見える。綺麗に咲いていた。シロヤシオの美しさに足を止めて眺めていた。花を見ていると落ち着く。

つつじ新道ゴーラ沢出合いの渡渉は、前日の雨による増水はなく安全に渡れた。西丹沢の登山道にはヒルは1匹もいなかったのでほっとした。長い距離を歩くため水分補給、行動食の補給、休憩時間の短縮。リーダのコースタイムの指示、先頭者の歩きやすい歩行スピード。下山時は、うす暗く丸太がぬれていたため滑りやすくなっていた。一人だときつい山も、きれいな花と仲間との楽しい会話で無事に下山できたことが嬉しかった。                                   

 

 

It’sショータイム!アカヤシオ&シロヤシオfrom檜洞丸 シロヤシオ回廊on theつつじ新道

 

 

猿島~海軍史跡巡り             5月22日 (土) 曇り

<参加者> 10名 

<コースタイム> 横須賀駅 → ベルニー公園 → TSUNAMI (海軍カレー、昼食) → 三笠公園 → 猿島 → 三笠公園 (戦艦三笠、館内見学) → 横須賀中央公園自然人文博物館 → 横須賀中央駅   (2時間30分) 

<戦艦三笠>            <猿島広場にて>       

D:\横浜ハイキングクラブ\YHC四季報\四季報2021年\猿島~海軍史跡巡り、写真\3.三笠公園、東郷平八郎銅像と円環三笠 - コピー2.jpg D:\横浜ハイキングクラブ\YHC四季報\四季報2021年\猿島~海軍史跡巡り、写真\3.猿島広場にて P1070792.jpg

D:\横浜ハイキングクラブ\YHC四季報\四季報2021年\猿島~海軍史跡巡り、写真\4.猿島要塞跡 P1070781.JPG D:\横浜ハイキングクラブ\YHC四季報\四季報2021年\猿島~海軍史跡巡り、写真\4.ナウマンゾウ全身骨格模型.jpg

<猿島要塞跡>          <ナウマン象骨格>

<猿島の歴史>

1253年(建長5年)に日蓮聖人が房総から鎌倉へ渡る際に嵐に遭遇、一心に念仏を唱えると白い猿が現れ、ある島へ導いた。この島の「日蓮洞窟」で日蓮聖人は修行をし、後に「猿島」と呼ばれる。

幕末の1847年に江戸幕府により国内初の台場(砲台)が築造された。明治時代に入ると陸軍省・海軍省の所管となり、東京湾要塞の猿島砲台が築造された。2003年に「猿島公園」として整備。

<感想文>

三笠公園の猿島行き連絡船乗り場から、200人乗り連絡船にゆられ、10分で猿島桟橋に到着。猿島は無人島ですが、観光地として整備されている。桟橋から散策路を歩むと、煉瓦が積まれた弾薬庫・砲台下の通路等から、猿島は日本軍の要塞であった事がわかる。ラピュタを想像させる風景もある。島に根付いた木々から、野鳥のさえずりがすぐ近くにいる様に聞こえてくる。散策路を登りきると砲台跡の開けた広場から海が一望できる。展望台から眺めると、自分がいる猿島と対岸のビルの群れが時の流れを感じさせる。日帰りでも気持ちの切り替えができる場所である。 連絡船で三笠公園に戻り、帝政ロシアの大艦隊を打ち破った大日本帝国海軍の旗艦・戦艦三笠の艦内を見学した。江戸幕府の鎖国により文明から立ち遅れた日本が大国ロシアを破って列強入りした象徴である。自然人文博物館で、徳川幕府の鎖国を打ち破ったペリー関係資料、ナウマン象化石・全身骨格模型を鑑賞。三浦半島を闊歩する象を想像するとわくわく感が沸き起こる。

 前日までの雨が気持ちよく止み、メンバーに恵まれ、楽しい一日を過ごせた。  

守屋山&焼岳残雪登山講習   5月22日(土)-23(日) 晴れ時々曇り

<参加者> 9名

  1. 守屋山コースタイム

10:05駐車場→10:07登山口→10:50キャンプ場→11:45東峰1,625m山頂(~12:02昼食)→12:31西峰1,651m山頂(~12:45休憩)→13:59駐車場


守屋山駐車場から登山口へ。心配していた雨の影響もなく、メンバーで楽しく会話しつつ、新緑に元気をもらって山道を進んでいると突如、“長くも短くも息が絶えたらその時の宿命-尾崎一雄-”の看板・・・何故ここに。さらに進むと、“ようこそ守屋山へ”と癒し系のクマさんのお出迎え。高山ならではの花々を楽しんでいるうちにほどなく山頂へ到着。周囲を囲む3,000m級の山々が展望でき、2日目の雪山への期待が高まりました*。宿はロッヂふもと、到着後すぐに天然温泉、露天風呂で疲れを癒し、豪華な食事。

