2020年6月_山行の感想

     夏山の殿堂、北アルプス槍ヶ岳3,180m

三浦アルプス     6月2日(火)晴れ

〈参加者〉 3名

〈コースタイム〉安針塚駅07:58-十三峠09:00-畠山09:30-乳頭山10:24-上二子山12:40/13:25-下二子山13:40-阿部倉山14:10-京急逗子・葉山駅15:00

かつて、極夜の地で夜が明けるその時を経験してみたいと考えた。何日も夜の中で過ごし、やっと訪れる朝の光のその待ち遠しさをその幸福感を心ゆくまで味わってみたいと思っていた。

花吹雪舞う四月。薫風渡る五月。限りなく美しいこの季節に行動を制限され、人の心も荒んでいくような日々は、まるで、暗闇の遙か彼方に僅かな夜明けの光を探し求める極地の冬のようだった。

今、闇は去りつつあるが、当初予定していた沼津アルプスへの山行は叶わない。しかし、自然に触れ自由気儘に歩きたい。行き先を三浦アルプスに変更し、見るからに不要不急の出で立ちに若干の申し訳なさを感じながら、緊急事態宣言解除後初めてとなる山に向かう。

マスク着用で急坂を登るのは辛い。耐えきれず最後尾に回りマスクを外して一息つく。運動不足のせいで汗の質が悪い。塩分濃度の高い粘るような汗が目に痛い。早朝まで降り続いた雨のせいでぬかるんだ道に苦戦する。靴もズボンの裾もどろどろだ。

ああ、でも、気心の知れた仲間と自由に歩けることの何と心地よいことか。処々に野鳥の囀りが聞こえる。木々のざわめき。東京湾に浮かぶ船。なんて楽しいのだろう。非日常は、ありふれた日々の尊さを知らせる道しるべ。息を弾ませること。汗を滴らせること。青空の下で深呼吸すること。そんなあたりまえのたわいのないことに心から感謝する。

 京急安針塚の駅を起点に一旦北へ向かい、翻って南西の方角へ。さらに西へ。山に入ればすれ違う人もない。しかし、踏み跡は思いの外しっかりしている。事前に道迷い情報を入手していたにもかかわらず、そしてそれをメンバーに伝え注意を喚起していたにもかかわらず、乳頭山を下った先で道迷い危険区域に踏み込んでしまった。戻ってみればさっき見た標識には×印がしっかりと書かれている。ルートを見失った原因は、要である乳頭山で進行方向の確認を怠ったことと、思い込みにより標識の一部を見て全体を把握したと思い込んでしまったことか。評価できる点は確実に正しい場所まで戻ったこと。文殊とはいかないが、三人で協力し解決策を検討できたことも大きいだろう。地図とコンパスだけでは道を失った時に難がある。今回は、同行二人のデジタル機器に助けられた。

上二子山山頂は北東が開けている。丸太を組んだ展望台からはMM地区が見渡せる。ランドマーク。その向こうに見えるのはベイブリッジそしてつばさ橋だろうか。ソーシャルディスタンスを保ちつつ久し振りにお天道様の下で食事をした。三人で両手を広げて集合写真を撮影した。十年後には歴史的できごとになるであろうCOVID19の世界的大流行、今だけは逆手にとって楽しんでしまおう。

初級登山講習会 円海山               6月21日(日)曇り

〈参加者〉 7名

〈コースタイム〉

港南台駅09:32-円海山入口09:38-いっしんどう広場10:10/10:2-大丸山11:05-天園12:00/12:20-大平山12:40-勝上献13:20-明月院側登山口13:30- 浄智寺13:58-葛原が岡神社14:14-源氏山14:18-大仏坂15:12

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は word-image.jpeg です

3月に入会し今回初めて初級登山講習会に参加させて頂きました。当日は天気予報に反して猛烈な雨の為、集合駅でパッキング、靴紐の結び方、コンパスの正置の仕方を教わり小雨になってから1時間半遅れで出発。

要所要所の分岐点でコンパスを使い進む道を確認。でもなかなか難しく指導を受けながらの正置。休憩地点で行動食の取り方も教わり、雨も上がり順調に行程通り大仏坂に到着。反省会の為、鎌倉のレストランで各々お好みの1杯を飲みながらファーストエイドを見せてもらい説明を受けました。登山本にも書いてありますが、やはり目で見てその場で説明を受けるとすっと頭に入り本当に勉強させて頂きました。リーダーのKさんはじめ、Mさん、Tさんありがとうございました。