CLの残雪登山講習会では、ピッケル、アイゼンの実物比較も交えて、経験を積まないと知りえない貴重なアドバイスが満載で、質疑も活発になされ、とても勉強になった。

*山行中 CLへ春山バス運休の電話連絡あり、乗鞍岳から焼岳へ変更。

  1. 焼岳コースタイム

8:41駐車場→10:47アイゼン装着、雪山講習(焼岳2,455m登頂断念)→12:32~12:50昼食後、下山→14:18駐車場

 

豪華な朝食で空腹を満たしたメンバーは、前夜の机上講習で学んだ知識を活かすべく、全員アイゼンとピッケルを持参。途中リタイヤしそうになったメンバーを皆で励まし、荷物をベテラン数名で分担、様子をみつつ全員で登頂をめざす一体感。前後にザック2つを持って先陣を切るCLが頼もしい。雪が見当たらない山道が長く続く中、雪はあるのかな?と不安に。ほどなく雪が所々に見え始めメンバー間に笑みがこぼれる。本格的な雪原登場でアイゼン装着、実践講習。アイゼンの歩行技術を確かめつつ、さらに登り続けると勾配がだんだん厳しくなりストックでは支えられない雪面になる。そこでピッケル操作による滑落防止のためのアンカー技術をCLに学びながら急な斜面をヒヤヒヤしながら登り続けるが、角度によっては壁に見えそうな急な斜面状態に突入。

前後に爪のない6本爪軽アイゼンでは斜面を思うように登れず危険ということで、12本爪本格アイゼンメンバーには申し訳ないが、CL判断で登頂を断念。その分、ピッケルを使った急斜面歩行訓練に時間を割き、斜面からの絶景を写真に収めた後、宿で作っていただいたお弁当をいただき無事下山。駐車場で解散し、CLチーム、Eさんチームの2台に分かれて帰浜。今回は、登山道以外の雪面での歩行訓練も実践、時々刻々と表情を変える大自然の厳しさ、透き通る青緑の空、さまざまな雪山の素晴らしさを初体験できた。早くからも次シーズンのYHC雪山登山がとても楽しみである。

番外編:帰路の途中、Eさんチームは竜島温泉せせらぎの湯に立ち寄り。北アルプスの雪解け水が流れ下る梓川のほとりにある日帰り入浴温泉施設。ここで時間調整したこともあり、帰りの高速はスムーズに帰浜できた。野生の日本猿にも出会えた。

和名倉山            5月22日(土)~23日(日) 雨後晴れ 

<参加者> 6名

<コースタイム>1日目: 将監登山道登山口(9:00)→将監小屋(10:42)→飛竜山(14:40頃)→将監小屋(17:00ちょっと)テント泊

2日目将監小屋(6:00)→西仙波(7:52)→東仙波(8:13)→和名倉山分岐(9:56)→和名倉山頂上(10:11)→反射板(13:41)→秩父湖(15:08)

早朝に塩山駅での集合のため、始発では間に合わず、主要駅まで37分歩いたメンバーもいた初日。駅でおにぎりを買いそびれ、若干不安を抱えたままジャンボタクシーに乗り込みました。民宿みはらしそばの登山口から工事用の車両を避けつつ、小屋までの整備された登山道。歩きやすくはありましたが、15分余計にかかっても、車両の入れない道がよかったかも…。とガイド兼SLの弁。ザックの重さになれてない状態での2時間のダラダラ登りは辛かったです。将監小屋到着。テント設営後すぐに飛竜へ向かいました。

結構な距離も危険個所もありましたが頑張りました。登頂組4名、飛竜権現でまったり居眠り組2名。登頂組の帰りを待ってテン場にピストン。将監小屋に戻ると、ツアーらしきグループの他に数名増えて、テン場も賑やかになってました。小屋番もいてビール(おつまみ付き)やジュースを買い乾杯。夕飯。雨も降って来たのでそそくさとテントで就寝(多分7:30頃)。夜中強い雨。暗い気分になる。いやな夢も見る。

しかし、翌朝は雲一つない快晴!東仙波までは北アルプスを連想する素晴らしい眺め。石楠花コース、白樺コース、新緑コース、カラマツコースといろんな顔を見せてくれました。

「反射板」からの激下りは非常にキツかったです!約1時間半の超急降下。すべりまくりの展望なし。ひたすら修行の下山道。秩父湖に着いたときは心底ホッとしました。

結論、和名倉山は将監小屋からピストンするのが良い!

※将監小屋:テント1張り500円・1人500円、ビール500円おつまみ付き、トイレは洋式バイオ式臭い無し、貼り付け式の便座カバーは嫌だったぁ!男性専用あり。山行中トイレ無し。

檜洞丸                 5月23日(日) 晴れ

<参加者> 7名

<コースタイム> 新松田駅(7:10)→西丹沢ビジターセンター(9:10)→ゴーラ沢出合

(10:05)→檜洞丸山頂(12:20~昼食13:25)→ゴーラ沢出合(15:15)→西丹沢ビジターセンター(16:00)→新松田駅(17:40)解散

檜洞丸は、丹沢山地西部にある標高1,601mの山です。丹沢山地最高峰の蛭ヶ岳から西へ伸びる丹沢主稜にある山であり、丹沢山地で4番目に高い山です。

当日は、西丹沢山開きが行われ、シロヤシオ鑑賞の好機とも重なり、大変多くの登山者でした。

新松田駅発のバスは、臨時便が出るほどでした。バス乗車は約1時間15分、登山口の西丹沢ビジターセンターでも大変な混雑でした。ゴーラ沢出合での川渡りの後、急勾配、岩場、クサリ、梯子、長い木階段等があり、また、登りと下りの交互通行による渋滞もありました。山頂までの約2時間15分は、かなりハードでしたが、満開のシロヤシオは、深く心に残りました。前週の降雨により山道のコンディションが悪いとのことで、犬越路には行かず、山頂から往路を引き返しました。

今日も山に登ることができた幸せを感じながら帰途につきました。CL、SL、同行していただきました皆様、ありがとうございました。

C:\Users\Tooru\Desktop\IMG_0732 (2).JPG

C:\Users\Tooru\Desktop\IMG_0739.JPG                   

 

 

 

 

 

 

 

毛無山               5月23日(日)  晴れ 

<参加者> 3名

<コースタイム> 駐車場(8:21)→登山口(8:33)→不動の滝(9:02)→五合目(9:52)→分岐(11:16)→山頂(11:28)→昼食(11:40-12:00)→ヘリポート(13:15)→登山口(14:30)→駐車場(14:40)

 

 

 

 

 

日本二百名山、山梨百名山の毛無山に行って来ました。名前の由来は①木が無い という説や、②木が生い茂っている(木成し) との相反する説があるようです。実際の毛無山は木がたくさんあり、標高ごとにいろいろな花が咲いていて素晴らしかったです。毛無山と富士山の間には遮る高い山がなく20kmと離れていないため、富士山の絶景を楽しめるはずでした。残念ながら、当日は山にどっかり雲がかかり続けていて霧の中という感じでした。山から下りて来たら晴天で、待ち望んでいた富士山をようやく見ることができ、歓声をあげてしまいました。帰りに朝霧高原で食べたソフトクリームがめちゃめちゃ美味しかったです。女子3人で和気あいあいととても楽しい山行でした。

那須茶臼岳・朝日岳山     5月29日(土)30日(日)  晴れ 

<参加者> 7名

<コースタイム> 

5月29日【車】二俣川駅(7:00)→保土ヶ谷バイパス→東名→圏央道→東北自動車道→那須IC→アジアンオールドバザール(10:40)→エル・バローロで昼食(11:10)→南ヶ丘牧場(12:40)→那須高雄おおるり山荘ホテル(13:50)【徒歩】ホテル(14:15)→温泉神社(14:43)→殺生石(14:50)→つつじ吊橋(15:12)→八幡ツツジ群落地(16:13)→つつじ吊橋(16:55)→鹿の湯温泉(17:47)→ホテル(18:15)

5月30日【車】ホテル(7:30)→ロープウェイの山麓駅(8:00)【徒歩】ロープウェイ山麓駅(8:20)→ロープウェイ山頂駅(8:29)→茶臼岳山頂(9:06)→峰の茶屋→朝日岳(10:40)→峰の茶屋・昼食(11:24)→峠の茶屋(11:43)→ロープウェイ山麓駅(12:50)

1泊2日で那須に行ってきました。

初日は、アジアンオールドバザール、南ヶ丘牧場、那須温泉(ゆぜん)神社、殺生石、八幡つつじ群落、つつじ吊橋、鹿の湯と盛りだくさんの観光をしました。

春先に気温が高かったせいか満開の時期は過ぎていましたが、八幡つつじ群落では、薄紅色のヤマツツジや珍しいオレンジのレンゲツツジを見られ素晴らしかったです。

鹿の湯は、41、42、43、44、46、48度(女湯には48度がない)の6種類の浴槽から好きな温度を選んで入浴します。体がツルツルになりとても気持ちよかったです。

翌日は、いよいよ山歩きです。

茶臼岳は那須連山の中央に位置する活火山です。ロープウェイで9合目まで登り、石ゴロゴロの山道を歩いて40分程で山頂に着きました。山頂からは眼下に広がる大パノラマを堪能。お鉢巡りをしながら雲の加減でこれから登る朝日岳が見えるとうれしくなりました。

朝日岳は那須連山唯一の鋭鋒で、荒々しい岩肌

が魅力の山です。峰の茶屋からは朝日岳の岩壁を目の前に見ることができ、山頂に小さく人影が確認できました。これからあそこに自分が向かっていると思うとワクワクです。途中の鎖のある岩場では風も強かったのでスリルと寒さを味わえました。無事に山頂に着き満足感いっぱいで下山しました。草花を愛でながら歩いていると消防や警察の方とすれ違い、さらに上空にヘリコプターが旋回していました。ロープウェイ山麓駅に着くと救急車やパトカーも来ていました。救助者がいたようです。事故を起こすとこんなに迷惑をかけるのだと初めて知り、気を付けて登山をしなければと改めて思いました。

観光、温泉、山と大満足の山行でした。

 

2021年4月_山行の感想

 

感 想 文

畦ケ丸・白石峠  4月3日(土)

<参加者> 10名

<コースタイム> 西丹沢ビジターセンター8:56⇒善六ノタワ10:36⇒畦ヶ丸1:29/11:49(昼食)⇒畦ヶ丸避難小屋11:53/12:01⇒モロクボ沢ノ頭12:14⇒バン木ノ頭12:35⇒ジャガクチ丸12:50⇒水晶沢ノ頭13:29⇒白石峠13:47/13:54⇒白石滝(大理石の滝)14:21⇒ヌタ小屋沢14:45⇒ツツジ新道入口15:25⇒西沢ビジターセンター15:31

畦ヶ丸から白石峠までは静かで落ち着いた、気持ち良い稜線歩きでした。足並みも揃い計画より1本早いバスに乗車できました。

C:\Users\User\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Word\DSC06362.jpg

鎌倉アルプスハイキング   4月3日(土)

<参加者 > 4名

<コースタイム> 港南台7:55→大丸山9:30→天園休憩所10:50~11:20→大平山11:40→葛原岡公園13:30~13:45→大仏ハイキングコース入口14:30 解散

当日は真っ青な快晴のもと、港南台を出発。4人という少人数なので、全員すぐに打ち解けて、ハイキング入口まで歩きました。ハイキングコースを歩き始めてすぐ、きれいな鳥のさえずりの合唱。そのにぎやかな合唱を絶え間なく聞きながら、気持ちよく歩くことができました。爽やかな春風を感じ、すがすがしい新緑や木漏れ日の中を、楽しみながら歩きました。横浜最高峰大丸山では、CLがそこから見える山の名前を教えてくれました。また、途中で歩いている箇所箇所の地名の由来なども教えてくれたりもしました。

お一人でも、若い頃からこのハイキングコースを何度も歩いているということで、ふだん見逃してしまいそうな珍しいところもいろいろ紹介してくれました。歩いていると、次から次へと色とりどりのきれいな花や山桜が登場。SLが、ウラシマソウやシャガ、ヒトリシズカなどなど山野草の名前を教えてくれて、発見ばかりのハイキングでした。

天園休憩所の昼食では、茶店で味噌田楽や焼き筍を楽しみにしていたのですが、あいにくお店が多忙すぎて今日は休みということで、残念ながらほおばることができませんでした。が、おにぎりと、みんなが持ってきたおかずやデザートを分け合い、大満足。お店の方が掘ってきたという筍もどっさり見せてもらい、春を感じました。

その後、建長寺、明月院を経て、源氏山へ。大仏ハイキングコース入口まで、約13,2㎞、6時間半のハイキングでしたが、Sさんの健脚はすばらしく、尊敬そのものです。素敵に年を重ね、人生を楽しんでいらっしゃると感じ、憧れの存在になりました。Sさんをお手本に頑張っていきたいと思いました。

なだらかなハイキングコースで、木々の匂い等が五感を飽きることなくふんだんに楽しませてくれ、是非違う季節にも訪れ、四季それぞれの味わいを感じたいと思う山行でした。CL、皆様、大変お世話になりました。

香取神宮~佐原  4月3日(土)

<参加者> 6名

<コースタイム> 香取駅(10:15)→香取神宮(10:50/11:40)→水の郷さはら(11:50/12:40)→小野川沿い~伊能忠敬記念館→佐原駅(14:40)

前日までの曇り空から一転、気持の良い青空の下、香取駅からのどかな田んぼの畦道などを通り香取神宮へ。香取神宮は全国約400社の香取神社の総本社で、日本書紀にも登場する武術の神様「経津主大神(ふつぬしのおおかみ)」を祀り、勝運・交通・災難除けなどにご利益があるそう。お参りを済ませ境内を散策し、参道で売っていた焼き立てのお団子を頂く。これは、毎年12月7日に催される、お神酒の代わりにお団子が奉納される「団碁祭(だんきさい)」に由来しているグルメだそうだが、とても美味しかった。次は、水の郷さはらへ移動。ここで昼食を取り、特産品販売所でお土産を購入したのだが、大きな筍を複数購入し、ここから重たいリュックを背負ったトレーニング山行になった人もいて面白かった。

小野川

それから利根川を眺めつつ、江戸時代の面影を残す町並みの小野川沿岸へ。ここには日本で初めて実測による全国地図を作った伊能忠敬が、30年余りを過ごした母屋と店舗がそのまま残されている。忠敬は、49歳で隠居し、そこから6年余り測量や天体観測を学び55歳で測量の旅に出発し、73歳で亡くなるまで地図作りを続けた。歩いた距離は地球1周分。地図の作成は、弟子たちが引き継ぎ、亡くなった3年後に完成したそうである。この話を知り、50代はまだまだ学ぶことが出来る年代であり、これから地球1周分の山行にも行ける可能性があるのだと大きな希望を持つことが出来た。

佐原駅前の伊能忠敬像

沼津アルプス  4月4日(日)

<参加者 > 4名

<コースタイム> 沼津駅07:30→黒瀬8:00→香貫山8:33→横山9:42→徳倉山10:27→志下山11:25→小鷲津山12:24→鷲頭山12:38→大平山13:42→多比バス停14:18(14:35バス)→ 15:06沼津駅解散

天気が午後から崩れる予報であったが、朝は意外に明るく持ちそうな気配。黒瀬バス停からすぐに登山口があり、先ずは香貫山に向かった。道標があり道迷いをすることはないが、岐路でコンパスを使い地図読みをしてコースを確認しながら歩いた。何度も教えてもらっているが、まだまだ身に付いていないなぁ・・・と痛感した。残念ながら桜の満開は過ぎていたが、ピンクの花びらがハラハラ舞う中を歩くのもなかなか素敵だった。時折見える駿河湾は見事な曲線で、松林のグリーンがとても映えている。「あの松林は牧水が守ったのよ!!」と牧水好きのリーダーが熱く語ってくれた。

沼津アルプスは岩や根の張った急登を登っては下り登っては下りの七山七峠、岩尾根もありゴツゴツした大きな岩を何度も乗り越えて進む。岩好きの私は楽しくてしょうがなかった。特に鷲津山の手前は一番の急登で、見上げるとウンザリするような角度で岩場がどこまでも続く。疲れも溜まり足だけでなく手も使い「獣」のように登ってみたら意外と楽に登れて新たな発見だった!! 志下峠には平清盛の五男、平重衡が隠れた岩穴や切腹した場所があり、思わず手を合わせて通った。最後の大平山の手前で帰り道の岐路があり下っていきたい誘惑に駆られるが、全員で振り切って山頂まで登り最後まで縦走した証拠となる写真を撮った。予報通り雨もパラパラ降ってきたがどうにか間に合い、帰りの電車の中は心地よい疲れと久しぶりに山に登ったかも〜!という充実感でいっぱいだった。

屋久島・宮之浦岳(個人山行) 4月9日(金)-12日(月)

<参加者>  7名

<コースタイム> 4/9 羽田空港8:15→屋久島空港11:05→淀川登山口13:20/45⇒淀川小屋14:35

4/10 淀川避難小屋6:03⇒花之江河7:50⇒宮之浦岳10:40/10:50⇒平石(岩屋)11:46昼食12:13⇒新高塚小屋13:32

4/11新高塚小屋6:30⇒高塚小屋7:34/7:40⇒縄文杉7:55/8:10⇒大王杉・夫婦杉・ウィルソン株⇒楠川別れ11:20昼食40⇒辻峠12:46⇒太鼓岩12:58/13:05⇒白谷山荘13:54⇒白谷雲水峡登山口14:46休憩16:10→宮之浦港入口16:40→ホテル17:20

4/12 ホテル10:00町見学12:20→屋久島空港13:30→羽田空港18:30解散

【初日】空港レストランで昼食、売店でガスカートリッジを譲ってもらう。空港についた途端に雨の洗礼であったがタクシーで淀川登山口へ。淀川登山口から雨の中、登山開始50分ほどで今夜の宿、淀川避難小屋に到着した。

【2日目】夜間トイレに起きたときは星も見えたが朝になってみると、しっかりとした雨。朝食を摂り6時早朝に宮之浦岳目指して出発。避難小屋を出発して2時間弱、宮之浦岳中間点の花之江河に到着した。安房岳付近の岩場を通過、屋久島の山は花崗岩質で表面がザラザラで滑りにくく登山靴のグリップが良く効く。雨であるが風がなく、山頂付近まで傘が有効。宮之浦岳到着、ガスの中眺望は全くなし残念。宮之浦岳を後に、途中の岩屋で雨をしのいで昼食、新高塚小屋到着した。

山の中で傘をさして歩く人

中程度の精度で自動的に生成された説明

<安房岳付近の岩場通過>

雪が降った山 中程度の精度で自動的に生成された説明

【3日目】新高塚小屋を出発して、屋久島のシンボル縄文杉を目指す。ほぼ1時間で高塚小屋を通過、縄文杉はこのすぐ先、縄文杉に到着。縄文杉の周りにはデッキが作られてそこからの見学となる。大王杉、夫婦杉、ウィルソン株と見どころを見学、このあたりまで来ると荒川登山口からの日帰り観光客に出会う。ウィルソン株を過ぎ、森林軌道跡を約1時間歩行、楠川別れから辻峠へ再び登り返し峠トップから太鼓岩を見学、今回の山行で初めての眺望を得る。下山口の白谷雲水峡到着、バス時間まで1時間以上あったので無事の下山を祝ってコーヒーで乾杯。

森の中を歩いている人の絵 低い精度で自動的に生成された説明

<縄文杉>

山の景色

自動的に生成された説明

<太鼓岩からの眺望、宮之浦岳を望む>

岩山のcg

自動的に生成された説明

<ウィルソン株のハート>

【最終日】宮之浦の町でおみやげなど買い求め、午後の飛行機で帰着。

三浦アルプス  4月10日(日)

<参加者> 3名

<コースタイム> 安針塚駅(7:54)→吾妻神社(8:16)→十三峠(8:46)→畠山(9:44)→乳頭山(10:49)→馬頭観音(11:45)→上二子山(12:33~13:15)→下二子山(13:31)→阿部倉山(14:07)→登山口・長柄側(14:40)

三浦アルプスは、YHC定例山行の一つ。定例山行は、山の入門期に一通り経験することが望ましいということで設定されたと記憶しております。私は、あと一座登れば、全踏破です。三浦アルプスはコースが多く、魅力満載の山域。今回は、安針塚から長柄に下りるスタンダードなコースです。

夏に備えて10キロのリュックを背負い歩きました。三浦アルプスは、道迷いエリアがありますが今回は先頭を歩き、まんまと道迷いゾーンに突っ込んでしまいました。CLより「ストップ、分岐ではコンパスで道を確認。」と言われ、分岐に戻り正しい道を選択しました。皆様、乳頭山を下ったらすぐ右折です。まっすぐの道が順路の様に見えますがそれが「道迷いゾーンへと」誘う罠です。

二子山の展望台に二子山の標識があり、それを手に持って記念撮影をしました。風もなく暖かな日差しの中でお弁当を食べ、最高の山行でした。晴れていたので東京のスカイツリーも見え、「あれだこれだ」とどのパーティーもスカイツリー探しで沸いていました。

「ゆらゆらとスカイツリーか春霞」

「春深し浦島草は密談中」

阿部倉山では、浦島草が群生していました。背中のリュックの重さを忘れ談笑し、春山の清々しさを満喫した山行でした。

ユガテ(花の山上集落)~顔振峠 4月10日(土)

<参加者> 13名

<コースタイム> 東吾野駅(9:30)→福徳寺(9:40-9:45)→飛脚道→ユガテ/小休憩(10:45-11:05)→越上山567m(通過)→諏訪神社(12:55-13:00)→顔振峠508m・平九郎茶屋/昼食(13:20-13:55)→役行者像(14:40-14:45)→黒山三滝(15:20-15:30)→黒山バス停(15:45)

雲ひとつない青空のもと東吾野駅を出発。福徳寺からはその昔、緊急連絡道として使われた裏道(飛脚道)経由でユガテをめざす。カタカナ表記の不思議な地名は「湯」や「柚子」に由来するなど諸説あり、季節の花々に彩られた山上の集落。地面を這うように伸びる根に、足を取られないよう慎重に歩く。杉木立に遮られていた視界が開け、ユガテでは満開の枝垂れ桜が迎えてくれた。

山の景色

自動的に生成された説明

顔振峠からの眺望。右端は武甲山

再び小刻みなアップダウンの尾根道へ。「顔振峠」は源義経が奥州へ逃れる際、絶景に魅せられ「何度も振り返った」という伝説が残る。ランチ休憩をした「平九郎茶屋」のテラス席から、義経も眺めただろう、奥武蔵や秩父の山並みが一望できた。茶屋の名前の「平九郎」とは、今年の大河ドラマの主人公・渋沢栄一の従兄弟で、のちに養子となった渋沢平九郎のこと。戊辰戦争の火種は各地に飛び火したが、平九郎たちは奥武蔵で新政府軍と戦うも大敗(飯能戦争)。逃亡中に仲間とはぐれた平九郎は、この茶屋へ辿り着き道を尋ねたという。結局は、越生方面へ向かう途中で敵に見つかり自刃。のどかな春の峠道にも、激動の時代を生きた人々の足跡が刻まれている。

ブラシ が含まれている画像

自動的に生成された説明

黒山三滝への下り道は大小の石が転がり、急坂やロープ伝いの岩場もあるので侮れないが、最終バスを逃したくない一心でひたすら歩く。下り道でよく転ぶ私だが、SLに歩き方を教えていただき、無事下山。皆の思いが結集し、まさかの1本早いバスに間に合った

森の中にある滝

自動的に生成された説明

日の出山  4月10日(土)

<参加者> 12名

<コースタイム> 日向和田駅8:40~吉野梅郷~登山口9:10~琴平神社10:10~三宝山10:30~日の出山山頂12:10(昼食)~つるつる温泉14:15

このところ週末の天気が悪かったのですが、この日ばかりは皆さんの日頃の行いが良いせいか絶好の登山と温泉日和になりました。集合の日向和田駅に向かうため乗車した青梅線はたくさんのハイカーでにぎわっていましたが、日向和田駅で下車する人はほとんどいませんでした。

まずは吉野梅郷で梅ではなく桜を愛でながら登山準備。登山口もすぐ近くでまさに駅から登山の通り10分ほどで到着することができます。登山中はほとんどハイカーとも出会うことなく、琴平神社ではスカイツリーを見渡し、登山中はきれいな山桜を見下ろし、CLとFさんのダイエット話に加わり、もずく酢効果の話を教えてもらったり、幼少の頃見ていたテレビ話で盛り上がり、楽しく頂上まで登ることができました。日頃の運動不足から登りが苦手な私が今回は快適に楽しく登ることができたのも、皆さんとの楽しいおしゃべりのおかげです。それでも最後の急登の階段はさすがにばてましたが・・・

山頂に到着するとどこから人が登ってきたのかたくさんのハイカーでにぎわっていたのにびっくり‼また、とてもきれいな桜の花が私達一行を歓迎してくれました。下山もストックを使うことなく、皆さんと楽しいおしゃべりを楽しみながら下山でき、とても快適で楽しい山行となりました。

1月に入会したばかりで会山行2回目の私にとってとても楽しい山行となり、ますます山の魅力にはまってしまいました。もちろん、下山後の有志でのつるつる温泉も日頃の疲れやストレスを癒してくれ、やっぱり山と温泉はセットだなと感じた次第です。

ネモフィラ(ひたち海浜公園)   4月23日(金)

<参加者> 6名

<コースタイム> 3時間

<コース> 午前:見晴らしの丘でネモフィラ(450万本)鑑賞 → 昼食:ガーデンレストラン→ 午後:季節の花フラワーガーデン → 砂丘ガーデンをハイキング

<丘一面のネモフィラの海>

D:\横浜ハイキングクラブ\YHC2021年山行計画書\210423「ネモフイラ」写真\1.P1070716.JPG

<チューリップガーデン>

D:\横浜ハイキングクラブ\YHC2021年山行計画書\210423「ネモフイラ」写真\P1070744.JPG

*ひたち海浜公園:ひたちなか市にある国営公園、広さ350ha(デイズニーランドは51ha)。春には見晴らしの丘一面にネモフイラ(450万本)の海、秋にはコキア(紅葉)が咲き誇る。大観覧車・ジェットコースター等のある遊園地、イベント広場、バーベキュー広場等も有る。

<ネモフィラ鑑賞>

昨年はコロナで閉園のため本年に持ち越しとなった。これ以上ない絶好の日和に胸躍り、ひたち海浜公園に到着した。ひたちなか市内で一番標高の高い「みはらしの丘」では、可愛らしいライトブルーのネモフィラで丘一面が彩られていた。青い空・青い海・青い丘、この3つの青が一つに溶け合いながら繰り出す世界は、他では決して見る事ができない。

美しいネモフィラに酔いしれた後、食欲に導かれてフードエリアに到着。6件程あるレストランの中で店内が広く、メニューが揃っている「ガーデンレストラン」に入った。ハンバーグ・麺類等、各自の好みで選択し、コロナ感染中なので、黙食で食事を済まし、マスク着用でしばし歓談した。コロナ感染の中で友人と話をする機会が少ないので、楽しいひと時であった。

午後はフラワーガーデンで季節の花を楽しんだ。特に白・赤・ピンク・黄色・紫等の色とりどりのチューリップガーデンは素晴らしかった。その後、広大な砂丘ガーデンに足を延ばし、ハイキングを楽しんだ。帰りのバスを待つ間に、「レイクサイドカフエ」でしばしの間、マスク着用で談笑した。マスクを着用しての会話も、コロナの記念として楽しい思い出になるでしょう。秋には青空の下、丘一面のコキア(紅葉)を鑑賞するのが待ち遠しくなった。

比企三山  4月24日(土)

<参加者> 5名

<コースタイム> 皆谷BS(8:50)→笠山(10:15~25)→笠山峠(10:40)→堂平山(11:05~30)→白石峠(11:55)→定峰峠(12:45~55)→旧定峰峠(13:25~30)→大霧山(14:00~10)→粥新田峠(14:30)→橋場BS(15:10)

小川町駅に集合し、バスで皆谷に向かう。東武鉄道主催の「外秩父七峰ハイキング大会」というものがあり、小川町駅から寄居駅まで全行程驚きの42km。比企三山はそのうちのメイン17㎞を踏破します。天気が好く、低山ながらアップダウンがふんだんにあり、各山のピークからの眺望は360度眺められ最高です。サブリーダーのペースが良く、ロングコースにもかかわらず、予定より1時間早いバスに間に合いました。私には初めての山ということもあり、また来たいなと思わせるいい山でした。(奥秩父最高!)

天城山(天城峠~天城高原縦走)  4月25日(土)

<参加者> 11名

<コースタイム> 天城峠バス停 9:10 ~ 向井峠 10:05 ~八丁池 11:45(昼食) ~小岳 14:30~万三郎岳 14:30 ~万二郎岳 15:30 ~天城高原CCバス停16:55

春の天城連峰(日本百名山)17㎞を歩き、ヒメシャラ、ぶな、こなら等の天然林に癒され、山桜や馬酔木(あせび)の花を愛でるという、前半八割ぐらいは快適でのどかな山行でした。三島駅で合流した一行は陽気な運転手さんがドリフト走行するバスで天城峠に到着し、男組と女組に分かれて出発しました。登山道は最初だけ急登であとはほとんど平坦な天然林の中の林間コースでした。天気は良く、花は美しく、静かで快適でした。馬酔木のトンネルの中では匂いで酔っぱらう男性隊員も現れました。

八丁池を過ぎると他の登山者に全く出会わなくなりました。また、登山道は深くえぐられ土留めの杭がほとんど抜けており頭にぶつかる枝も増え歩きにくくなってきました。さらに、万三郎岳を過ぎるころから雲が増え小雨がぱらつき始めました。この時はまだ余裕でしたが、万二郎岳の下山を始めるとすぐに雨脚が激しくなりました。S隊長の指示で全員雨具を装着し滑りやすい道を下ります。するとさらに轟音とともに大粒の雹が疲れ切った隊員達を襲ったのです。雹は桜の花びらを散らすと同時に隊員たちの心も砕いてしまいました。つい先ほどまで好天の中で暖かくのどかな山を楽しんでいたとは思えませんでした。しかしS隊長は少しも騒がず、隊員を𠮟咤激励しメンバーが離れ離れにならないようにまとめあげ下山を続けました。この神々しい姿に荒ぶる天城山の鬼神も心を打たれたのか、しばらくすると雹も雨も止んでバス停に着くころには薄日も差してきました。

そして帰りのバスに乗るとS隊長は重責を果たして安心したのか、直ぐに夢の世界の住人となりました。S隊長ありがとうございました。隊員の皆様も楽しく思い出に残る山行ありがとうございました。

C:\Users\SHIGEO\Downloads\image_xlarge.jpg

横浜グリーンベルト市民の森  4月28日(水)

<参加者> 5名

<コースタイム> 金沢文庫駅(8:50)→ののはな館(10:20)→関谷奥見晴台(11:20)→自然観察センター(12:20)

駅から10分程度歩くと「こんなところから?」と住宅街の脇から登山路に入ります。両側には住宅やマンションがありますが、所々で展望が得られます。金沢自然動物公園手前展望の良い休憩場所で、リーダーがオレンジを切り分けてくださりご馳走になりました。横横道路を越して尾根道を歩き少し登ると関谷奥見晴台、少し早い昼食休憩。トンビ注意!の場所ですが、本日は不在のようでした。のんびり自然保護部の必要可否の話をしながら昼食を食べました。再び尾根道を歩き自然観察センターでお茶会。私は所要がありここでお別れ。皆さん「横浜市最高峰大丸山へいってらっしゃい!」

テント泊キャンプ体験(三ノ塔)   5月1日(土)~2日(日)

<参加者> 7名

<コースタイム>

1日目 秦野バス停(11:55)~キャンプ場(12:30頃)、テント設営

2日目 キャンプ場(6:00)→三ノ塔(10:00頃)→キャンプ場(11:30)

前日テント泊し、翌日の朝から山行を行う計画である。キャンプ場は秦野駅から遠くない滝沢園キャンプ場を利用した。山行はキャンプ場から直接歩くことが出来る三ノ搭である。

天気予報では夜若干の降雨の予報であったが、夕方から降雨が夜半まで続いた。しかしリーダーが降雨の場合を考え大きなタープや備品を用意してくれたので安全かつ楽しいキャンプが出来た。翌日下山して見ると、連休で晴れたこともありキャンプ場は多くのテントが立ち並び始めていた。前日は降雨であったので思いがけず静かなテント泊が出来たのかも知れない。

翌日は朝から降雨の後の爽やかな天気の中、キャンプ場から三ノ塔に向かった。意外に登り易い山であった。登りの最後だけが少し急であるが、それまでは穏やかな登りであった。新緑の中、気持ちの良い山行が出来た。途中及び頂上では富士山、相模湾等が青空の下一望に眺められた。